【連載】

鉄道ニュース週報

64 旧国鉄用地の売却完了へ - あの土地も鉄道用地だった

64/83

4月1日にJRグループは会社発足30周年を迎えた。つまり、全国組織の国鉄(日本国有鉄道)が地域分割、民営化されて30年となる。報道関係では本州3社とJR九州の好調、JR北海道とJR四国の危機感を対比し、国鉄分割民営化の功罪に関する論調が多かった。

その中でも興味深い記事は、読売新聞が4月2日に報じた「鉄道・運輸機構の旧国鉄用地の売却完了」だった。30年かけて、ようやく残務処理のひとつが終わる。しかし、なぜ30年もかかったのか。そもそもなぜ、旧国鉄用地を売却しなくてはいけなかったか。

(写真左から)1992年の汐留貨物駅跡2009年の汐留シオサイト(出典 : 国土地理院ウェブサイトよりキリヌキ)

国鉄が分割民営化へと至ったおもな理由に「国の鉄道政策によって累積した債務の解消」と「企業統治の健全化」の2つが挙げられる。民営化すれば国の干渉なしで経営判断できるようになるし、地域で分割すれば各地域の事情に根ざした経営に専念することもできる。当時、問題視されていた国鉄職員のモラル低下にも対処できる。

国鉄は公共企業体のひとつで、運賃の改定や路線の建設、廃止などの重要事項は政府が決定し、国会の承認を得る必要があった。当時、新幹線や大都市の鉄道整備など必要な投資が増えた上に、赤字ローカル線も抱えていた。その一方で、運賃値上げは「インフレを招く」として抑制されてきた。

その結果、1983(昭和58)年度の決算損失が1兆6,604億円となった。幹線の利益は388億円あったけれども、借金の利子負担だけで8,366億円もあった。累積赤字は10兆6,266億円になっていた。長期債務は19兆9,833億円となった。

1987年4月からのJRの経営を健全な形で始めるために、国はJRを国鉄の承継会社ではなく新会社とした。国鉄そのものは存続させて、債務を保持したまま組織変更し、日本国有鉄道清算事業団となった。国鉄の分割民営化によって確定した債務は約37兆円。ここからJR本州3社の引受け分、新幹線保有機構(後に解散)の引受け分を差し引き、国鉄清算事業団は約25.5兆円を継承した。

国鉄清算事業団は営利事業を実施せず、ひたすら債務を減らすための組織となった。その役割のひとつが国鉄の遊休地の売却だった。貨物列車が専用貨車からコンテナに移行したため、貨車を仕分ける操車場の土地が余っていた。鉄道貨物自体も減っており、都市部の駅などで使われていない線路もあった。人員削減によって社宅も不要になった。

国鉄清算事業団は遊休地を好条件で売却し、債務返済に充てるつもりだった。計画では、10年間で終了し、7兆7000億円を換金する予定とされていた。しかし売却は難航した。当時はバブル景気で土地が値上がりしており、実際の2倍の価値があったとの説もある。それを売れば大幅に債務を減らせたが、結果的に30年かかり、売却益は現時点で7兆3885億円だという。ほぼ見込み通りとはいえ、もったいない事態になってしまった。

売却に時間がかかった理由のひとつに、国が「全国的な地価高騰に拍車がかかる」と売却を制限したことも挙げられる。バブル経済がはじけると景気は低迷し、こんどは土地が売れなくなった。有望な土地は当初の予定より安く売らざるをえず、売れ残りも多数。そのため利子がかさみ、発足から約10年で長期債務は逆に増えて約28兆円になった。

1998年に国鉄清算事業団は解散し、債務の処理は鉄道建設公団が引き継いだ。国は約24兆円を一般会計に組み込み、郵便貯金の利益、タバコ特別税、国債で処理した。鉄道建設公団は約4兆円を引き受け、土地の処分にあたった。2003年に鉄道建設公団は鉄道・運輸機構に組み込まれ、今日に至る。

さて、売却された土地はいま、どうなっているだろう。

売却された国鉄用地の中で、よく知られている場所のひとつが汐留貨物駅跡地だ。現在は汐留シオサイトとして高層ビル群が並ぶ。電通、日本テレビ、ソフトバンク、全日空、富士通などの本社や高層ホテルがある。新宿高島屋があるタカシマヤタイムズスクエアも新宿貨物駅跡地に建てられた。その他、さいたま新都心や横浜みなとみらい地区の一部、名古屋駅南側のささしまライブ24地区も元貨物駅だった。

