【連載】

鉄道ニュース週報

78 JR八戸線に在来型気動車、新潟・秋田地区は電気式気動車 - その違いは?

78/80

JR東日本が八戸線に在来型気動車キハE130系500番台を導入し、新潟・秋田地区に電気式気動車GV-E400系を導入すると発表した。なぜすべて新型の電気式気動車にしないのだろう。その背景を探ると、JR東日本の非電化路線向け車両の方向性が見えてくる。

JR東日本のおもな非電化区間の車両分布図(白地図専門店の日本地図を加工)

JR東日本の電気式気動車については、2015年5月に導入予定が発表されていた。予定時期は新潟地区で2017~2019年度、秋田地区で2020年度だった。この発表から1カ月後、JR北海道も電気式気動車の採用を発表した。仕様はJR東日本が導入する予定の車両とほぼ同じ。2017年度中に試作車2両を製造し、2019年から量産車を投入する計画となっている。今月12日、車両形式をH100形、愛称名「DECMO(デクモ)」とすることが発表された。

当時、JR東日本は導入にあたって公募調達を実施すると告知した。公募調達とは、従来のように鉄道事業者が車両メーカーに声をかけ、車両メーカーが営業して販売するというような随意契約ではなく、公募によって部品メーカー・車両メーカーを選定する方式だ。

JR東日本は関連会社に総合車両製作所がある。順当なら総合車両製作所が製造を引き受けるところだろう。しかし、調達情報を公開することで、希望するメーカーすべてにチャンスが生まれる。国内にとどまらず、海外メーカーも参入できる。JR東日本にとっては、購入価格の引下げ、グループ内にはない新技術採用の可能性、同時に調達できる車両数の増大などのメリットがあると思われる。

今月4日にJR東日本が気動車の車両新造計画を発表したことは、公募調達手続きが終わり、車両の仕様が決定したという意味も持つ。GV-E400系の導入時期に関して、報道資料には「量産先行車3両については、2018年初に落成」とあるから、2017年度末とも言い換えられる。「量産車については、新潟地区に2019年度までに、秋田地区は2020年度に投入」とあるので、2年前に発表したスケジュールが順調に推移しているとみられる。

一方、八戸線には今年度中に在来型気動車を導入することが発表された。形式はキハE130系500番台で、水郡線や久留里線に投入された気動車とほぼ同じ。来月から試験走行を開始し、今年度中に営業運転を開始する。八戸線用の気動車も公募調達を実施しており、告知は新潟・秋田地区の電気式気動車より半年ほど早い2014年11月だった。

今回の発表で、なぜ八戸線は既存方式(液体式)の気動車で、新潟・秋田地区は電気式気動車になったのだろう。また、JR東日本は小海線などでハイブリッド方式の気動車も運行している。烏山線・男鹿線では蓄電池電車も採用した。非電化区間向けにいたずらに車両形式、駆動方式を増やしてしまえば、むしろ非効率ともいえる。規模の大きいJR東日本にとって、単一形式の車両を大量に作ったほうがコストメリットになるのではないか。

八戸線に既存方式の気動車が導入される理由は2つありそうだ。ひとつは既存のキハ40系の老朽化が顕著で、新方式の気動車の導入を待てないという事情。新潟・秋田地区にもキハ40系はあるけれど、更新工事によって冷房が搭載されるなど延命の余地がある。新潟地区の場合はJR東日本になってから製造されたキハ110系のほうが多い。ただし、キハ110系も1990年代の製造で、20年を経過した車両ばかりだ。

つまり、八戸線向けのキハE130系500番台はキハ40系を早急に置き換えるために導入され、新潟・秋田地区向けのGV-E400系は将来的にキハ100・110系を置き換えるために導入されるとみることができる。GV-E400系の導入で、まずはキハ40系を淘汰する。キハ40系を使っていた区間にはキハ100・110系を充当してつなぎ、やがてすべて新型車両になる。

八戸線に在来型気動車を選定した理由の2つ目は公募調達だろう。初めて公募調達を実施する上で、既存車両であるキハE130系のほうがコスト比較面でも都合が良かったかもしれない。また、ハイブリッド機構は構造が複雑で、JR東日本でも採用例が少ない。わずか半年の時間差ではあったけれど、電気式気動車は開発の途上であった。これが八戸線に在来型気動車を導入する理由ではないかとも考えられる。

新潟・秋田地区に導入されるGV-E400系について、報道資料にはJR東日本にとって初の電気式気動車とある。駆動方式の図を見ると、先に小海線などで導入されたハイブリッド方式から、蓄電池を省略しただけの構造に見える。

