【連載】

鉄道ニュース週報

95 小田急電鉄の新ダイヤ、種別ごとに変更点をまとめると…

95/96

11月1日に発表された小田急電鉄の新ダイヤ(2018年3月中旬から運行開始)は盛りだくさんの内容だった。代々木上原~登戸間の複々線化の完成で速達列車のスピードが上がり、各駅停車も含めて列車増によって混雑が緩和され、着席機会も増える。快適性の向上だけでなく、京王電鉄と東急電鉄に挟まれた路線網を意識した戦略性も垣間見えた。

小田急電鉄の新ダイヤでの停車駅案内図(画像はすべて小田急電鉄提供)

今回は列車種別ごとに変更点を挙げ、その背景を考察してみよう。小田急線におけるダイヤ改正後の列車種別は、有料座席指定の特急ロマンスカー、乗車券のみで乗車できる快速急行・通勤急行・急行・準急・通勤準急・各駅停車の計7種類。乗車券のみで利用できる列車だけ数えると、京王電鉄と並び6種類となる。ちなみに東武鉄道は5種類、京成電鉄と西武鉄道の池袋線系統は7種類で最も多い。停車駅が多いと乗車チャンスが増える。停車駅を減らすと到着時間は早くなる。停車駅の設定は輸送サービスの根幹だ。乗車機会と速度アップは悩ましい。

特急列車の停車駅設定にしても、起点から終点までノンストップで走らせれば到着時間は早く、完璧なサービスといえる。起点駅から満席になれば利益も最大。しかし、すべての列車が起点駅から満席になるとは限らない。そこで、利用客の見込めそうな途中駅にも停車する。これは私鉄特急だけでなく、各方面の新幹線も同じ。いくら速度が速くても、乗客が少なければ走らせる意味がない。停車駅設定には鉄道事業者の考え方が表れるから興味深い。

新しい列車種別、停車駅変更、廃止される列車種別

小田急電鉄の新ダイヤの停車駅変更を挙げてみよう。

特急ロマンスカー

「スーパーはこね」

現在の下り2本から4本へ増便。停車駅は変わらず。小田急電鉄の最速、花形列車として、新型車両70000形と展望座席付きの50000形VSEが充当されると思われる。70000形、50000形はそれぞれ2編成のため、車両検査時の代走車両が気になる。製造年の新しさとしては60000形MSEが順当。しかし展望座席を優先するなら7000形。どちらもVSEの代走として「スーパーはこね」として走った実績がある。

「はこね」「さがみ」

向ヶ丘遊園駅と新松田駅の停車がなくなった。両駅ともに特急ロマンスカーの停車は消える。現在、向ヶ丘遊園駅と新松田駅はともに平日朝の下り2本、上りは朝と夜に2本ずつ停車。土休日は朝に下り2本、上りは朝1本、夜に2本停車している。もともと停車する列車の本数が少なく、スピードアップが目的と思われる。

「あさぎり」

停車駅変更はなし。もともと新松田駅は経由せずにJR御殿場線の松田駅に停車しており、これは継続される。松田駅停車は利用客のためのほか、運転士交替などの理由もある。

「モーニングウェイ」「メトロモーニングウェイ」

朝の上り特急ロマンスカーのうち、「さがみ」「えのしま」の一部が「モーニングウェイ」、「メトロさがみ」が「メトロモーニングウェイ」に。町田駅始発列車が相模大野駅・本厚木駅始発になるなど運行区間も延びる。一部列車が新たに海老名駅に停車する。

「メトロえのしま」

土曜・休日に新設。「えのしま」が停車する新百合ヶ丘駅と大和駅は通過し、江ノ島線の最速列車となる。なお、成城学園前駅は平日・土休日ともに東京メトロ千代田線方面の特急ロマンスカーの一部が停車し、新宿駅発着の特急ロマンスカーは停車しない。

特急ロマンスカーの停車駅一覧。向ヶ丘遊園駅と新松田駅が消えた

快速急行

平日朝は3本から28本に増発。これは同時間帯の一部の急行を格上げする形のようだ。急行から快速急行に格上げすると、向ヶ丘遊園駅・登戸駅・成城学園前駅が通過となる。そこで快速急行の停車駅に登戸駅を追加。向ヶ丘遊園駅・成城学園前駅は通勤準急と各駅停車の始発列車を増発し、各駅停車を8両から10両へ増強することで救済措置とする。

