【連載】

鉄道ニュース週報

90 JR四国2600系の空気バネ方式「断念」残念な結果ではない

90/92

JR四国は9月25日、「新型特急気動車2600系の営業運転開始」に関する報道資料を公開した。2600系は12月2日から高松~徳島間の特急「うずしお」3往復に投入される。この報道資料では、車体傾斜システムに空気バネ方式を採用した2600系に関して、土讃線での運用に課題があるため、今後の車両新製は2600系をベースに実績のある振子方式の車体傾斜システムを採用すると付記している。

JR四国の新型特急形気動車2600系(2017年2月の報道公開で撮影)

この報道資料をもとに、大手新聞などは「新型ディーゼル特急、量産断念」という論調で報じている。それは決して間違っていないけれども、だからといって今後のJR四国の特急車両が旧式に後退するという印象を持たれてしまったら、それは誤解。残念なことだ。空気バネ方式による車体傾斜はたしかに新しい。しかし従来の振子方式が古くて性能が劣るわけではない。性能面ではむしろ振子方式のほうが優秀ともいえる。

2600系が空気バネ方式による車体傾斜システムを採用した理由は、走行時の性能が良いからというより、メンテナンスコストを下げられるから。車体傾斜性能としては、従来の制御付自然振子式のほうが高い。空気バネ方式の最大傾斜角度は2度、JR四国の既存の特急形気動車2000系の制御付自然振子式の最大傾斜角度は5度。角度が大きいほど、曲線区間の通過速度は高くなる。

保守費用も含めて性能だといってしまえば、たしかに空気バネ方式は新しいし優れている。しかし特急列車の商品力という面では、やはり速度を重視したい。そうなると速度を出せるほうが良い。保守コストはかかるけれど、従来の振子方式を選んだJR四国の決断は悪くない。むしろ良い。では2600系は無駄かというと、そうでもない。いまのところJR四国に4両しかない車両。鉄道ファンにとっては価値ある希少車だ。乗ってみたい。

車体傾斜システムは何のためにある?

車体傾斜システムについては、一般報道だけでは誤解されやすい部分もある。それは「車体傾斜システムの搭載により、曲線通過速度が速くなる」だ。間違ってはいないけれど、正解ともいえない。車体傾斜システムがなくても、列車は曲線区間で速く走れる。曲線区間の最高速度は車体傾斜ではなく、線路の傾斜で決まる。道路やサーキットでいう「バンク角」で、線路の場合は「カント」という。左右のレールの高低差で車体を傾ける。

しかし、カントの限界速度で列車を走らせることはない。旅客列車では乗り心地が悪くなる。クルマで交差点をクイッと曲がると、体がカーブの外側に押しつけられる。これが遠心力で、スリルがあって楽しいかもしれない。しかし特急列車にスリルはいらない。貨物列車だと遠心力で荷崩れが起き、輸送品質の低下につながりかねない。

国鉄時代、車両が曲線区間を走る限界速度は物理的な性能ではなく「乗客にかかる遠心力は0.08Gまでとする」と定められていた。ただし、これも特別な場合で、実際には0.04G程度に収まるような速度でダイヤを設定していたという。

遠心力を抑えるためには速度を下げればいい。しかし、逆に、遠心力を解決すれば、速度を下げず、むしろ上げられる。そのためには、なるべく大きな角度で車体を傾けたい。振子方式のほうが空気バネ方式より車体が傾き、曲線の通過速度を上げられる。「従来の振子方式を使用」という報道のされ方だと、旧態依然に見えてしまうけれども、JR四国の振子方式は非常に優秀な技術なのだ。

予讃線の特急「宇和海」として運行される2000系の試作車TSE

そもそも振子方式は電車向けに開発された。電車のモーターは車体に対して横置きで、回転が進行方向と同じだった。一方、ディーゼルエンジンは車体に対して縦置きで、回転方向は進行方向に対して右回りまたは左回りとなる。そのためエンジン回転方向に傾きやすく、エンジンの回転に対して反対に傾くときは、回転する力を打ち消す力が必要になる。要するに左右の傾きのバランスが悪い。気動車では振子方式は難しいとされていた。

JR四国とJRグループの鉄道総合技術研究所は、この問題をどう解決したか。車両にエンジンを2台搭載し、それぞれの回転方向を逆にして、車体にかかる横方向の振動を相殺した。振子機構の左右の偏差をなくし、制御しやすくした。これが試作車のTSE(Trans Shikoku Experimental)であり、後の特急形気動車2000系。世界初という制御付自然振子式の特急形気動車である。JR北海道が振子方式の特急形気動車を開発したときも、JR四国の協力を得て、雪害対策を施したシステムを開発した。

JR四国は経営環境が厳しいながらも、チャレンジ精神が旺盛な会社だと思う。フリーゲージトレインの走行試験にも早期から参加していた。そんなJR四国にとって、制御付自然振子式の特急形気動車は自慢の技術といえる。ではなぜ、革新的かつ安定した既存の技術を使わず、空気バネ方式を選択したか。そこがJR四国の懐事情の寂しさだろう。