ハイブリッド方式気動車と電気式気動車の共通点は、どちらエンジンで発電し、その電力でモーターを動かすというしくみにある。違いは走行用バッテリーの有無だ。電気式気動車はバッテリーを持たないため、走行に必要な電力に合わせてエンジンを回転させる。発進時は高回転になり、低速走行時は低回転になる。ハイブリッド方式よりエネルギーのロスは大きい。しかし、エンジンからの電力で電車用の高出力モーターを使用できるため、既存の気動車に比べればロスは小さい。そしてなにより、ハイブリッド方式よりも機構が簡略化でき、製造コストが低い。

JR東日本は普通列車用のハイブリッド車両として、小海線向けにキハE200形を3両投入した。その後、仙石東北ライン向けにHB-E210系(2両編成8本)などを導入している。これに対し、電気式気動車GV-E400系は今後、計63両を製造する計画となっている。2015年の報道資料の末尾では、「弊社では今後、約150~250両(新潟・秋田地区の63両を含む)の新型電気式気動車を新造し、既存気動車を置換える予定」とあった。

ハイブリッド方式のメリットはバッテリーがあればこそ。しかし、バッテリーは高価なので製造コストが跳ね上がる。また、バッテリー自体が重いため、発進時や登坂時に余分なエネルギーが必要となる。普通列車用に大量生産する車両には向かないともいえる。JR東日本は非電化区間の今後の動力について、ハイブリッドではなく電気式気動車に見定めたといえるかもしれない。

