『TechNet』の歩き方 (30) VHDをダウンロードして検証環境にする

ニュース
トップ

【連載】

『TechNet』の歩き方

30 VHDをダウンロードして検証環境にする

井上孝司  [2010/05/27]

30/34

本連載の第12回で、TechNet Onlineで提供されている体験版や無償版について取り上げた。それをダウンロードしてセットアップすれば、学習や動作検証に利用できる。ただし、動作させるためのコンピュータを用意しなければならない。

もちろん、仮想化環境をひとつ構築して、そこで実行させることもできる。しかし、構築に手間がかかるのは否めない。そこで、TechNet Onlineでは、最初から仮想化環境用のVHDファイルの形でダウンロード提供する手段も用意している。これであれば、ダウンロードしたファイルからVHDファイルを取り出して、Hyer-Vマネージャでインポートするだけで実行できる。

ダウンロード可能なVHDいろいろ

ダウンロード元となるWebページは以下の場所だ。

仮想ハード ディスク上で実行する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/bb738372.aspx

ここでダウンロードできる主なVHDには、以下のものがある。ただしすべて英語版だ。

Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition x64 (Full Install)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=a4fbe2f3-45dd-46bf-8747-16a111c04107&displaylang=en

Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition x64 (Core Install)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=37264b32-c79f-4249-a5d4-b8696772a62a&displaylang=en

Visual Studio Lab Management 2010 RC for Windows Server 2008 R2
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=592e874d-8fcd-4665-8e55-7da0d44b0dee&displaylang=en

Office Communications Server 2007 R2 for Windows Server 2008
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=3ae2a175-d534-4d7f-ad9d-664a448eac31&displaylang=en

Exchange Server 2010 RC for Windows Server 2008
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=53f7382a-3664-4de3-8303-31e514d69f02&displaylang=en

Exchange Server 2007 SP1 for Windows Server 2008
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=db31866c-2cd5-4610-8505-5f2572248618&displaylang=en

このほか、Windows Server 2008の各エディションに対応するVHDと、「Windows Server 2003 R2 + Virtual Server」に分類されているVHD各種がある。後者には、以下のシステム管理ツールに対応するものが含まれる。

System Center Configuration Manager 2007 R2 for Windows Server 2003 R2
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e0fadab7-0620-481d-a8b6-070001727c56&displaylang=en

System Center Essentials 2007 SP1 for Windows Server 2003 R2
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=e6fc3117-48c5-4fd1-a3d2-927eab397373&displaylang=en

実際にVHDをダウンロードして、実行してみよう

それぞれ、リンクをクリックするとダウンロードページに移動するので、そこから必要なファイルをダウンロードすればよい。手順を画面で見ていこう。

「Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition x64 (Core Install)」をクリックする。「Core Install」とあるのはServer Coreという意味だ。

ダウンロードページに移動したら、概要を確認して、画面をスクロールする

[Download]をクリックして、所要のファイルをダウンロードする。VHD自体は「.exe」ファイルに含まれているが、「.rar」ファイルも必要になる。両者を同じ場所にダウンロードしておく。

ダウンロードした「*.exe」ファイルを実行すると、インストーラが起動する。

まず、解凍先のフォルダを指定する。

場所はどこでも良いが、すでにHyper-Vを使用しているのであれば、既存のVHDと同じフォルダツリーにまとめるのがよいだろう。

解凍先を指定したら、[Install]をクリックする。

ファイルの解凍を開始する。

途中で、「*.rar」ファイルの場所を訊かれるので、ダウンロードして置いた場所を指定する。

解凍が完了したら、Hyper-Vマネージャを使って仮想マシンのインポートを行う。

環境設定用の「*.xml」ファイルがあるフォルダを指定して、インポートを行う。

インポートが完了すると、対応するVHDがHyper-Vマネージャに現れる。あとは、通常の仮想マシンと同様に起動すればよい。

Server CoreインストールのWindows Server 2008 R2が起動した状態。最初にパスワードの変更を求められるのは、DVDからセットアップしたときと同じ。

こうして仮想マシンのインポートと起動を実現できれば、あとは通常の仮想マシンと同様に使うことができる。いちいちセットアップするより手間がかからないし、DVD-ROMドライブを必要としない利点もある。難点は英語版しかないところだろうか。

『TechNet Plus Direct サブスクリプション』を5名様にプレゼント!

