【連載】

クリエイターに最適な外付けハードディスクを考える

1 MacBookにピッタリなMy Passport Studio

 
  • <<
  • <

1/6

ハードディスクはいつか必ず壊れる時期が来ます。そのため、これまでは大切なデータを残しておく媒体とは考えておらず、消耗品という位置づけで安いモノをそれなりの使い方で利用して来ました。しかし今回、セミナーや大学の講義で愛用しているMacBook Pro用の携帯用外付けハードディスクとしてMy Passport Studioを使う機会を得ることができました。そこでハードディスクは、大切なデータを格納するための器であるという存在で見直してみたいと思い、現在の作業環境を含めて一考することにしました。

ウエスタンデジタルの「My Passport Studio」

■TigerとLeopardをMacBook Proで使いたい

打ち合わせやセミナー、大学の講義で利用するために私のMacBook Pro(2.4GHz Intel Core 2 Duo)は大活躍しています。しかし、一部のセミナーでは旧バージョンによる解説の必要性があることから、様々な環境で使うことが要求されるため、システムは未だにTiger(Mac OS X v10.4)のままとなっています。当然Leopard(Mac OS X v10.5)で処理したいシーンも多々発生するためにかなり苦労していました。

また、メインシステム上にBootCampなどでWindowsシステムを構築している場合には、内蔵ハードディスクをパーティーションで分割することが出来ないため、Adobe Photoshopなどの仮想記憶用ハードディスクをデフォルトの起動ディスクに設定せざるをえず、パフォーマンスは極端に落ちてしまいます。

そこで今回、My Passport Studio(320GB、FireWire 400 & USB 2.0)を使ってこれらの悩みが解決できるか試してみることにしました。

果たして悩みは解決できるのか?

まず、TigerとLeopardの切り替えですが、私のMacBook ProはIntel CPU仕様なので外付けドライブの主流であるUSB接続のハードディスクでもOSを起動するのに問題はありません。しかし、例えばPowerPC G5系であればFireWireで接続を行わないと外付けハードディスクから起動することは出来ないのです。その点、My Passport Studioは、USB 2.0とFireWire 400の2つのポートを装備しているため新旧どのMacでも接続可能で、なにより最初からMac用としてフォーマットされているのでトラブルも少なくて安心です。これにより、どのMacに接続しても必要に応じてLeopardでの起動を簡単に実現することが出来るようになりました。

USB 2.0とFireWire 400の2つのポートを装備する

MacBook ProのTigerからみたMy Passport StudioのLeopardシステムとswapエリア

システム環境設定の起動ディスクでTigerからLeopardへシステムを変更

外付けハードディスクのLeopardから起動しLeopardからみた各ハードディスクの状態

システム環境設定の起動ディスクでLeopardからTigerへシステムを変更

仮想記憶用ハードディスクに関しても小型で高性能の外付けハードディスクがあればこの問題は解決されます。今回使用した製品は、ほぼ満足のいく結果となりました。しかし、年内には、FireWire 800のポートを装備したMy Passport Studioも発売されるということで、MacBook Proを使用しているクリエイターとしては、さらにそのパフォーマンスに期待したいところです。

外付けハードディスクを活用したワークスタイルに変更

では、現在私がどのようにMy Passport Studioを活用しているか、環境を含めてご紹介しましょう。私のMacBook Proの200GB内蔵ハードディスクは、アプリケーションフォルダーだけで20GBを占有し、BootCampでWindows XPもインストールしているため、かなり手狭でした。そこで、My Passport Studioをパーティーションで2つに区切り、1つはLeopardシステムに、もう1つはPhotoshopやIllustratorの仮想記憶用ハードディスクとして100GBほどを使うように設定しています。これでセミナーや授業を行う際にも、通常の作業と同様にMacBook Pro上で実サイズの大きなファイルを使用する事が可能となっています。

Photoshopの【環境設定>パフォーマンス】の仮想記憶ディスクをswapに変更した状態

私にとって持ち運びできる小型の外付けハードディスクは、MacBook Proに内蔵されているハードディスクの拡張エリアのようなものです。常用データは内蔵ハードディスク内に、そうではない一過性のデータは役目が済んだら外付けハードディスク転送する、といったように自分の中で整理することにより、パフォーマンスと安全の両方を手に入れることが出来ました。

最後になりますが、外付けハードディスクは各社から様々な製品が発売されています。しかし、My Passport StudioほどデザインをMacBook Proにマッチさせている製品は見当たりません。また、古いタイプのMacを廃棄せずに使用していることもあり、私にとってFireWireは非常に重要なポートですが、現在販売されているほとんどの小型の外付けハードディスクはUSBのみとなっています。その点でもMy Passport Studioは私にとって価値の高い製品といえます。

多摩美術大学で教鞭を取る筆者。傍らにMy Passport Studioを置き、OSを切り替えながら使用している

  • <<
  • <

1/6

インデックス

連載目次
第6回 1TBもの容量になったMac用ポータブルハードディスクで広がる可能性
第5回 4台のハードディスクをMac Proに内蔵して効率良く使う
第4回 My Book Studioでより安全なバックアップ環境を新たに構築する
第3回 RAID機能を搭載したMy Book Studio Edition IIで快適なビデオ編集を実現
第2回 My Book Studio EditionとTimeMachineで安心生活
第1回 MacBookにピッタリなMy Passport Studio

もっと見る

■「ファイルメーカー選手権2010」 11/23までテンプレート受付中!

filemaker

ファイルメーカー社のデータベースソフト「FileMaker Pro」で作成したテンプレートから、優れた作品を決めるコンテストです。6つのジャンル(ビジネス、ホーム、エンターテイメント、教育、医療、その他)において、ユニークでアイデアあふれるテンプレートを募集します。FileMaker Proをお持ちでない方は、FileMaker Pro公式サイトから無料評価版をダウンロードしてご使用いただけます。

各賞の受賞者にはMacBook ProやVAIOなど豪華賞品を授与します。審査員による選考のほか、読者投票による「読者賞」や学生向けの「学生賞」なども実施。学生の応募者は、1度の応募で2回受賞するチャンスです。投稿された作品は誰でもダウンロードして使用できます。

ファイルメーカー選手権2010 コンテストページにて、本ページを執筆している西村俊一氏のブログ「Factory a go-go!」をご覧いただけます。コンテスト期間中に、FileMaker関連の情報やニュース、本連載の告知などの記事を続々と掲載する予定です。お楽しみに!

関連キーワード

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

SCSK、Azure上でのIoTデータ分析環境構築サービス
[12:38 8/29] 企業IT
Windows 10で始めるBash 第9回 散らかったデスクトップを片付ける
[12:36 8/29] 企業IT
OpenSSL 1.1.0登場
[12:35 8/29] 企業IT
セキュリティフライデーとインターコム、法人向けセキュリティ分野で協業へ
[12:23 8/29] 企業IT
ゴーストキティも登場! サンリオピューロランドのハロウィーンはここに注目
[12:22 8/29] 趣味

求人情報