快速急行は多摩線にも新設され、栗平駅・小田急永山駅・小田急多摩センター駅・唐木田駅に停車する。多摩ニュータウンと新宿との間で競合する京王電鉄に対し、複々線区間の定時性と速達性の向上で対抗するようだ。

通勤急行

多摩線系統に新設される種別。多摩線内の停車駅は急行と同じ。新百合ヶ丘駅から小田原線に直通して新宿駅まで走る。小田原線内では快速急行・急行より停車駅が少なく、快速急行・急行が停まる登戸駅を通過。急行停車駅の経堂駅も通過する。多摩線内と新宿駅の速達性を重視すると割り切った設定だ。多摩線に新設される快速急行と合わせて、京王電鉄との対抗心を示す列車といえる。

急行

急行停車駅の経堂駅については、平日夕方の下りのみ通過となる。経堂駅の救済措置として、新宿駅から急行に乗った場合、代々木上原駅で千代田線からの各駅停車または準急に対面ホームで乗換え可能となる。

準急

新たな停車駅として千歳船橋駅・祖師ヶ谷大蔵駅・狛江駅を追加する。朝の上りは経堂駅を通過していたけれど、朝は後述の通勤準急に変わるため、全列車が経堂駅に停車する。準急は複々線区間の外側、各駅停車用の線路を進行する形になる。この区間を走行中に急行・快速急行・特急ロマンスカーに追い越されるとみられる。

通勤準急

平日朝の小田原線上り方面に新設される種別。停車駅は現在の準急と同じ。ただし、現在の準急が朝の上りのみ通過していた経堂駅には全列車停車する。新ダイヤの準急の停車駅は増えても、朝の上りだけは速達性を重視して残し、種別名を通勤準急とした。登戸駅で同時発車の上り快速急行があるため、各駅停車用の線路を走行するとみられる。

各駅停車

当然ながら各駅停車の停車駅に変更はない。快速急行の項で触れたように、急行運転時間帯が快速急行となり、急行停車駅の一部が不便になる。そこで成城学園前駅・向ヶ丘遊園駅始発の列車を増発する。代々木八幡駅は8両編成のみ対応するため、増発した10両編成の各駅停車はすべて千代田線直通となる。

ダイヤ改正には間に合わないものの、夏頃までに代々木八幡駅のホーム延伸工事が完了すれば、新宿方面の各駅停車もすべて10両編成になる。新宿駅に各駅停車で到着して、折返しの急行として運転、という運用ができるようになるため、この夏、あるいは来年春のダイヤ改正で変化があるかもしれない。

多摩急行 (廃止)

多摩線に快速急行、通勤急行を新設したため、交替する形で現行の多摩急行は廃止に。多摩急行は多摩線内から小田急線・千代田線に直通しており、JR常磐線に達するロングラン列車もあった。多摩急行の廃止にともない、千代田線への直通列車はなくなる。小田急電鉄によると、千代田線への直通利用者は多摩線内より複々線区間の各駅停車が停車する駅のほうが多いとのこと。

少なくとも多摩線から千代田線への利用者はいただろう。今後は快速急行や通勤急行で代々木上原まで乗り、千代田線の代々木上原駅始発列車に乗り換えることになりそう。もっとも、千代田線の始発列車に座れるなら、立ったままの直通より便利だといえそうだ。

利用者それぞれに異なる目的地がある以上、すべての人が等しく便利になるダイヤを作るのは至難の業だ。利用者の多いルートで速達性、直通性を高め、そのしわ寄せを受ける利用者には、乗換えを同じプラットホームで可能にしたり、各駅停車と速達列車の接続を工夫したりして対応している。小田急電鉄の複々線区間では、急行線と緩行線の対面乗換えができる駅、向ヶ丘遊園駅、成城学園前駅、経堂駅の使い方がポイントになる。