2010年5月31日までに応募された読者の中から、抽選で5名様に「TechNet Plus Direct サブスクリプション」をプレゼントします。

TechNet Plus サブスクリプションは、情報システムの評価、導入、運用、管理を支援する IT プロフェッショナルのための年間購読サービスで、マイクロソフトの最新技術リソースや、製品評価版のソフトウェアやベータ版をダウンロードして評価目的で利用できます。

TechNet Plus サブスクリプションの詳細はこちら

ご提供: マイクロソフト

マイコミジャーナル1クリックプレゼントは、各企業様のご協力をいただいて、読者の皆様に先着&抽選で素敵な賞品がもらえるプレゼント企画です。マイコミジャーナル会員であれば誰でも申し込み可能です。奮ってご応募ください。

応募方法 : マイコミコミジャーナル会員でない方は、「プレゼントに応募する」ボタンをクリックして案内に従って会員登録を済ませてからご応募ください。※会員登録されていても追加情報の登録が必要な場合があります。

賞品名 :TechNet Plus Direct サブスクリプション(抽選・5名様)

応募締切 : 2010年5月31日(日)

発表方法 : 6月14日(月)に、当選者発表ページにて発表させていただきます。

30/34

インデックス

連載目次
第34回 最後に「歩き方」についてまとめておこう
第33回 System Centerに関連する情報をまとめてみた
第32回 MS製品のライフサイクルと、相互運用性・環境移行
第31回 マイクロソフト製品のボリュームライセンスについて知る
第30回 VHDをダウンロードして検証環境にする
第29回 バーチャルラボ総覧
第28回 最新情報を見逃さないためにTechNet Flashニュースレター
第27回 TechNet OnlineでWindows 7について知る
第26回 個人ユーザーでも役立つTechNet
第25回 サポート技術情報の機械翻訳を読み解く
第24回 スクリプトの用途は、実に幅広い
第23回 スクリプトでMicrosoft Officeを操る
第22回 スクリプトセンターを活用しよう(3)
第21回 リニューアルしたTechNet Online
第20回 スクリプトセンターを活用しよう(2)
第19回 スクリプトセンターを活用しよう(1)
第18回 TechNet Plus Directを使ってみよう(後編)
第17回 TechNet Plus Directを使ってみよう(前編)
第16回 デスクトップ展開の手法と、TechCenterのコンテンツ
第15回 デスクトップ展開センターと、展開の方法いろいろ(後編)
第14回 デスクトップ展開センターと、展開の方法いろいろ(前編)
第13回 Active DirectoryのTechCenterがオープンした
第12回 SQL Server導入の巻 - 学習や動作検証はどうすれば?
第11回 SQL Server導入の巻 - アプリケーションを開発するには?
第10回 SQL Server導入の巻 - まずは製品情報について確認してみよう
第9回 WebキャストでExchange Serverについての知識を深めよう
第8回 TechNetライブラリって何だろう?
第7回 次の課題はExchange Server
第6回 「バーチャルラボでIISの操作を体験してみよう」の巻
第5回 「IISの管理ツールについて詳しく知りたい!」の巻
第4回 「IISでWebサーバを構築せよ!」の巻
第3回 「困ったときは学習・質問!」の巻
第2回 「さらに突っ込んで製品ドキュメントをあたってみる」の巻
第1回 「マイクロソフトの仮想化について調べてみる」の巻

もっと見る

関連したタグ


マイナビニュースのセミナー情報

オススメ記事

マイナビニュースの集合特集

新着記事

転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    東京都・新宿でファッションとパフォーマンスの祭典「新宿芸術天国」開催
    [12:30 9/17] 旅行
    uuumとブルーカレント、「ユーチューバー」のPRにおけるパートナーシップ
    [12:23 9/17] エンタープライズ
    米Yelp、無料のオンライン予約ツール「Yelpリザベーション」の提供を開始
    [12:19 9/17] エンタープライズ
    Wi-Fi Alliance、Wi-Fi Directの機能を拡張
    [12:16 9/17] テクノロジー
    【レポート】悪玉コレステロール値が高いとうつになりやすい!? - 「うつ」と生活習慣
    [12:15 9/17] ライフ

    特別企画

    一覧

      求人情報