【連載】

新人担当者向け! Webマーケティング基礎知識

1 【前編】これだけは覚えたい!Webマーケティング基礎用語20選

  • <<
  • <

1/6

この連載は、2015年4月からWebマーケティング業界に足を踏み入れる新入社員や、新たにWeb担当者に着任した新人マーケターを対象に「覚えておきたい基礎知識」をご紹介するものです。

Webマーケティング業界では、アルファベットの略語が日常的に飛び交っています。加えて、成長スピードが早く、目まぐるしく周辺環境が変化していく業界でもあります。

そこで今回は、まず初めに押さえるべき20の略語を整理・解説しました。出現頻度の高い順に解説していますので、上から順にチェックしていけば、最小の労力で理解することができるでしょう。

なお、出現頻度はWebマーケティング用語を解説する10のサイトを調査・分析し、客観的なスコアリングによって作成したものです。

1. CPA

Cost Per Action : 何らかの成果(Action) 1件あたりの支払額

 出現頻度 : 100%

【解説】
会員登録や資料請求、商品の購入といったユーザーのAction1件につき支払った広告費用のことで、顧客取得単価ともいう。また、「Action(行動)」ではなく「Acquisition(獲得)」を用いる場合、新規顧客の獲得1件あたりの費用を意味する。
【使用例】
月間50万円の広告費をかけてバナー広告を掲載し、同広告から100件の商品購入を獲得した場合、CPAは5000円(50万円 ÷ 100件)となる。この数値が小さいほど「費用対効果の高い広告」だと考えることができる。

2. CPC

Cost Per Click : クリック一回あたりの料金、クリック単価

 出現頻度 : 90%

【解説】
Webサイトやメールに掲載したテキスト広告やバナー広告などが、1回クリックされるにあたり発生した費用。
【使用例】
広告費として30万円を支払い、Webサイトにバナー広告を一カ月間出稿し、5万クリックを獲得した場合、CPCは6円(30万円 ÷ 5万クリック)となる。

3. CTR

Click Through Rate : クリックされた割合、クリック率

 出現頻度 : 90%

【解説】
広告がクリックされた割合(確率)を示す。この値が高いほど、ユーザーは広告に反応しているという意味となり、同広告は「反応率が高い」と判断できる。
【使用例】
メールにてテキスト広告を30万人に配信し、6000クリックを獲得した場合、CTRは2%(6000クリック ÷ 配信数30万 × 100)となる。

4. CV

Conversion (変換・転換・交換)

 出現頻度 : 90%

【解説】
企業がユーザーに起こしてほしいActionとして掲げる「最終的な成果」を意味する。特にWeb広告の分野においては、会員登録や資料請求、商品購入など「単なる訪問者から、会員や(見込)顧客への転換」という意味合いで使われる。

5. imp

impression : 広告露出・掲載・表示回数

 出現頻度 : 90%

【解説】
Webサイトに広告が掲載された回数。ユーザーがとあるWebサイトに訪れ、広告が1回表示されることを「1インプレッション」とする。

6. PV

Page View : アクセス数

 出現頻度 : 90%

【解説】
あるWebサイトが閲覧された回数を示す。同一ユーザーがサイト内のページを複数閲覧すると、PV数はその分だけ増える。

7. UU

Unique User : 閲覧者数

 出現頻度 : 90%

【解説】
あるWebサイトを訪れたユーザーの数を表す。同じユーザーが同じページを何度も閲覧した場合でも、1UUとしてカウントされる。
【注意】
UU数の測定方法は、利用するアクセス解析ツールによって異なるが、基本的に「IPアドレス」や「ホスト名」「Cookie」といった情報を基に集計する。正確なUU数を測れない場合として、ユーザーがCookieの受け入れを拒否している状況や、デバイスやブラウザを複数使用するといった環境が考えられる。

8. CVR

Conversion Rate : コンバージョン(成果)率

 出現頻度 : 80%

【解説】
PV数やUU数のうちコンバージョンに至った割合を示す指標。「Webサイトに訪問したユーザーが実際にActionを取る割合」を意味する。
【使用例】
とあるバナー広告の300クリックうち、10件がコンバージョンに至った場合、CVRは10%(30CV ÷ 300クリック ×100)となる。

9. LP

Landing Page : ランディングページ

 出現頻度 : 70%

【解説】
広告をクリックすると最初に表示されるページ、すなわち、Web広告の遷移先となるWebサイト(ページ)を示す。

10. SEO

Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化

 出現頻度 : 70%

【解説】
GoogleやYahoo!が提供する検索エンジンの検索結果ページにて、上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること、またはそのための技術やサービスを指す。

例えば、ターゲットとするキーワードの選択やページ内でのキーワードの使用などを最適化することで上位表示を目指すが、サーチエンジンのランク付けアルゴリズム(計算方法)は年々変化するため、実際は「SEOに王道無し」と言われることもある。


残り10用語は、4月2日に公開します。

第3回からは、Web広告の種類や出稿方法、効果測定に用いる分析ツールなどを紹介していく予定です。

執筆者紹介

ソウルドアウト 葛谷篤志

2009年オプトに入社し、2010年からソウルドアウト設立に参画。入社3年目から新潟営業所の立ち上げを経験したほか、Web事業のスタートアップや通販(美容品・アパレル)企業のWebマーケティング支援に携わり、顧客売上を2年で5倍にさせる等の実績を持つ。現在(2015年3月)は、Webマーケティング本部 パブリックリレーション部にて部長を務める。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

連載目次
第6回 Google Analyticsの見方 - ユーザーの属性と行動を把握しよう
第5回 Webマーケティング最適化のための "無料分析ツール8選"
第4回 出稿すべきWeb広告とは? - Facebook/YouTube編
第3回 Web広告の種類 - 主要の7つを一気に紹介!
第2回 【後半】これだけは覚えたい!Webマーケティング基礎用語20選
第1回 【前編】これだけは覚えたい!Webマーケティング基礎用語20選

もっと見る

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事