【連載】

一眼レフ初心者が猫撮影に挑む!

11 マクロレンズを使って猫を接写する

11/24

今回のテーマは「マクロレンズ」です。

猫飼いのみなさん、大切な愛猫と一緒に暮らしていると、猫とのイチャイチャタイムが必ずあるかと思います。猫さんの性格によって頻度は驚くほど異なるでしょうが、イチャイチャタイム突入時の猫は本当によく甘えてきてくれます。

そんな時、間近で見る猫はまた違った可愛さがあるでしょう。ふわっと香る猫の良い匂い、スースーと聞こえてくる可愛い鼻息、小さな宝石をたくさん閉じ込めたかのようなきれいなお目目、ぷにぷにのお肉がたっぷりとついた柔らかなお口、絶妙なさわり心地のピンクの肉球…。

これ、是非写真として大切に保管しておきたくならないでしょうか?(笑)。そんな時、私はマクロレンズを使用しています。

マクロレンズとは

マクロレンズとは、小さな被写体を大きく写せるレンズのこと。お花の撮影などでよく使われますね。

マクロレンズを選ぶ際は、最大撮影倍率と焦点距離をよく見て選びましょう。

最大撮影倍率とは

最大撮影倍率とは、被写体をどれだけ大きく写せるか、「撮像素子上に写るサイズ:被写体の実物のサイズ」として表したもののことです。

「1:1」ならば等倍で、1:2ならば0.5倍で写すことができ、一般的に0.5倍以上のものをマクロレンズと呼びます。(ただ、1:2だと思ったより大きく写せなかったりするので可能であれば1:1に近いもののほうがよいでしょう)。

焦点距離にも注意

連載第8回「背景をボカしてオシャレな猫写真を撮る!!」でも紹介しましたが、今一度焦点距離について見てみましょう。

レンズスペックに「○○mm」という数字が書いてあるかと思います。その数字が焦点距離を表しています。焦点距離とは、レンズから撮像素子までの距離のこと。ここでのポイントは下記の2点です。

・焦点距離が短い(=数字が小さい)ほど広い範囲(=広角)を撮影できる=被写界深度は深くなる
・焦点距離が長い(=数字が大さい)ほど狭い範囲(=望遠)を撮影できる=被写界深度は浅くなる

焦点距離が短いものは、最短撮影距離が短くなりますので、テーブルフォト向きです。焦点距離が長いものは、最短撮影距離が長くなるので、遠くの被写体を撮影する場合に向いています。マクロレンズを選ぶ際の参考にしてみてください。

マクロレンズを使って猫を接写するとすごいことになる

さて、マクロレンズを使用する際、私が注意しているのは、次の3点です。

・「近寄りすぎて何の写真かわからなくなる」という事態を極力避ける
・マニュアルフォーカスを使うとピントがきれいに合う
・三脚を使うと便利

実際に近寄ってみましょう。まずはこの距離から。

こんなに近くまで寄ることができました。これ以上近寄ると、被写体が何なのかわからなくなるので、ココでストップです。

弟猫も撮影してみた

また、マクロレンズを使って撮影をする際は、マニュアルフォーカスを使うとピントがきれいに合います。マクロレンズを使うとどーーーしてもピントが甘くなります。

また、可能であれば三脚を使うとよりきれいな写真が撮れます。自分が呼吸をする時の振動ですら、マクロ撮影の場合はブレの原因になります。もし可能なら使用すると良いでしょう。

今回はマニュアルフォーカスだけを使って撮影しました。ローレベルでの撮影なので、床にカメラを置いた状態での撮影です(三脚は当然使えない)。

毛の一本一本もきれいに撮影できるマクロレンズ。是非使ってみてはいかがでしょうか。

肉球も撮ろう

そしてオマケ。マクロレンズで撮影した肉球写真です。

とても良い匂いがします。

今日のまとめ

(1)一般的に最大撮影倍率が0.5倍以上のものをマクロレンズと呼ぶ
(2)焦点距離が短いレンズはテーブルフォト向き
(3)撮影の際は被写体に近寄りすぎないこと
(4)ピントが合わない場合はマニュアルフォーカスを使う

次回予告

次回のテーマは、「使える写真加工ウェブサービス」です。


<作者プロフィール>
うだま
猫好きの人妻アラサー。猫の漫画や日常の漫画をよく書く。
猫ブログ「ツンギレ猫の日常-Number40」は毎朝7時30分に更新している。
ツイッターでは常に猫への愛を叫び続けている。下ネタツイートは最近控えるようにしている。

11/24

インデックス

連載目次
第24回 猫をフワフワにする方法
第23回 ニコンのレンズをもらったがよく見たら……
第22回 猫を連写で撮影してみよう
第21回 自分が撮影した写真でオリジナル写真集を作ってみよう
第20回 クラシックカメラの魅力
第19回 レンズのお手入れと保管方法の基礎を学ぼう
第18回 シーンモードを使ってみよう
第17回 レンズに書かれた英数字から情報を読み取る
第16回 カメラの形をした可愛いカメラ雑貨
第15回 写真アレンジに使える猫撮影用の小物
第14回 良い写真を撮るために猫とどう接するか
第13回 ホワイトバランスを変えて猫をフワフワに撮ろう
第12回 猫写真を面白く加工する便利サービスまとめ
第11回 マクロレンズを使って猫を接写する
第10回 光を操ることができれば、猫を自在に撮影できる!
第9回 猫の豊かすぎる表情を撮影しよう
第8回 背景をボカしてオシャレな猫写真を撮る!!
第7回 動きまわる猫にどうやってピントを合わせるか
第6回 iPhoneでどこまで猫を撮れるか
第5回 お気に入りのカメラグッズ
第4回 何のために猫の写真を撮るのか
第3回 夜の室内で猫の写真を撮りたい!!
第2回 透明感のあるふわふわの猫写真を撮影するには
第1回 猫撮影のための使用カメラとレンズ一覧

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年4月30日の運勢

イチオシ記事

新着記事