新規車両の購入については、安全面の強化という趣旨で国から補助を得られる。しかし日々のメンテナンス費用に対して、独立した補助制度がない。車両購入費が高くても、メンテナンス費用を低くしたほうが自社負担の合計費用を下げられる。

そこまで考えて選択した空気バネ方式を継続しない理由は何か。これは報道資料にある通り、「連続する曲線が多い土讃線において、2600系は空気バネの制御に多くの空気を消費するため、空気容量の確保に課題がある」ということだろう。車体傾斜のために、台車の片側の空気バネに空気を入れて持ち上げる。元に戻すために空気を抜く。また空気を入れて持ち上げる。また抜く。2600系はそれを見越して、高性能な空気圧縮機を採用し、空気タンクも大容量にした。それでも試験の結果、十分ではなかった。

JR四国が新型車両で採用した空気バネ方式を諦めた。そう考えると残念な結果に見える。しかし、既存の優れた技術を維持し、改良して使用する。よりスピードアップにつながるとすれば、決して残念な結果などではなく、良いことだと前向きに考えたい。

蛇足だけど、さらにJR四国と国が将来を見通すならば、JR北海道が開発し、断念したハイブリッド傾斜システムを実用化してほしい。6度の振子機構と2度の空気バネを両方搭載し、8度の車体傾斜を行う。線路の強化も必要だけど、曲線区間の速度はもっと上がる。これはJR四国だけでなく、海外の鉄道路線改良、高速化にも使える技術になる。

ハイブリッド傾斜システムがあれば、新幹線を建設するほどの予算がない国にも、鉄道の高速化技術を売り込める。実験台といってしまえば失礼かもしれない。しかし、世界に技術を売り込むため、JR四国で安全運行を実証する。そういう大きな視野を持ち、戦略的にJR四国を支援するという考え方もあるはずだ。

