【連載】

鶏むね肉の激ウマ料理

5 鶏むね肉の刺身風がツルッとしていてやみつき!

 

5/24

パサパサ、かたい……なんていう鶏むね肉のイメージを払拭するべく、おいしい鶏むね肉レシピを紹介しているこのシリーズ。今回は、しっとりとした刺身風に仕上げる。レシピ考案は人気ブロガーの筋肉料理人さんだ。

「しっとり鶏胸肉の刺身風」

材料(2人分)
鶏むね肉 1枚(300g)
貝割れ大根・大根おろし・大葉・一味唐辛子・梅肉・刻みネギ・醤油・ポン酢 各適量
A(市販の濃縮白だし 大さじ1 / 日本酒 大さじ1 / おろし生姜 小さじ1/2 / 片栗粉 大さじ2)

つくり方

  1. 鶏むね肉の皮と余分な脂を切り取り、長手方向に2等分してこれを1cm幅に切る。そのあと、包丁の背で叩いて繊維をつぶす。ある程度叩いたら肉を90度まわして十字の模様がつくように再度叩く。

  2. 1をボウルに入れ、Aを加えて手でもみこみ、味を鶏むね肉に吸い込ませる。

  3. 鍋で多めの湯を沸かし、2を広げて入れる。再沸騰しかけたら弱火にして10分加熱する。10分経ったら取り出し、冷水で冷ます。冷めたらザルにあげておく。

  4. 大根おろしに一味唐辛子を混ぜてつくったもみじおろし風のものをつくり、3や貝割れ大根を盛って刻みネギを散らす。大葉、梅肉、ワサビを添えてできあがり。醤油やポン酢をつけてどうぞ。

下味を付けた鶏むね肉は広げて鍋に入れ、ゆがいていく

「加熱するとパサパサの鶏むね肉も、下味して片栗粉を揉み込んで湯がけば、しっとりしていてつるっと喉越しもよくなります。今回、下味に市販の白だしを使ったので、旨味もしっかり入ってます。ワサビ醤油、もみじおろしにポン酢で食べると鶏むね肉とは思えないおいしさです」(筋肉料理人さん)。


著者プロフィール

筋肉料理人
1963年6月生まれ。佐賀県在住。自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。 子供は中学生と小学生の2人。日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。 超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。

5/24

インデックス

連載目次
第24回 鶏むね肉で焼肉をつくる! 手作りの焼肉のタレで財布にも優しい
第23回 鶏むね肉でつくる月見チーズチキンステーキが豪華で激うまっ!
第22回 ジューシーに仕上げた鶏むね肉のゴーヤーチャンプルが激うまっ!
第21回 鶏むね肉でジューシーなハンバーグをつくる!!
第20回 鶏むね肉でつくるギョーザがしっとり&さっぱりで激ウマッ!
第19回 鶏むね肉でつくるハチミツチャーシューがおつまみにピッタリ!
第18回 鶏むね肉でしっとりおいしい鴨ロース風をつくる!
第17回 鶏むね肉でつくるしっとり肉じゃがが絶品!
第16回 鶏むね肉なのにジューシーなチキンナゲット
第15回 牛丼を鶏むね肉でつくるぞ!
第14回 タンドリーチキン、鶏むね肉でしっとりやわらかに仕上げる方法
第13回 豚の生姜焼きならぬ「鶏むね肉の生姜焼き」がしっとりで絶品
第12回 鶏むね肉でつくるしっとりチキンの特製カレー
第11回 鶏むね肉でやわらかチキン南蛮
第10回 オリーブオイルと日本酒で煮る「油塩鶏」が超しっとりで激ウマ!
第9回 鶏むね肉でチンジャオロースー
第8回 もう失敗しない! しっとりおいしいバンバンジー
第7回 鶏むね肉でつくる、ふわっとやわらか親子丼
第6回 鶏むね肉のチーズ入りチキンカツがしっとりやわらかで超絶品!
第5回 鶏むね肉の刺身風がツルッとしていてやみつき!
第4回 豚キムチならぬ「鶏キムチ」、しっとり食感で激ウマ!
第3回 酢豚ならぬ「酢鶏」、やわらか&ジューシーで絶品!
第2回 しっとり食感に変身した鶏むね肉が主役の鍋料理
第1回 しっとりおいしい鶏ユッケ

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『幼女戦記』、特報PVを公開! キャラクター設定画第1弾を紹介
[04:00 10/1] ホビー
三吉彩花、初写真集で水着姿も披露「これまで見せたことのない素顔」
[04:00 10/1] エンタメ
『クラッシャージョウ』、Blu-ray BOX発売決定! 公式サイトオープン
[02:50 10/1] ホビー
TVアニメ『デジモンユニバース』、10/1放送開始! 第1話の場面カットを公開
[02:27 10/1] ホビー
TVアニメ『sin 七つの大罪』、メインキャスト出演の音声ドラマ第1話を公開
[01:42 10/1] ホビー