新・リーダーの品格 (8) 「怒る」と「叱る」は違う

ニュース
トップ

【連載】

新・リーダーの品格

8 「怒る」と「叱る」は違う

佐藤高史  [2009/07/02]

8/12

近年、組織はよりフラットな方向に向かっています。1人のリーダーの下に数多くの部下がフラットな関係で配置されているプロジェクトも多いことでしょう。こうなると、部下と個別にコミュニケーションを取ること自体が難しくなり、目が届かないことが増えてきます。結果として、部下と向き合うのは叱る時ばかり……という事態になってしまうケースもあり得ます。

元々「叱る」という行為は上司の最も大切な仕事の1つだったはずで、これを避けようとするのはリーダーとしての仕事を放棄するようなものではないでしょうか。

ところで、あなたは感情が表に出るタイプでしょうか? それともどちらかといえば冷静なタイプでしょうか。特に気を付けなければならないのは、「怒る」と「叱る」の混同でしょう。

例えば、部下がミスをして「お前のせいでどれだけ周りに迷惑をかけたかわかっているのか!」という言い方で叱ったとします。これは周囲にどのように伝わるでしょうか。きっと"怒っている"と映るに違いありません。

「怒る」というのは、自分が被害を受けたり、不快な思いをしたりした時に沸き起こる"感情"です。相手のことを思うのではなく、「自分が不快である」という感情をぶつけていると思われてしまうわけです。つまり、自分中心の感情ということです。我慢ができない人を部下がリーダーとして尊敬するでしょうか。スポーツの試合では監督がエキサイトしてチームを鼓舞することがありますが、ビジネスの現場で感情をストレートに表に出すと、現場に良い影響を与えることは少ないものです。

対して「叱る」というのは、相手の言動・行動の良くない点を指摘するということです。そこには相手の成長を思う気持ちがあります。また、組織のミッションとのズレを指摘するケースもあるでしょう。つまり、そこには何らかの根拠があるはずで、決して感情をぶつけるということではありません。

執筆者プロフィール

佐藤高史 (Takashi Sato)
株式会社コラージュ代表取締役。ビジネスコンサルタントとして人事教育・研修プログラムを数多く開発。著書「最強のプレゼンテーション完全マニュアル」(あさ出版)。

『出典:システム開発ジャーナル Vol.4(2008年5月発刊)
本稿は原稿執筆時点での内容に基づいているため、現在の状況とは異なる場合があります。ご了承ください。

8/12

インデックス

連載目次
第12回 部下を叱る時は投げやりにならず"あなた流"で
第11回 部下を叱る時は「人格」と「問題点」を混同しない
第10回 部下を叱る時は「繰り返す」「メリットを伝える」
第9回 部下を叱る時は"理由"や"原因"を明確に指摘する
第8回 「怒る」と「叱る」は違う
第7回 正しいメールを評価するための6つの基準
第6回 メールの指導もリーダーの仕事
第5回 職場のコミュニケーション不全対策(3)
第4回 職場のコミュニケーション不全対策(2)
第3回 職場のコミュニケーション不全対策(1)
第2回 キャリアアップに求められるコミュニケーション力とは?
第1回 IT業界のコミュニケーション事情

もっと見る

関連したタグ

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報