今から備えるWindows 7 (6) 家庭向けネットワーク構築が簡単に? 「ホームグループ」の正体

ニュース
トップ

【連載】

今から備えるWindows 7

6 家庭向けネットワーク構築が簡単に? 「ホームグループ」の正体

阿久津良和  [2009/03/19]

6/9

こんにちは、阿久津です。今回はWindows 7(ビルド7000。以下、Windows 7ベータ版)から搭載された「ホームグループ」に注目してみましょう。

そもそもWindows OSにおける家庭向けネットワークは、小規模なネットワークグループに参加していることを明示化するワークグループ機能や、他のコンピュータから特定のファイルを共有する共有フォルダ機能などによって支えられてきました。操作に慣れたユーザーは、特定のフォルダに対して共有設定を行ない、他のコンピュータからUNC名(\\PC1\Akutsuなど)で直接参照するのが常。もしくはネットワークアイコンからワークグループをたどり、目的のファイルを開く場面もあったのではないでしょうか。

操作に慣れたユーザーであれば特に疑問を感じない、この設定・操作方法も、はじめてコンピュータに触れたユーザーには、皆目見当もつきません。この問題を解決するために搭載されたのが、LAN経由のファイル共有を簡単に仕上げるホームグループという新機能。Windows Vistaまでのファイル共有のように、特定のフォルダを対象にするのではなく、ドキュメントフォルダやミュージックフォルダなど、これまでのユーザーフォルダをひとまとめに共有するというもの。

同機能の有効化手順も簡単で、ホームグループを作成するコンピュータ上では、ウィザードによる共有フォルダの選択と、ランダムに生成されたパスワードが作成されます(図1~4)。

図1: コントロールパネルなどからホームグループを起動しますと、ウィザード設定による作成をうながされます

図2: ホームグループ作成ウィザードでは、公開共有するライブラリ(フォルダ)とデバイスの選択が可能です

図3: 自動生成されたパスワードをメモすれば設定完了となります

図4: 設定内容は後からでも変更できます。またDLNAによるメディア共有の設定も同ウィンドウから行なえます

同一のLANにぶら下がっている他のコンピュータがホームグループを発見しますと、ホームグループウィザードで生成されたパスワードを入力することで、設定した共有フォルダ内のファイルにアクセスできるようになります(図5~8)。

図5: ネットワーク上にホームグループを発見しますと、ホームグループへの参加をうながされます

図6: 同じようなウィザード画面ですが、こちらは参照するライブラリ(フォルダ)とデバイスを選択します

図7: ホームグループを作成したコンピュータ上で生成されたパスワードを入力し、ホームグループへ参加します

図8: エクスプローラのナビゲーションペインからホームグループ上のコンピュータを参照すれば、共有ファイルにアクセスできます

ここで疑問に感じるのが、複数のホームグループが存在するケース。そもそもホームグループ機能は、同機能を提供する「ホームグループプロバイダー」と、ホームグループの参照や自ホームグループの通知を行なう「ホームグループリスナー」と、ふたつのWindowsサービスで実現しています。この後者が他のホームグループを検知した状態でホームグループ機能を呼び出しますと、ホームグループの結合ウィザードが実行可能なります(図9~10)。

図9: 同一LAN内に複数のホームグループが存在するときは、ホームグループの結合をうながされます

図10: ホームグループへの参加時と同じく、パスワードを入力することで結合が実行されます

従来の共有フォルダでは、フォルダごとにアクセス権をはじめとする設定が必要でしたが、ホームグループ機能によるシンプルかつ簡単にファイル共有が行なえるようになりました。また、任意のフォルダもホームグループの共有フォルダに加えることも可能です(図11)。

図11: ライブラリ以外にも任意のフォルダを共有(読み取り専用もしくは読み書き可能)することが可能です

このホームグループを支える技術背景が、NLA(Network Location Awareness:Windows Vistaではネットワークデバイス発見時に設定をうながされる"ネットワークの場所")。Windows Vistaでは「自宅」「職場」「公共の場所」という名称で示され、ファイアウォールの個別設定やネットワーク探索サービスの有無など、選択項目によって差異はありましたが、一見してもわかりにくいものでした。Windows 7では、選択した場所によって稼働するWindowsサービスが異なり、ホームグループへの参加も影響を及ぼします。

具体的には「自宅」を選択しますと、ファイルやプリンタの共有に必要なサービスが開始されるため、ホームグループへの参考も可能ですが、従来の「職場」にあたる「社内ネットワーク」や「パブリックネットワーク」に変更した状態では、ホームグループへの参加は認められません(図12)。

図12: ネットワークの場所を「ホームネットワーク」から「社内ネットワーク」に変更しますと、ホームグループへ参加できなくなります

このようにWindows 7のファイル共有設定はホームグループが中心となりますが、前述のようにネットワークの場所が「社内ネットワーク」を選択しているケースでは、従来の共有手順を使う必要があります。Windows OSに慣れたユーザーにはホームグループの存在が煩雑に感じられるかもしれませんが、Windows 7にはホームグループとフォルダ共有という、ふたつの選択肢が用意されたと前向きに捉えるべきでしょう(図13)。

図13: Windows XP/Vistaのようにプロパティダイアログから共有設定も行なえます

そろそろ誌面も尽きてきましたので今回はこの辺で。次回もWindows 7の新機能をチェックしていきましょう。

阿久津良和(Cactus)

6/9

インデックス

連載目次
第9回 「Bitlocker To Go」と「AppLocker」を試す
第8回 「Windows XP Mode」は"使える"のか? 動作状況を検証してみる
第7回 Windows 7開発途中版で完成間近の改良点をチェックする
第6回 家庭向けネットワーク構築が簡単に? 「ホームグループ」の正体
第5回 無線LAN性能低下の謎とReadyBoostの新機能
第4回 警告レベルを制御できるユーザーアカウント制御
第3回 Aeroで実現したデスクトップ周りの新機能(2)
第2回 導入時に作成される200MBパーティションの検証
第1回 Aeroで実現したデスクトップ周りの新機能(1)

もっと見る

関連したタグ

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    【ハウツー】iOS 8の「Safari」の使い方(後編) - クイック検索から自動入力機能まで
    [03:00 10/24] 携帯
    「東京闇虫 パンドラ」2015年に実写映画化
    [02:04 10/24] ホビー
    【連載】独身OLの建前と本音 第39回 39歳独女「嘘だといってよ、嘘だと……」
    [01:08 10/24] 恋愛・結婚
    『PSYCHO-PASS サイコパス』玩具化された「PROPLICAドミネーター」全貌公開
    [01:00 10/24] ホビー
    ブラジル代表にネイマールら23選手…カカ外れ、T・シウヴァ復帰
    [00:48 10/24] ライフ

    特別企画

    一覧