国鉄の駅付近にあった土地の多くは地元自治体に売り渡され、再開発用地となった。民間の買い手がつかなかったり、先に再開発の要望が伝えられたりしたためだという。実際には競売にかけられ、民間に高く売られた土地は少なかった。また、大型旅客駅付近のめぼしい土地はJRが保有したままという事例もあった。

最後まで残り、今年度中に売却される土地は2カ所。ひとつは大阪駅北側の梅田貨物駅跡地だ。ここは貨物駅機能の移転問題が長らく解決しなかった。2006年に吹田への移転が決定し、現在は再開発計画が進む。JR西日本の北梅田駅(仮称)になにわ筋線が接続する予定と報じられたことで話題となっている。

(写真左から)2007年の梅田貨物駅2015年のあすと長町地区(出典 : 国土地理院ウェブサイトよりキリヌキ。右写真は加工あり)

もうひとつは仙台市の長町にある。長町副都心として再開発が行われている場所の一角で、周辺のあすと長町地区は旧貨物駅と機関区があったところ。東北本線太子堂~長町間のちょうど真ん中にあたる部分が売れ残っていた。

鉄道・運輸機構の公式サイトによれば、他に13カ所のトンネルを譲渡可能だという。湿度が高く温度が安定しているため、「ワイン貯蔵庫」「きのこ栽培」「味噌・酒・醤油の貯蔵や熟成」などに使えるらしい。トンネルは開発のしようがないため、これは"用地"として数えていないようだ。

トンネルはそのまま鉄道遺構だし、旧国鉄用地も新橋停車場や横浜みなとみらい地区の汽車道のように、鉄道時代を記念する建物やオブジェに生まれ変わる場合がある。国鉄用地に建ったビルは線路際だから、トレインビュースポットになっている可能性もある。訪ねてみると、なにか発見があるかもしれない。

