【特集】

Linuxザウルス・マスターへの道 ~サーバだって構築できる!~

1 Linuxザウルスを使い倒す

 
  • <<
  • <

1/18

「SHARP SL-A300」は、従来の独自路線から一転、組み込み用途のOSとして知られるEmbedix Linuxを採用した新しいZaurusだ。既存機種との互換性は失われたが、Linuxの背景にあるオープンソース文化とそれを支えるパワーユーザの力により、次々と新しいアプリケーションが公開されている。このように斬新なLinux Boxを単なるPDAとして使うのは、あまりに惜しい。

本特集では、初の国内向けLinux ZaurusであるSL-A300を"使い倒す"ためのテクニックを紹介したい。WindowsやMac OS Xとのデータ連携術のほか、サウンド/ビデオプレイヤーとしての実力についても検証を行うので、まだLinux Zaurusを購入していない読者諸兄も必読だ。

PDAにしてPDAに非ず、Linux Zaurusこと「SHARP SL-A300」
  • <<
  • <

1/18

インデックス

目次
(1) Linuxザウルスを使い倒す
(2) コミュニケーションアダプタは必携アイテム(1)
(3) コミュニケーションアダプタは必携アイテム(1)
(4) Linux Zaurusの基礎知識(1)
(5) Linux Zaurusの基礎知識(2)
(6) Linux Zaurusの必携アイテムはこれだ!
(7) 知っておきたい"使い倒し系"設定(1)
(8) 知っておきたい"使い倒し系"設定(2)
(9) クライアントとして使いたい(1)
(10) クライアントとして使いたい(2)
(11) サーバとして使いたい(1)
(12) サーバとして使いたい(2)
(13) サウンド/ビデオプレイヤーとして使いたい(1)
(14) サウンド/ビデオプレイヤーとして使いたい(2)
(15) サウンド/ビデオプレイヤーとして使いたい(3)
(16) Palmと連携したい(1)
(17) Palmと連携したい(2)
(18) まとめ ~使い倒し系には最適のPDA~

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事