【連載】

鶏むね肉の激ウマ料理

13 豚の生姜焼きならぬ「鶏むね肉の生姜焼き」がしっとりで絶品

13/24

激安食材ではあるが、パサパサでおいしくない……といった印象の強い鶏むね肉。今回は、豚肉を使った定番おかずの豚の生姜焼きを鶏むね肉でアレンジ。意外なほどにしっとりとした仕上がりで、「これからわが家の生姜焼きは鶏むね肉で! 」というのが定番になるかもしれない。

鶏むね肉でつくる生姜焼き

材料(2人分)
鶏むね肉 250g / サラダ油 大さじ1 / キャベツ 2枚分 / プチトマト 2個 / マヨネーズ 適量
A(醤油 大さじ1 / 酒 大さじ1 / 片栗粉 大さじ2 / おろし生姜、おろしニンニク 各小さじ1/2 / 黒胡椒 小さじ1/4)
B(醤油 大さじ3 / みりん 大さじ6 / 日本酒 大さじ4 / おろし生姜 大さじ2 / 白いりゴマ 小さじ2 / 黒胡椒 小さじ1/4)

つくり方

1.鶏むね肉は1cmの厚さに切って、まな板の上に広げる。ラップをかぶせて瓶の底で半分程度の厚みになるまで、軽くたたく。これをボウルに入れてAを加え、手でしっかりともみ込む。

2.フライパンにサラダ油を引き、中火にかける。1の鶏肉を1枚ずつ広げてのせ、両面に焼き目をつける。肉をたたいた際に出た小さな肉片は、ひとかたまりにして焼くと1つにまとまる。焼き目がついたものから取り出しておく。

3.同じフライパンにBを混ぜ合わせておいたものを入れて強火で沸騰させる。沸騰したら2を戻し入れ、沸騰させながらタレを絡める。タレが半分くらいになったら火を止める。

4.皿にキャベツの千切りを盛り、3を盛り付けてタレをかける。マヨネーズとプチトマトを添えて完成。

鶏むね肉はラップをかけて、瓶の底で叩いて半分程度の厚さに。このひと手間と、下味に片栗粉を使うことで、鶏むね肉でもおいしさアップ

「鶏むね肉をたたいて片栗粉入りの下味をつけることで、焼いてもしっとり仕上がります。下味に使った醤油のおかげで鶏肉にきれいな焼き目もつきます。肉を一度取り出してからタレを沸騰させるのは、アルコールを飛ばすため。こうすることで、すっきりした味わいになります。生姜のガツンとした香りが好きな方は、皮ごとすりおろしてください」(筋肉料理人さん)。


著者プロフィール

筋肉料理人
1963年6月生まれ。佐賀県在住。自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。 子供は中学生と小学生の2人。日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。 超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。

13/24

インデックス

連載目次
第24回 鶏むね肉で焼肉をつくる! 手作りの焼肉のタレで財布にも優しい
第23回 鶏むね肉でつくる月見チーズチキンステーキが豪華で激うまっ!
第22回 ジューシーに仕上げた鶏むね肉のゴーヤーチャンプルが激うまっ!
第21回 鶏むね肉でジューシーなハンバーグをつくる!!
第20回 鶏むね肉でつくるギョーザがしっとり&さっぱりで激ウマッ!
第19回 鶏むね肉でつくるハチミツチャーシューがおつまみにピッタリ!
第18回 鶏むね肉でしっとりおいしい鴨ロース風をつくる!
第17回 鶏むね肉でつくるしっとり肉じゃがが絶品!
第16回 鶏むね肉なのにジューシーなチキンナゲット
第15回 牛丼を鶏むね肉でつくるぞ!
第14回 タンドリーチキン、鶏むね肉でしっとりやわらかに仕上げる方法
第13回 豚の生姜焼きならぬ「鶏むね肉の生姜焼き」がしっとりで絶品
第12回 鶏むね肉でつくるしっとりチキンの特製カレー
第11回 鶏むね肉でやわらかチキン南蛮
第10回 オリーブオイルと日本酒で煮る「油塩鶏」が超しっとりで激ウマ!
第9回 鶏むね肉でチンジャオロースー
第8回 もう失敗しない! しっとりおいしいバンバンジー
第7回 鶏むね肉でつくる、ふわっとやわらか親子丼
第6回 鶏むね肉のチーズ入りチキンカツがしっとりやわらかで超絶品!
第5回 鶏むね肉の刺身風がツルッとしていてやみつき!
第4回 豚キムチならぬ「鶏キムチ」、しっとり食感で激ウマ!
第3回 酢豚ならぬ「酢鶏」、やわらか&ジューシーで絶品!
第2回 しっとり食感に変身した鶏むね肉が主役の鍋料理
第1回 しっとりおいしい鶏ユッケ

もっと見る

人気記事

一覧

2017年9月22日の運勢

イチオシ記事

新着記事