78/80

インデックス

連載目次
第80回 秋田県の貨物線に旅客列車運行許可…ただし「乗船客」専用
第79回 伊豆急行「THE ROYAL EXPRESS」がJR横浜駅発着になった事情
第78回 JR八戸線に在来型気動車、新潟・秋田地区は電気式気動車 - その違いは?
第77回 小田急ロマンスカー「HiSE」相模大野に - 保存車の廃車解体の噂、真相は
第76回 ビール列車が今夏も盛況 - 注目は伊豆急行「レモンサワートレイン」
第75回 「瑞風」運行開始で"御三家"そろう - 鉄道旅行文化の成熟を示す
第74回 「SLやまぐち号」乗りに行くならこのルート - 東京から日帰りも可能
第73回 大阪市営地下鉄が民営化へ、中央線の夢洲延伸構想も前進?
第72回 別府市「湯~園地」実現へ、ラクテンチ"温泉ケーブルカー"本当にやるの!?
第71回 北陸新幹線と九州新幹線西九州ルートに動き、影響を与えたのは…
第70回 大井川鐵道、電気機関車E31形の塗色をアンケート - 妄想がはかどる!?
第69回 SL「大樹」加わり北関東のSL列車は4社に - 共存か差別化か
第68回 「旭川空港連絡鉄道」構想、北海道の鉄路活かす良案か
第67回 鉄道愛好団体が作った蒸気機関車、営業路線で最高速度160km/h達成
第66回 南阿蘇鉄道は復旧可能と国交省が発表 - 国と地域の宝として価値を示そう
第65回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活運転 - 廃線の町に新しい祭りができた
第64回 旧国鉄用地の売却完了へ - あの土地も鉄道用地だった
第63回 2階建て新幹線、終焉へ - E4系に引退報道
第62回 JR豊肥本線と南阿蘇鉄道、復旧に向けた取組みが始まる
第61回 電車初の重要文化財指定へ - ともに日本の電車時代幕開けの象徴だった
第60回 2017年3月ダイヤ改正、市販の時刻表に最も影響を与えた路線は?
第59回 観光列車の新段階「トワイライトエクスプレス瑞風」「HIGH RAIL 1375」
第58回 さようなら583系、鉄道旅行全盛期の象徴だった
第57回 葛飾区が南北鉄道路線の調査費を計上 - 東京の新路線構想に動き
第56回 減少続く車内販売、廃止発表より事業者公募を望みたい
第55回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活 - 廃線を観光に活用する組織設立へ
第54回 「リバティ」「SL大樹」運行、その先の観光列車も乗り継ぎたい
第53回 紀州鉄道「キハ603」廃車予定を地元商店街が救うか
第52回 阿佐海岸鉄道、DMV路線へ転換なるか - 甲浦駅も大改造
第51回 "初夢"に終わらせたくない「第2青函トンネル構想」
第50回 JR只見線災害不通区間、上下分離方式で鉄道復旧へ
第49回 2017年3月4日ダイヤ改正 - 全国紙・地方紙はどう報じたか
第48回 三井造船の鉄道ヤード用自動化コンテナクレーン、日本導入あるか
第47回 留萌本線留萌~増毛間廃止で「JR最短の本線」記録が更新された
第46回 ひたちなか海浜鉄道の気動車を御神体に!? 鉄道車両保存の新提案
第45回 北陸新幹線、大阪延伸どのルートに? 東北方面へ定期運行の可能性も
第44回 東京メトロ銀座線一部区間運休、鉄道ファンの関心は方向幕だった
第43回 JR九州上場、鉄道ファンの関心は株主優待制度とローカル線の行方
第42回 JRの赤字ローカル線に相次ぐ廃止報道 - 鉄道路線を看取る時代が来た
第41回 復活か解体か…命運分かれる蒸気機関車
第40回 京急線・京成線・都営浅草線…ダイヤ改正はなぜ秋に?
第39回 神戸電鉄粟生線、存続に黄信号 - 年間10億円の赤字
第38回 「鉄旅オブザイヤー」に一般部門創設、鉄旅プランを作って賞金5万円!
第37回 北海道鉄道網の危機 - 道も国も塩対応、交通政策の矛盾
第36回 福井鉄道「ヒゲ線」を環状線に…福井県が調査費を予算化
第35回 JR西日本、三江線廃止を表明 - 「地域に必要」だけでは生き残れない
第34回 リニア中央新幹線の開業繰上げへ - ブルトレ世代も新大阪開業に間に合う?
第33回 「鉄道」という言葉の名付け親に新説 - 日本最古の文献見つかる
第32回 小池都知事が取り組むべき鉄道改良計画はそれじゃない
第31回 JR北海道「鉄道維持困難」を表明 - もっと輸送密度が低い路線はどうなる?
第30回 『ポケモンGO』鉄道事業者にとって悩みか好機か
第29回 夏休みに向けて大型鉄道イベントが続々登場
第28回 JR可部線可部~あき亀山間1.6km、踏切問題を乗り越え復活
第27回 南阿蘇鉄道復旧へ前進 - JR九州上場、留萌~増毛間廃止日繰上げ
第26回 東海道・山陽新幹線「N700S」車両個別の形式名はどうなる?
第25回 只見線被災区間、三江線の存続問題に動き - タイムリミット近づく
第24回 大井川鐵道に来た14系客車は「ワイド周遊券」愛好家の常宿だった
第23回 青函トンネルより長い世界最長鉄道トンネル、スイスで開通
第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
第21回 JR夏の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第20回 私鉄各社の鉄道事業計画に垣間見える、鉄道趣味的な車両情報
第19回 南阿蘇鉄道復旧の見通し経たず - 義援金は「焼け石に水」ではない
第18回 留萌本線廃止届、285系気動車廃車、新幹線札幌駅問題…JR北海道の試練
第17回 ひたちなか海浜鉄道の延伸案固まる - 2024年度運行開始目標
第16回 熊本地震で被災、JR九州は「JR会社法」から離脱したばかり
第15回 2030年の東京圏鉄道計画、交通政策審議会が認めた24路線
第14回 手回り品ルール改正 - 列車に持ち込める・持ち込めないものは?
第13回 北海道新幹線開業! 日本縦断、東京・札幌日帰り…鉄道ファンの楽しみ方
第12回 西武鉄道と京王電鉄、それぞれの新型車両が示す世相
第11回 常磐線の全線開通は2020年3月に - 幻の特急計画はどうなる?
第10回 養老鉄道、青い森鉄道、日高本線 - 赤字路線の存続へ向けた動き
第9回 九州新幹線(西九州ルート)に「リレー方式」案、それってどうなの?
第8回 若者よ! お得な「若者限定四国フリーきっぷ」「ガチきっぷ」で旅立とう
第7回 西武安比奈線、正式に廃止へ - 休止路線は都内にもあった
第6回 北海道新幹線に接続するバス路線新設で「乗り鉄」が歓喜する理由
第5回 北海道新幹線、最高速度210km制限でも東北新幹線ダイヤに影響なし?
第4回 JR春の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第3回 さようなら熊本電鉄「青ガエル」、東急東横線のエースだった
第2回 北海道新幹線に最も安く乗れるきっぷはどれ?
第1回 140円きっぷで1035.4km「大回り乗車」決行する"猛者"現る

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事