90/92

インデックス

連載目次
第92回 北海道新幹線札幌駅に再び地下ホーム案、いつまで揉めるつもりか
第91回 2017年度グッドデザイン賞、鉄道ファン目線でピックアップ
第90回 JR四国2600系の空気バネ方式「断念」残念な結果ではない
第89回 「SLばんえつ物語」新潟駅乗入れ終了!? 在来線ホーム高架化で
第88回 モニターツアー23時間で完売 - 大きく育て! 北海道の観光列車
第87回 地方鉄道に朗報か - 新車購入を国が支援、2018年度予算で計上へ
第86回 阪急電鉄の伊丹空港連絡線構想は「勝算あり」実現性は高い?
第85回 中国高速鉄道、9月から350km/h運転再開へ - 安全策はどうなったか
第84回 JR四国が鉄道ネットワーク存続へ議論、路線維持で一致するも…
第83回 SL「大樹」も直面しうる「乗車したら機関車が見えない問題」とは?
第82回 黒字鉄道会社の被災路線復旧に光 - 国の補助へ法改正
第81回 引退間近のJR東日本107系は「サンドイッチ列車」…誰が言った?
第80回 秋田県の貨物線に旅客列車運行許可…ただし「乗船客」専用
第79回 伊豆急行「THE ROYAL EXPRESS」がJR横浜駅発着になった事情
第78回 JR八戸線に在来型気動車、新潟・秋田地区は電気式気動車 - その違いは?
第77回 小田急ロマンスカー「HiSE」相模大野に - 保存車の廃車解体の噂、真相は
第76回 ビール列車が今夏も盛況 - 注目は伊豆急行「レモンサワートレイン」
第75回 「瑞風」運行開始で"御三家"そろう - 鉄道旅行文化の成熟を示す
第74回 「SLやまぐち号」乗りに行くならこのルート - 東京から日帰りも可能
第73回 大阪市営地下鉄が民営化へ、中央線の夢洲延伸構想も前進?
第72回 別府市「湯~園地」実現へ、ラクテンチ"温泉ケーブルカー"本当にやるの!?
第71回 北陸新幹線と九州新幹線西九州ルートに動き、影響を与えたのは…
第70回 大井川鐵道、電気機関車E31形の塗色をアンケート - 妄想がはかどる!?
第69回 SL「大樹」加わり北関東のSL列車は4社に - 共存か差別化か
第68回 「旭川空港連絡鉄道」構想、北海道の鉄路活かす良案か
第67回 鉄道愛好団体が作った蒸気機関車、営業路線で最高速度160km/h達成
第66回 南阿蘇鉄道は復旧可能と国交省が発表 - 国と地域の宝として価値を示そう
第65回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活運転 - 廃線の町に新しい祭りができた
第64回 旧国鉄用地の売却完了へ - あの土地も鉄道用地だった
第63回 2階建て新幹線、終焉へ - E4系に引退報道
第62回 JR豊肥本線と南阿蘇鉄道、復旧に向けた取組みが始まる
第61回 電車初の重要文化財指定へ - ともに日本の電車時代幕開けの象徴だった
第60回 2017年3月ダイヤ改正、市販の時刻表に最も影響を与えた路線は?
第59回 観光列車の新段階「トワイライトエクスプレス瑞風」「HIGH RAIL 1375」
第58回 さようなら583系、鉄道旅行全盛期の象徴だった
第57回 葛飾区が南北鉄道路線の調査費を計上 - 東京の新路線構想に動き
第56回 減少続く車内販売、廃止発表より事業者公募を望みたい
第55回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活 - 廃線を観光に活用する組織設立へ
第54回 「リバティ」「SL大樹」運行、その先の観光列車も乗り継ぎたい
第53回 紀州鉄道「キハ603」廃車予定を地元商店街が救うか
第52回 阿佐海岸鉄道、DMV路線へ転換なるか - 甲浦駅も大改造
第51回 "初夢"に終わらせたくない「第2青函トンネル構想」
第50回 JR只見線災害不通区間、上下分離方式で鉄道復旧へ
第49回 2017年3月4日ダイヤ改正 - 全国紙・地方紙はどう報じたか
第48回 三井造船の鉄道ヤード用自動化コンテナクレーン、日本導入あるか
第47回 留萌本線留萌~増毛間廃止で「JR最短の本線」記録が更新された
第46回 ひたちなか海浜鉄道の気動車を御神体に!? 鉄道車両保存の新提案
第45回 北陸新幹線、大阪延伸どのルートに? 東北方面へ定期運行の可能性も
第44回 東京メトロ銀座線一部区間運休、鉄道ファンの関心は方向幕だった
第43回 JR九州上場、鉄道ファンの関心は株主優待制度とローカル線の行方
第42回 JRの赤字ローカル線に相次ぐ廃止報道 - 鉄道路線を看取る時代が来た
第41回 復活か解体か…命運分かれる蒸気機関車
第40回 京急線・京成線・都営浅草線…ダイヤ改正はなぜ秋に?
第39回 神戸電鉄粟生線、存続に黄信号 - 年間10億円の赤字
第38回 「鉄旅オブザイヤー」に一般部門創設、鉄旅プランを作って賞金5万円!
第37回 北海道鉄道網の危機 - 道も国も塩対応、交通政策の矛盾
第36回 福井鉄道「ヒゲ線」を環状線に…福井県が調査費を予算化
第35回 JR西日本、三江線廃止を表明 - 「地域に必要」だけでは生き残れない
第34回 リニア中央新幹線の開業繰上げへ - ブルトレ世代も新大阪開業に間に合う?
第33回 「鉄道」という言葉の名付け親に新説 - 日本最古の文献見つかる
第32回 小池都知事が取り組むべき鉄道改良計画はそれじゃない
第31回 JR北海道「鉄道維持困難」を表明 - もっと輸送密度が低い路線はどうなる?
第30回 『ポケモンGO』鉄道事業者にとって悩みか好機か
第29回 夏休みに向けて大型鉄道イベントが続々登場
第28回 JR可部線可部~あき亀山間1.6km、踏切問題を乗り越え復活
第27回 南阿蘇鉄道復旧へ前進 - JR九州上場、留萌~増毛間廃止日繰上げ
第26回 東海道・山陽新幹線「N700S」車両個別の形式名はどうなる?
第25回 只見線被災区間、三江線の存続問題に動き - タイムリミット近づく
第24回 大井川鐵道に来た14系客車は「ワイド周遊券」愛好家の常宿だった
第23回 青函トンネルより長い世界最長鉄道トンネル、スイスで開通
第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
第21回 JR夏の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第20回 私鉄各社の鉄道事業計画に垣間見える、鉄道趣味的な車両情報
第19回 南阿蘇鉄道復旧の見通し経たず - 義援金は「焼け石に水」ではない
第18回 留萌本線廃止届、285系気動車廃車、新幹線札幌駅問題…JR北海道の試練
第17回 ひたちなか海浜鉄道の延伸案固まる - 2024年度運行開始目標
第16回 熊本地震で被災、JR九州は「JR会社法」から離脱したばかり
第15回 2030年の東京圏鉄道計画、交通政策審議会が認めた24路線
第14回 手回り品ルール改正 - 列車に持ち込める・持ち込めないものは?
第13回 北海道新幹線開業! 日本縦断、東京・札幌日帰り…鉄道ファンの楽しみ方
第12回 西武鉄道と京王電鉄、それぞれの新型車両が示す世相
第11回 常磐線の全線開通は2020年3月に - 幻の特急計画はどうなる?
第10回 養老鉄道、青い森鉄道、日高本線 - 赤字路線の存続へ向けた動き
第9回 九州新幹線(西九州ルート)に「リレー方式」案、それってどうなの?
第8回 若者よ! お得な「若者限定四国フリーきっぷ」「ガチきっぷ」で旅立とう
第7回 西武安比奈線、正式に廃止へ - 休止路線は都内にもあった
第6回 北海道新幹線に接続するバス路線新設で「乗り鉄」が歓喜する理由
第5回 北海道新幹線、最高速度210km制限でも東北新幹線ダイヤに影響なし?
第4回 JR春の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第3回 さようなら熊本電鉄「青ガエル」、東急東横線のエースだった
第2回 北海道新幹線に最も安く乗れるきっぷはどれ?
第1回 140円きっぷで1035.4km「大回り乗車」決行する"猛者"現る

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事