64/83

インデックス

連載目次
第83回 SL「大樹」も直面しうる「乗車したら機関車が見えない問題」とは?
第82回 黒字鉄道会社の被災路線復旧に光 - 国の補助へ法改正
第81回 引退間近のJR東日本107系は「サンドイッチ列車」…誰が言った?
第80回 秋田県の貨物線に旅客列車運行許可…ただし「乗船客」専用
第79回 伊豆急行「THE ROYAL EXPRESS」がJR横浜駅発着になった事情
第78回 JR八戸線に在来型気動車、新潟・秋田地区は電気式気動車 - その違いは?
第77回 小田急ロマンスカー「HiSE」相模大野に - 保存車の廃車解体の噂、真相は
第76回 ビール列車が今夏も盛況 - 注目は伊豆急行「レモンサワートレイン」
第75回 「瑞風」運行開始で"御三家"そろう - 鉄道旅行文化の成熟を示す
第74回 「SLやまぐち号」乗りに行くならこのルート - 東京から日帰りも可能
第73回 大阪市営地下鉄が民営化へ、中央線の夢洲延伸構想も前進?
第72回 別府市「湯~園地」実現へ、ラクテンチ"温泉ケーブルカー"本当にやるの!?
第71回 北陸新幹線と九州新幹線西九州ルートに動き、影響を与えたのは…
第70回 大井川鐵道、電気機関車E31形の塗色をアンケート - 妄想がはかどる!?
第69回 SL「大樹」加わり北関東のSL列車は4社に - 共存か差別化か
第68回 「旭川空港連絡鉄道」構想、北海道の鉄路活かす良案か
第67回 鉄道愛好団体が作った蒸気機関車、営業路線で最高速度160km/h達成
第66回 南阿蘇鉄道は復旧可能と国交省が発表 - 国と地域の宝として価値を示そう
第65回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活運転 - 廃線の町に新しい祭りができた
第64回 旧国鉄用地の売却完了へ - あの土地も鉄道用地だった
第63回 2階建て新幹線、終焉へ - E4系に引退報道
第62回 JR豊肥本線と南阿蘇鉄道、復旧に向けた取組みが始まる
第61回 電車初の重要文化財指定へ - ともに日本の電車時代幕開けの象徴だった
第60回 2017年3月ダイヤ改正、市販の時刻表に最も影響を与えた路線は?
第59回 観光列車の新段階「トワイライトエクスプレス瑞風」「HIGH RAIL 1375」
第58回 さようなら583系、鉄道旅行全盛期の象徴だった
第57回 葛飾区が南北鉄道路線の調査費を計上 - 東京の新路線構想に動き
第56回 減少続く車内販売、廃止発表より事業者公募を望みたい
第55回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活 - 廃線を観光に活用する組織設立へ
第54回 「リバティ」「SL大樹」運行、その先の観光列車も乗り継ぎたい
第53回 紀州鉄道「キハ603」廃車予定を地元商店街が救うか
第52回 阿佐海岸鉄道、DMV路線へ転換なるか - 甲浦駅も大改造
第51回 "初夢"に終わらせたくない「第2青函トンネル構想」
第50回 JR只見線災害不通区間、上下分離方式で鉄道復旧へ
第49回 2017年3月4日ダイヤ改正 - 全国紙・地方紙はどう報じたか
第48回 三井造船の鉄道ヤード用自動化コンテナクレーン、日本導入あるか
第47回 留萌本線留萌~増毛間廃止で「JR最短の本線」記録が更新された
第46回 ひたちなか海浜鉄道の気動車を御神体に!? 鉄道車両保存の新提案
第45回 北陸新幹線、大阪延伸どのルートに? 東北方面へ定期運行の可能性も
第44回 東京メトロ銀座線一部区間運休、鉄道ファンの関心は方向幕だった
第43回 JR九州上場、鉄道ファンの関心は株主優待制度とローカル線の行方
第42回 JRの赤字ローカル線に相次ぐ廃止報道 - 鉄道路線を看取る時代が来た
第41回 復活か解体か…命運分かれる蒸気機関車
第40回 京急線・京成線・都営浅草線…ダイヤ改正はなぜ秋に?
第39回 神戸電鉄粟生線、存続に黄信号 - 年間10億円の赤字
第38回 「鉄旅オブザイヤー」に一般部門創設、鉄旅プランを作って賞金5万円!
第37回 北海道鉄道網の危機 - 道も国も塩対応、交通政策の矛盾
第36回 福井鉄道「ヒゲ線」を環状線に…福井県が調査費を予算化
第35回 JR西日本、三江線廃止を表明 - 「地域に必要」だけでは生き残れない
第34回 リニア中央新幹線の開業繰上げへ - ブルトレ世代も新大阪開業に間に合う?
第33回 「鉄道」という言葉の名付け親に新説 - 日本最古の文献見つかる
第32回 小池都知事が取り組むべき鉄道改良計画はそれじゃない
第31回 JR北海道「鉄道維持困難」を表明 - もっと輸送密度が低い路線はどうなる?
第30回 『ポケモンGO』鉄道事業者にとって悩みか好機か
第29回 夏休みに向けて大型鉄道イベントが続々登場
第28回 JR可部線可部~あき亀山間1.6km、踏切問題を乗り越え復活
第27回 南阿蘇鉄道復旧へ前進 - JR九州上場、留萌~増毛間廃止日繰上げ
第26回 東海道・山陽新幹線「N700S」車両個別の形式名はどうなる?
第25回 只見線被災区間、三江線の存続問題に動き - タイムリミット近づく
第24回 大井川鐵道に来た14系客車は「ワイド周遊券」愛好家の常宿だった
第23回 青函トンネルより長い世界最長鉄道トンネル、スイスで開通
第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
第21回 JR夏の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第20回 私鉄各社の鉄道事業計画に垣間見える、鉄道趣味的な車両情報
第19回 南阿蘇鉄道復旧の見通し経たず - 義援金は「焼け石に水」ではない
第18回 留萌本線廃止届、285系気動車廃車、新幹線札幌駅問題…JR北海道の試練
第17回 ひたちなか海浜鉄道の延伸案固まる - 2024年度運行開始目標
第16回 熊本地震で被災、JR九州は「JR会社法」から離脱したばかり
第15回 2030年の東京圏鉄道計画、交通政策審議会が認めた24路線
第14回 手回り品ルール改正 - 列車に持ち込める・持ち込めないものは?
第13回 北海道新幹線開業! 日本縦断、東京・札幌日帰り…鉄道ファンの楽しみ方
第12回 西武鉄道と京王電鉄、それぞれの新型車両が示す世相
第11回 常磐線の全線開通は2020年3月に - 幻の特急計画はどうなる?
第10回 養老鉄道、青い森鉄道、日高本線 - 赤字路線の存続へ向けた動き
第9回 九州新幹線(西九州ルート)に「リレー方式」案、それってどうなの?
第8回 若者よ! お得な「若者限定四国フリーきっぷ」「ガチきっぷ」で旅立とう
第7回 西武安比奈線、正式に廃止へ - 休止路線は都内にもあった
第6回 北海道新幹線に接続するバス路線新設で「乗り鉄」が歓喜する理由
第5回 北海道新幹線、最高速度210km制限でも東北新幹線ダイヤに影響なし?
第4回 JR春の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第3回 さようなら熊本電鉄「青ガエル」、東急東横線のエースだった
第2回 北海道新幹線に最も安く乗れるきっぷはどれ?
第1回 140円きっぷで1035.4km「大回り乗車」決行する"猛者"現る

もっと見る

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事