【連載】

個人経営者のための"自社サーバ"導入ガイド

5 Windows Server 2003 R2の初期設定を行う(1)

5/11

今回からOS(Windows Server 2003 R2)の設定作業に入る。本連載では「NEC得選街」で購入したプレインストールモデル「Express5800/110Gd」を使っているため、OSおよび各種デバイスドライバのインストールは完了しているという前提で話を進める。OSのインストール自体はそれほど難易度は高くない。プレインストールモデル以外の場合は、あらかじめOSのインストールを済ませておいてほしい。

本連載で使用するサーバについて

本連載では「NEC得選街」で購入できるタワー型サーバ「Express5800/110Gd」(写真)を例に、サーバのセッティング方法を解説していく。サーバの基本構成は次のとおり。CPU:Celeron D(2.93GHz) / メモリ:1GB / HDD:80GB / OS:Windows Server 2003 R2 Standard Edition。より詳細な構成情報については連載第2回を参照してほしい。

OSのインストールのほかにも、外部へ接続するためのネットワーク回線の敷設や、使用するドメインを確保していることが完了しているものとする(第3回参照、プロバイダによっては、プロバイダが持っているドメインに、サブドメインをつけたものを貸与してくれる場合がある)。

ネットワーク設定

本サーバを構築するにあたり、利用するインターネット回線で注意しなければならないことがある。Webサーバや、メールサーバとして外部に公開するためには、IPアドレスが常に一定のものが割り当てられる環境が必要だ。一般家庭などでよく利用されるインターネット回線であるADSL回線や光回線、CATV回線などはIPアドレスが固定されず、プロバイダより空いている番号を自動的に割り当てられるケースが大半なため、外部へ公開するサーバの構築には向いていない。プロバイダによって対応がまちまちだが、固定IPのサービスはオプション料金を支払って利用するケースが多いようだ。ただし、そもそも固定IPサービスに対応していないプロバイダもあるので注意してほしい。現在利用している回線を使ってサーバを構築する場合は、固定IPで利用できるかプロバイダに問い合わせる必要があるだろう。これから回線を敷設する場合は、契約する前にプロバイダが固定IPサービスを行っているか確認しておく必要がある。

今回、サーバを構築するにあたり、下表の設定で構築を行う。

サーバ
OS Windows Server 2003 R2
コンピュータ名 110gd
IPアドレス 192.168.11.200
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.11.1
優先DNSサーバ 192.168.11.200
ドメイン sv
インターネットドメイン example.co.jp
クライアント
OS Windows XP Professional SP2
コンピュータ名 pc01
IPアドレス (DHCPにより取得)
サブネットマスク (DHCPにより取得)
デフォルトゲートウェイ (DHCPにより取得)
優先DNSサーバ (DHCPにより取得)
ブロードバンドルータ
LAN側IPアドレス 192.168.11.1
WAN側IPアドレス (プロバイダより固定IPを取得)
サブネットマスク 255.255.255.0
備考 Bフレッツで接続

サーバ本体のIPアドレスを指定する

[スタート]メニューより、[コントローパネル]→[ネットワーク接続]→[Connection]を開き、[全般]タブにある[プロパティ]ボタンをクリックする。さらに、[インターネット プロトコル(TCP/IP)]を選択し、[プロパティ]ボタンをクリックする

IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、優先DNSサーバを指定し、[OK]ボタンをクリックする

サーバの役割管理

ここからはサーバの資産を共有するための設定を紹介する。ここではファイルサーバ、ドメインコントローラ、DNSサーバ、DHCPサーバの構築をしていく。

Active Directoryの設定

Active Directoryとは、「ディレクトリサービス」と呼ばれるネットワークサービスのことで、ネットワーク上にあるオブジェクトの集中管理ができるようになっている。ここでいうオブジェクトとは、ユーザやファイル/フォルダ、アプリケーション、プリンタなどが挙げられる。これらをネットワークリソースによって一元管理することにより、クライアントマシンからログオンするだけで、許可されているリソースを利用することができるようになる。

なお、Windows Server 2003 R2で利用するActive Directoryは、「ドメイン」という単位で管理するシステムになっている。

以下ではポイントとなる設定部分のみを抜粋して紹介しています。

[スタート]メニューから、[管理ツール]→[サーバーの役割管理]を開く

[役割を追加または削除する]をクリックすると、[サーバの役割]という一覧が表示される。今回はまず、[ドメインコントローラ(Active Directory)]を追加する

画面の指示に従って進めると、[ドメインコントローラの種類]の画面が表示される。今回は[新しいドメインのドメインコントローラ]→[新しいフォレストのドメイン]と選択する

[新しいドメイン名]では取得済みのドメインをフルネームで入力する

[NetBIOSドメイン名]は、通常がデフォルトのままで構わない

データベース、ログ、共有システムのフォルダの保存先を指定する。通常はデフォルトのままで構わない。変更したい場合は[参照]ボタンをクリックする

[DNS登録の診断]では、[このコンピュータにDNSサーバーをインストールして構築し、このDNSサーバーを優先DNSサーバとして使用するように設定します]を選択する

[アクセス許可]では、[Windows 2000またはWindows Server 2003 OSとのみ互換性があるアクセス許可]を選択し、次の画面でパスワードを設定する。このパスワードは、Administratorでログオンするときのパスワードとは別のパスワードになるので注意してほしい

それぞれの設定が完了して再起動すると、「ドメインコントローラ(Active Directory)」が使用できるようになる。

これでIPアドレスとActive Directoryの設定は完了した。次回は、DNSサーバ、DHCPサーバの設定などを説明する。

文|デジカル/徳永卓司

5/11

インデックス

連載目次
第11回 大事なシステムのバックアップ&復旧方法をチェック
第10回 ビジネス目的で使うサーバに必要な構成機器は?
第9回 Webサーバを安全に運用するためのセキュリティ設定
第8回 Webサーバの設定にチャレンジしてみる
第7回 ファイルサーバの作成~ドメイン参加の設定を行なう
第6回 Windows Server 2003 R2の初期設定を行う(2)
第5回 Windows Server 2003 R2の初期設定を行う(1)
第4回 サーバ運用前にWindows Server 2003のライセンスを理解する
第3回 サーバはどこに設置する? - 効率とセキュリティを考える
第2回 なにを買うべきか? サーバ構成のポイントを押さえて注文
第1回 自社サーバの導入メリットを考える

もっと見る

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報