使いづらくて歯がゆいダイヤか、かゆいところに手が届くダイヤか。2018年3月のダイヤ改正以降、利用者はどう評価するだろう。

95/96

インデックス

連載目次
第96回 JR日田彦山線の復旧費用70億円 - 廃止か上下分離か
第95回 小田急電鉄の新ダイヤ、種別ごとに変更点をまとめると…
第94回 「JTB時刻表」入社2年目の担当者が描いた"新しい地図"の出来は?
第93回 JR発足30周年「JR7社共同企画 スペシャルツアー」10分で完売していた
第92回 北海道新幹線札幌駅に再び地下ホーム案、いつまで揉めるつもりか
第91回 2017年度グッドデザイン賞、鉄道ファン目線でピックアップ
第90回 JR四国2600系の空気バネ方式「断念」残念な結果ではない
第89回 「SLばんえつ物語」新潟駅乗入れ終了!? 在来線ホーム高架化で
第88回 モニターツアー23時間で完売 - 大きく育て! 北海道の観光列車
第87回 地方鉄道に朗報か - 新車購入を国が支援、2018年度予算で計上へ
第86回 阪急電鉄の伊丹空港連絡線構想は「勝算あり」実現性は高い?
第85回 中国高速鉄道、9月から350km/h運転再開へ - 安全策はどうなったか
第84回 JR四国が鉄道ネットワーク存続へ議論、路線維持で一致するも…
第83回 SL「大樹」も直面しうる「乗車したら機関車が見えない問題」とは?
第82回 黒字鉄道会社の被災路線復旧に光 - 国の補助へ法改正
第81回 引退間近のJR東日本107系は「サンドイッチ列車」…誰が言った?
第80回 秋田県の貨物線に旅客列車運行許可…ただし「乗船客」専用
第79回 伊豆急行「THE ROYAL EXPRESS」がJR横浜駅発着になった事情
第78回 JR八戸線に在来型気動車、新潟・秋田地区は電気式気動車 - その違いは?
第77回 小田急ロマンスカー「HiSE」相模大野に - 保存車の廃車解体の噂、真相は
第76回 ビール列車が今夏も盛況 - 注目は伊豆急行「レモンサワートレイン」
第75回 「瑞風」運行開始で"御三家"そろう - 鉄道旅行文化の成熟を示す
第74回 「SLやまぐち号」乗りに行くならこのルート - 東京から日帰りも可能
第73回 大阪市営地下鉄が民営化へ、中央線の夢洲延伸構想も前進?
第72回 別府市「湯~園地」実現へ、ラクテンチ"温泉ケーブルカー"本当にやるの!?
第71回 北陸新幹線と九州新幹線西九州ルートに動き、影響を与えたのは…
第70回 大井川鐵道、電気機関車E31形の塗色をアンケート - 妄想がはかどる!?
第69回 SL「大樹」加わり北関東のSL列車は4社に - 共存か差別化か
第68回 「旭川空港連絡鉄道」構想、北海道の鉄路活かす良案か
第67回 鉄道愛好団体が作った蒸気機関車、営業路線で最高速度160km/h達成
第66回 南阿蘇鉄道は復旧可能と国交省が発表 - 国と地域の宝として価値を示そう
第65回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活運転 - 廃線の町に新しい祭りができた
第64回 旧国鉄用地の売却完了へ - あの土地も鉄道用地だった
第63回 2階建て新幹線、終焉へ - E4系に引退報道
第62回 JR豊肥本線と南阿蘇鉄道、復旧に向けた取組みが始まる
第61回 電車初の重要文化財指定へ - ともに日本の電車時代幕開けの象徴だった
第60回 2017年3月ダイヤ改正、市販の時刻表に最も影響を与えた路線は?
第59回 観光列車の新段階「トワイライトエクスプレス瑞風」「HIGH RAIL 1375」
第58回 さようなら583系、鉄道旅行全盛期の象徴だった
第57回 葛飾区が南北鉄道路線の調査費を計上 - 東京の新路線構想に動き
第56回 減少続く車内販売、廃止発表より事業者公募を望みたい
第55回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活 - 廃線を観光に活用する組織設立へ
第54回 「リバティ」「SL大樹」運行、その先の観光列車も乗り継ぎたい
第53回 紀州鉄道「キハ603」廃車予定を地元商店街が救うか
第52回 阿佐海岸鉄道、DMV路線へ転換なるか - 甲浦駅も大改造
第51回 "初夢"に終わらせたくない「第2青函トンネル構想」
第50回 JR只見線災害不通区間、上下分離方式で鉄道復旧へ
