【連載】

恋愛勝ち組になる!

27 38歳女性独身、結婚相手はハゲ&デブNG、高身長高収入毎月小遣い7万くれる人

 

27/41

いつの時代も恋に悩める男女は多いもの。ここでは、弊誌人気連載「理系のための恋愛論」の酒井冬雪先生が、皆さんの恋愛に関する悩みにお答えします。恋愛に悩んでいる人、まずは先生に相談してみましょう!



38歳女性・会社員です。もう10年近く彼氏がいません。29歳のときに、そのとき付き合っていた彼氏に結婚を迫って振られ、その後はずっと結婚相手を探していたのですが見つかりません。結婚相手の条件も昔に比べたら下げているのですが。ちなみに相手の条件は以下の通りです。

  • 身長175cm以上(以前は180cm以上だった)
  • 年収1000万以上(以前は1200万以上)
  • 顔は生理的に受け付けない顔でなければ可(面食いなので、以前はそれなりの方以上を希望)
  • 長男以外
  • 両親と別居
  • ハゲていない、太っていない
  • 毎年最低1回の海外旅行、3カ月に一度の国内旅行(以前は年間3回以上の海外旅行を条件にしていました)
  • 結婚式の予算は500万で、負担額は夫9に対し妻1(以前は全額夫負担を希望)
  • 専業主婦希望
  • 私のお小遣いは毎月7万円(以前は10万円希望)

特に明記のないものは、以前と同じくこれは譲れないという条件です。年齢も年齢なので、それなりに私も妥協はしています。先生はこの条件を客観的に見てどう思われますか。



結婚相手の条件がハッキリしているのはいいことだと思います。後は、希望の条件に優先順位をつけてみてはどうでしょう。たとえば、相談者さんにとっていちばん大切のなのは、結婚相手がハゲでも太ってもいないことなのか。おこづかいが7万円なことなのか。長男以外であることなのか。第一優先にしたい条件は何であるのかを、自分の心の中でハッキリさせておくと、結婚相手に求めるものがもっと明確に見えてくるはずです。

結婚相手がハゲてもおらず太ってもいなくて身長175cm以上あるのなら、おこづかいが5万円になってもいいと思えるのか。おこづかいが10万円になるのなら、多少太ってもハゲそうな気配があってもいいと思うのか。自分にとって、どちらが大切なのか考えてみると、「ああそうか、私って○○を最優先にして考えてるんだ」と、自分のこともよく見えてくると思うのです。

もし、おこづかいの額よりも結婚相手の身長や容姿のほうを優先すれば、子どもができた場合に、子どもの容姿も見目麗しくなる可能性が高くなるかもしれません。容姿よりもおこづかいの額を優先したら、毎日楽しく友だちとランチに出かけたり、ネイルサロンに出かけたりできるかもしれません。

先々のことを考えて、自分が何を大切にしたいタイプなのかをよく考えてみると、結婚相手に求める条件がおのずとわかってくるのではないかと思います。そうですね。もし、私がもう一度結婚するとしたら、結婚相手に求めるのは、

  • 人が好きな人。人に対して与えても余りあるほどの愛情を持っている人。

  • 身長は低くても骨格や歯が丈夫な人。

  • 足音やドアを閉める音などが静かな人。テレビを一日中見たり、ずっとゲームをしたりしない人。

それから、絶対に私が譲れない第一条件は運動神経がいい人です。また、浮気しない人、です。その上で、あんまり稼いでくれなくても、毎日キチンと働きに行くマジメな人ですかね。もう1つ付け加えると、私の妹に好かれる……将を射るためにまず馬から射止めてくれるようなツボをキチンとおさえてきてくれる察しのいい人だと最高です。

このように、結婚相手に求めるものって人それぞれ違っています。確固たる信念を持って、「絶対こういう人がいい! 」と心に決めていても、実際に人を好きになるとここは条件と違うけど、でもまあ彼ならいいやと思えたりするものです。しかし、それでも第一条件だけは絶対にゆるがないものですから、そこだけビシッと決めておいたほうがいいと思うのです。

友だちと話し合って、あれこれ意見交換してみると、自分が知らず知らず求めている男性への第一条件が見えてくるかもしれません。ぜひ、自分の心と向き合って、最優先事項をみつけてほしいものです。すばらしい出会いがあることをお祈りしています。

