【連載特別企画】

ストレージに変革をもたらす「オールフラッシュアレイ」

8 VM単位で稼働状況を把握し、ボトルネックを可視化

 

8/9

仮想環境の運用では、VM上で稼働する複数のアプリケーションをそれぞれ安定稼働させることがとても重要です。そのためには、VM単位での稼働状況をわかりやすく可視化し、性能劣化が発生しても、その原因を素早く把握できる環境が求められます。

従来型ストレージの課題として挙げられるのが、「LUNやボリューム単位の管理ではVM単位の動きは把握できない」ことです。例えば、ある特定のVMでI/Oの遅延が発生した場合、システムのどの部分が影響しているのか特定することが困難です。別のVMに突発的なI/Oが発生した、サーバーやネットワークのリソースが枯渇したなど、さまざまな原因が想定されますが、従来型ストレージでは、自身の状況はわかったとしても、VM特定の問題や、ストレージ以外のインフラでの問題を把握することはできません。

一方、Tintri VMstoreは、各VMやvDiskをTintri OSがもつファイルシステムで管理しています。パフォーマンスをはじめとしたストレージの稼働情報を、ストレージ側で管理できる機能を備えており、Tintri OSの管理GUI、さらにはvCenterなどの管理ソフトウェアなどからも確認することが可能です。

管理GUIはレイテンシーの詳細をサーバー、ネットワーク、コンテンション(リソース競合)、フラッシュ、ディスク(ハイブリッドモデルのT800シリーズのみ)、スロットル(過負荷制御)ごとに可視化できる

管理GUIは、VM単位でのIOPS、スループット、レイテンシーなどさまざまな項目をを表示します。さらに、レイテンシーは、サーバー、ネットワーク、ストレージに分けて可視化できるため、「インフラのどの部分で遅延が発生しているのか」を一目で確認できるのです。

また、Tintri VMstoreは、過去7日間の遅延状況のデータを保持してグラフィカルに表示できるので、パフォーマンスの傾向値を探ることも可能です。例えば、毎日同じ時間に特定のI/Oが発生しているなどの状況を素早く把握できるのです。こうした運用管理性の向上は、仮想環境が大規模になるにつれ、重要性を増してくるでしょう。

VM/vDisk単位で稼働状況をモニタリングできる。データは過去7日間分が保存され、ボトルネックを素早く特定できる

(マイナビニュース広告企画:提供 ティントリジャパン)

8/9

インデックス

連載目次
第9回 「ハイブリッド」と「オールフラッシュ」を使い分ける
第8回 VM単位で稼働状況を把握し、ボトルネックを可視化
第7回 仮想マシン単位のパフォーマンス最適化と可視化がもたらすメリットとは
第6回 VVOLはストレージ界の革命児?
第5回 仮想環境に最適化されたストレージの見極め方
第4回 オールフラッシュストレージの特性を理解する4つのポイント -2-
第3回 オールフラッシュストレージの特性を理解する4つのポイント -1-
第2回 HDD vs SSDで考えるSSDを選ぶべき理由
第1回 HDD vs SSDで考えるHDDのボトルネック

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

古舘伊知郎、報ステ裏で月1ラジオレギュラー - 曲なし宣言「逆JASRACだぁ!!」
[05:00 9/25] エンタメ
TVアニメ『政宗くんのリベンジ』、来年1月放送! 第ニ弾キービジュアル公開
[23:26 9/24] ホビー
TVアニメ『ハイスクール・フリート』、後日談を描く新作OVAを来年発売
[23:05 9/24] ホビー
モフモフ人外×男子高校生「人外さんの嫁」1巻、しおりや缶バッジ特典
[22:37 9/24] ホビー
DAIGO、ハリポタ新章『ファンタビ』をDAI語で応援「FBY」- 特別映像公開
[22:00 9/24] エンタメ