第49回 2017年3月4日ダイヤ改正 - 全国紙・地方紙はどう報じたか
第48回 三井造船の鉄道ヤード用自動化コンテナクレーン、日本導入あるか
第47回 留萌本線留萌~増毛間廃止で「JR最短の本線」記録が更新された
第46回 ひたちなか海浜鉄道の気動車を御神体に!? 鉄道車両保存の新提案
第45回 北陸新幹線、大阪延伸どのルートに? 東北方面へ定期運行の可能性も
第44回 東京メトロ銀座線一部区間運休、鉄道ファンの関心は方向幕だった
第43回 JR九州上場、鉄道ファンの関心は株主優待制度とローカル線の行方
第42回 JRの赤字ローカル線に相次ぐ廃止報道 - 鉄道路線を看取る時代が来た
第41回 復活か解体か…命運分かれる蒸気機関車
第40回 京急線・京成線・都営浅草線…ダイヤ改正はなぜ秋に?
第39回 神戸電鉄粟生線、存続に黄信号 - 年間10億円の赤字
第38回 「鉄旅オブザイヤー」に一般部門創設、鉄旅プランを作って賞金5万円!
第37回 北海道鉄道網の危機 - 道も国も塩対応、交通政策の矛盾
第36回 福井鉄道「ヒゲ線」を環状線に…福井県が調査費を予算化
第35回 JR西日本、三江線廃止を表明 - 「地域に必要」だけでは生き残れない
第34回 リニア中央新幹線の開業繰上げへ - ブルトレ世代も新大阪開業に間に合う?
第33回 「鉄道」という言葉の名付け親に新説 - 日本最古の文献見つかる
第32回 小池都知事が取り組むべき鉄道改良計画はそれじゃない
第31回 JR北海道「鉄道維持困難」を表明 - もっと輸送密度が低い路線はどうなる?
第30回 『ポケモンGO』鉄道事業者にとって悩みか好機か
第29回 夏休みに向けて大型鉄道イベントが続々登場
第28回 JR可部線可部~あき亀山間1.6km、踏切問題を乗り越え復活
第27回 南阿蘇鉄道復旧へ前進 - JR九州上場、留萌~増毛間廃止日繰上げ
第26回 東海道・山陽新幹線「N700S」車両個別の形式名はどうなる?
第25回 只見線被災区間、三江線の存続問題に動き - タイムリミット近づく
第24回 大井川鐵道に来た14系客車は「ワイド周遊券」愛好家の常宿だった
第23回 青函トンネルより長い世界最長鉄道トンネル、スイスで開通
第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
第21回 JR夏の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第20回 私鉄各社の鉄道事業計画に垣間見える、鉄道趣味的な車両情報
第19回 南阿蘇鉄道復旧の見通し経たず - 義援金は「焼け石に水」ではない
第18回 留萌本線廃止届、285系気動車廃車、新幹線札幌駅問題…JR北海道の試練
第17回 ひたちなか海浜鉄道の延伸案固まる - 2024年度運行開始目標
第16回 熊本地震で被災、JR九州は「JR会社法」から離脱したばかり
第15回 2030年の東京圏鉄道計画、交通政策審議会が認めた24路線
第14回 手回り品ルール改正 - 列車に持ち込める・持ち込めないものは?
第13回 北海道新幹線開業! 日本縦断、東京・札幌日帰り…鉄道ファンの楽しみ方
第12回 西武鉄道と京王電鉄、それぞれの新型車両が示す世相
第11回 常磐線の全線開通は2020年3月に - 幻の特急計画はどうなる?
第10回 養老鉄道、青い森鉄道、日高本線 - 赤字路線の存続へ向けた動き
第9回 九州新幹線(西九州ルート)に「リレー方式」案、それってどうなの?
第8回 若者よ! お得な「若者限定四国フリーきっぷ」「ガチきっぷ」で旅立とう
第7回 西武安比奈線、正式に廃止へ - 休止路線は都内にもあった
第6回 北海道新幹線に接続するバス路線新設で「乗り鉄」が歓喜する理由
第5回 北海道新幹線、最高速度210km制限でも東北新幹線ダイヤに影響なし?
第4回 JR春の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第3回 さようなら熊本電鉄「青ガエル」、東急東横線のエースだった
第2回 北海道新幹線に最も安く乗れるきっぷはどれ?
第1回 140円きっぷで1035.4km「大回り乗車」決行する"猛者"現る

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事