イラスト: のでこ

恋のお悩み、募集してます

マイナビニュースでは、酒井冬雪先生への恋愛相談を募集中です。恋愛や婚活のお悩み、さらには結婚生活に関しての相談など、広く受け付けております。年齢、職業、性別を書き添えた上でこちらまでご応募ください。なお、いただいた相談内容は掲載させていただくことがあります。

27/41

インデックス

連載目次
第41回 29歳バツイチ女性、「10歳も年上のイマイチ女が先に結婚して許せない! 」
第40回 36歳女性「BLにハマり、現実世界の男の酷さに幻滅」
第39回 彼女が私の愛犬を「このバカ犬」といって蹴っていた
第38回 夫が家で「ワンワン」しか言いません
第37回 男性は魔法使いになれるのに、女性は何にもなれないじゃないの!
第36回 スペック最高なのに、なぜ俺は結婚できない?
第35回 婚活中の私から見ても身の程知らずな婚活女子が多く、迷惑している
第34回 某大手掲示板にハマった妻……夫「最近、妻の後ろ姿しか見ていない」
第33回 妻の浪費癖を指摘すると、妻「私が養ったおかげで今の稼ぎがあるくせに」
第32回 結婚相手に経済力を求めて何が悪いの?
第31回 私のこと好きなくせに、もらったプレゼント捨てたら音信不通
第30回 お金にだらしなくて借金がある私でも婚活できますか
第29回 「女と結婚するくらいなら犬飼うわ」と思う私は変ですか
第28回 教室通いで教養も身につけ、外見も自信アリ。でも39歳ってだけでフラれる
第27回 38歳女性独身、結婚相手はハゲ&デブNG、高身長高収入毎月小遣い7万くれる人
第26回 内緒で女の子のいる店に行っている彼。もう何もかも信じられない!
第25回 最近、彼女の「結婚して」アピールがものすごいです
第24回 オヤジ転がしが行き過ぎ、職場でオヤジたちが私の奪い合いを
第23回 結婚の念書を書かせて彼女は海外へ。「多分1年は連絡とれないから」って…
第22回 プロポーズの翌日に、勝手に退職願を出した彼女
第21回 彼と元妻の密会発覚、すぐにでも元妻の家に乗り込んでやりたい!
第20回 主人から誕生日プレゼント…私があげたお金で買ったのでは!?
第19回 「これはダメ」「あれはダメ」と妻がウルサイ!!
第18回 恐怖! 彼女の妹と母親から誘惑されています
第17回 8歳の年齢サバ読み…これって「女のかわいい嘘」でしょ?
第16回 部長から猛烈アプローチ。でも私、部長の部下と付き合ってるんです……
第15回 他に気になる男性がいるけれど……優しい夫の愛に報いたい
第14回 自分に甘く飽きっぽく、挙句の果てに太り続ける夫にウンザリ
第13回 小遣い制で自由も奪われ……なんのために結婚したんだっけ?
第12回 美人で聡明でかわいい性格、しかも仕事ができる私。どんな結婚相手がいい?
第11回 結婚2年目…家での妻がオッサン化しています
第10回 数回飲みに行っただけで彼氏面しないで。私、いっぱい彼氏いるし
第9回 意味不明! 婚活パーティで知り合った彼女に求婚したら断られた
第8回 同棲中の彼、「夕食のおかずは最低5品、朝食には自家製ジュースも」
第7回 きれいなのに…鼻くそを食べ、オナラ連発の彼女
第6回 「憧れの的の私」を振ってブス女と付き合った元彼
第5回 コンビニの店員に恋……どうやってアプローチすればいい!?
第4回 失恋…カップルを見ると発狂しそう
第3回 出会い系サイトで知り合った彼がサイトを退会しない!
第2回 彼女の借金発覚! その額200万以上……
第1回 「逃げちゃだめだ…」--彼がデート中にアニメの台詞を頻繁に言う

もっと見る

人気記事

一覧

2016年7月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事

HPE、サイバー犯罪を後押しする地下経済を検証したレポートの日本語版発行
[11:35 7/25] 企業IT
2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第7回 変わりゆく就職戦線 - 戦略転換からみた教育支援の在り方
[11:30 7/25] テクノロジー
胎児もつらいよ! 第5回 違うよママ! ぼく、男の子だってばっ!!
[11:30 7/25] ライフスタイル
ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー