【特集】

REGENERATION OF AMIGA ~ラテン系デジタル派の熱い血~

1 Amigaという名のコンピュータ

 
  • <<
  • <

1/15

Amigaというコンピュータを知っているだろうか? そう、80年代後半に登場し、その後しばらく映像に強いコンピュータとして名を馳せた名機だ。そのAmigaが遂に…そう、遂に復活する。次世代のAmiga「AmigaDE」が来年には登場するのだ。しかし、体に流れる"ラテン系デジタル派"の熱い血はそれを待てるか? 否、待てるわけがない!! というわけで、今どきそんなものを…という声を後ろに本企画は実現した。題して「REGENERATION OF AMIGA」。現在でも入手可能なAmiga「A1200」を対象にしたこの原稿で、エキセントリックなAmigaの楽しさを、米国生まれ欧州育ちのラテン娘の魅力を味わってほしい。

○Amigaという名のコンピュータ

彼女の名は「Amiga」。名前こそスペイン風だが、米国はフロリダにて生を受け、今なおドイツや東欧・北欧諸国にコアなユーザ層(通称Amigans)を抱えるコンピュータだ。90年代前半に全盛期を迎え、その後会社(Commodore International)の倒産により不遇な数年間を送った過去を持つ。そんな彼女は日本のメディアに取り上げられなくなって久しいが、最近は精力的な活動を再開しつつあり、この日本でもちらほらと噂話が耳に入るようになってきた。

Amigaの魅力は、そのエキセントリックさと妖艶さにあるのだと思う。PC/ATが"マッチョな米国車"だとすればAmigaはFIAT製小型車を基に高度なチューンが施された"AUTOBIANCHI A112 ABARTH"、Windowsが"カリフォルニアの青い空"だとすればWorkBench※1は"西ベルリンの曇り空"、という比喩がしっくりする。また、時間と費用を注ぎ込めども報いてくれないことが多いAmigaは、行かないでくれとすがる男を尻目にスカートの裾翻し、手をタタンと打ち鳴らして去ってゆくカルメンに喩えることすらできるだろう。

AmigaOS3.5の標準的なデスクトップ。巨大なアイコンが特徴

※1 AmigaのGUI環境。ROM(KickStart)に収められたAmigaDOSとともに、AmigaOSを構成する。

  • <<
  • <

1/15

インデックス

目次
(1) Amigaという名のコンピュータ
(2) Amigaに関わるとどのようなことが起こるか!?
(3) Amigaのハードとその魅力
(4) Amiga A1200のおもな特徴と拡張の際の注意点(1)
(5) Amiga A1200のおもな特徴と拡張の際の注意点(2)
(6) Amigaの怪しい周辺機器たち(1)
(7) Amigaの怪しい周辺機器たち(2)
(8) Amigaの怪しい新製品、Mediator PCI
(9) 「Mediator PCI 1200」のベンチマーク結果と使用感
(10) Amiga、そのわかりにくいOS事情
(11) Amigaのソフトウェア(1)
(12) Amigaのソフトウェア(2)
(13) Amiga:The Next Generation
(14) Amigaと暮らす日々
(15) Amiga関連のWebサイト

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

雨宮慶太監督の『ゼイラム』と『ゼイラム2』がHDリマスターで初Blu-ray化
[22:23 9/30] ホビー
犬上すくね「ばうんさーず」1巻、頼りない叔父を守る保護者気どりの3姉妹
[21:38 9/30] ホビー
[新宿アニソンスコープ]小松未可子シングルが首位 Q-MHzとタッグ
[21:30 9/30] ホビー
世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」上陸! - 日本市場における狙いと競合との差別化は?
[21:27 9/30] スマホとデジタル家電
カテキョで繋がる元野球部の先輩後輩、5年ぶりの再会描く南月ゆうのBL
[21:13 9/30] ホビー