【特集】

Efficeon大研究 ~新しくなったCMSを徹底チェック

1 ついに登場したTransmetaの最新CPU

 
  • <<
  • <

1/10

Efficeonを搭載したノートPC「Mebius MURAMASA PC-MM2-5NE」(シャープ)が昨年末に発表され、本年1月2日に発売された。すでに入手してEfficeonを体験している読者もいるだろう。

Efficeonの概要が伝えられてから1年近くが経過し、その間、さまざまな情報が飛び交い、またEfficeonに関する推測が語られてきた。Crusoeと同様にCMS(Code Morphing Software)でx86命令を実行し、8命令同時実行が可能な強化されたVLIWコアを持つEfficeonは、確かに興味深いCPUといえる。搭載機が入手出来るようになった今こそ、推測の域を出なかったEfficeonの真実を明らかにするときだ。

そこで本稿では、Efficeon TM8600/1GHzを搭載するMURAMASA PC-MM2-5NE(以降MURAMASA MM2)に加え、Crusoe TM5800/1GHzを搭載するMURAMASA PC-MM1-H6W(以降MURAMASA MM1)、超低電圧版Pentium M/1GHzを搭載する松下電器産業のLet's note CF-R2BW1AXS(以降CF-R2)を用意し、テストを通じて比較することでEfficeonの特性の一端を調べてみることにした。その結果をレポートしていくことにしよう。

テスト機のスペック比較

機種PC-MM2-5NEPC-MM1-H6WCF-R2BW1AXS
CPUEfficeon TM8600 1GHzCrusoe TM5800 1GHz超低電圧版Pentium M 1GHz
L1キャッシュ128KB(I)+64KB(D)64KB+64KB32KB+32KB
L2キャッシュ1MB512KB1MB
メモリ256MB
HDDUltra ATA/100 20GBUltra ATA/100 40GB
ビデオATI MOBILITY RADEON(16MB)SMI Lynx 3DM+(8MB)チップセット(855GM)内蔵
ディスプレイ10.4型TFT
バッテリ駆動時間約3.5時間約3.1時間約5時間
消費電力最大40W

PC-MM2-5NE

PC-MM1-H6W

CF-R2BW1AXS

(ご注意)
PC-MM2-5NE、CF-R2BW1AXSはともに試作機でベンチマークテストを行っているため、実際の製品とは結果が多少異なる可能性があります。予めご了承ください。

  • <<
  • <

1/10

インデックス

目次
(1) ついに登場したTransmetaの最新CPU
(2) Efficeonの鍵を握るCMS(1)
(3) Efficeonの鍵を握るCMS(2)
(4) 自作プログラムでCMSの機能をチェックする(1)
(5) 自作プログラムでCMSの機能をチェックする(2)
(6) 自作プログラムでCMSの機能をチェックする(3)
(7) 定番ベンチマークで比較する(1)
(8) 定番ベンチマークで比較する(2)
(9) Efficeonの省電力性能をテストする
(10) 評価が難しいEfficeon

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー