【連載】

鉄道ニュース週報

11 常磐線の全線開通は2020年3月に - 幻の特急計画はどうなる?

杉山淳一  [2016/03/15]

11/20

3月10日、国土交通省とJR東日本は、常磐線の全線運行再開について2019年度末の見通しと発表した。長らく分断されていた幹線鉄道がやっとつながる。国土交通省の発表は、5日に福島県の被災地を視察した安倍総理大臣の指示を受けている。JR東日本の発表は国土交通省の発表に足並みをそろえた形だ。

本来、鉄道の復旧は鉄道事業者が計画し、監督官庁である国土交通省に報告。重要路線であれば首相がコメントするという時系列になる。しかし常磐線に関してはその逆となった。理由は、復旧工事再開区間の中に福島第一原子力発電所事故による放射能汚染地域があったからだ。国や自治体の除染や通行制限解除が実施されるまで、本格的な復旧工事に着手できないという状況だった。

常磐線の被災と復旧状況

しかし、JR東日本はこの状況を放置していたわけではない。避難指示解除準備区域について、小高~原ノ町間は2016年春に運転再開予定。浪江~小高間も2017年春の運転再開をめざして工事中だ。

最難関は福島第一原子力発電所に最も近い帰還困難地域を含む富岡~浪江間だった。空間線量が高い場所があり、除染などによる解決が重要課題となっていた。そこで、2015年8月から除染試験施工を実施し、効果的な除染方法を検証した。同時に損傷した設備の撤去、橋梁などの設計準備をしていた。

JR東日本は3月2日、常磐線を含む東日本大震災関連の復旧工事について情報を公開した。おそらく、その前日までに国土交通省に対して報告が行われたはずだ。その結果として、2日午前の記者会見で菅官房長官が「1日も早い全線開通に向け取り組む」とコメントした。福島民有新聞は2日の電子版で、常磐線の全線再開が2020年春に決まり、5日に安倍総理が福島県で表明すると報じ、その通りになった。安倍総理は10日の会見でも同様の決意を表明している。

つまり、常磐線全線開通については、JR東日本、国土交通省、首相官邸の順で情報が共有され、総理大臣の表明、国土交通省の発表、JR東日本の発表という順序となった。

なお、常磐線原ノ町駅には、東日本大震災で不通になって以来、特急形電車651系4両と近郊形電車415系4両が残っている。車両基地に戻れず置き去りになり、風雨にさらされていた。これらの車両は解体と決まったようで、14日から撤去作業が始まっている。読売新聞電子版によると、搬出先は郡山市にあるJR東日本の施設とのこと。

搬出先が白河市であれば、JR東日本総合研修センター内の非公開施設「事故の歴史展示館」に保存展示という可能性もあるけれど、白河市ではなく郡山市だから、やはり解体の方向のようだ。

全線開通後の常磐線特急はどうなる?

JRグループは震災翌日の2011年3月12日にダイヤ改正を予定していた。JR北海道とJR東日本は前年12月4日に東北新幹線「はやぶさ」の運行を開始するため、これに合わせたダイヤ改正を実施済みだった。ただし、JR東日本は2011年3月12日のダイヤ改正で南武線関連を中心に、快速の増発と停車駅変更を実施予定だった。この改正は約1カ月遅れの4月9日に実施されている。

常磐線については大きな変更予定はなかったようだ。しかし、ダイヤ改正の発表以前の2010年12月に、常磐線向け新型特急車両E657系の導入を発表していた。2012年春から投入し、2012年秋までに651系と入れ替える予定。特急列車の運行系統を新型車両と651系による上野~いわき間と、E653系によるいわき~仙台間に分割するという内容だった。

E657系は2012年3月デビュー

常磐線特急に使用されたE653系

いわき~仙台間の特急列車は新しい愛称にする予定だった。上野~いわき間は新型車両に入れ替わるという情報だけだから、愛称は「スーパーひたち」「フレッシュひたち」を継承するつもりだったようだ。しかし、東日本大震災の影響で、常磐線のいわき駅以北の特急列車が運行再開されないまま、事情が変わった。新しい特急列車の愛称もまだ発表されていない。

その後、上野~いわき間の特急列車は、速達型の「ひたち」と停車型の「ときわ」に再編された。車両はすべてE657系となって、651系とE653系の定期運用を終了する。651系の一部は大宮車両センターに転属し、特急「あかぎ」「スワローあかぎ」「草津」として運用中。残りは勝田車両センターに残って臨時列車などに使われている。E653系は新潟車両センターへ転属し、特急「いなほ」「しらゆき」などで運用中だ。

2020年春に常磐線が全線開通した場合、いわき~仙台間の特急が復活するだろうか。復活するとしたら、車両はE657系か、それとも651系の復活となるか。いや、観光振興のためには新型車両投入も期待したい。4年先のことだけど、こちらも興味深い。

11/20

インデックス

連載目次
第20回 私鉄各社の鉄道事業計画に垣間見える、鉄道趣味的な車両情報
第19回 南阿蘇鉄道復旧の見通し経たず - 義援金は「焼け石に水」ではない
第18回 留萌本線廃止届、285系気動車廃車、新幹線札幌駅問題…JR北海道の試練
第17回 ひたちなか海浜鉄道の延伸案固まる - 2024年度運行開始目標
第16回 熊本地震で被災、JR九州は「JR会社法」から離脱したばかり
第15回 2030年の東京圏鉄道計画、交通政策審議会が認めた24路線
第14回 手回り品ルール改正 - 列車に持ち込める・持ち込めないものは?
第13回 北海道新幹線開業! 日本縦断、東京・札幌日帰り…鉄道ファンの楽しみ方
第12回 西武鉄道と京王電鉄、それぞれの新型車両が示す世相
第11回 常磐線の全線開通は2020年3月に - 幻の特急計画はどうなる?
第10回 養老鉄道、青い森鉄道、日高本線 - 赤字路線の存続へ向けた動き
第9回 九州新幹線(西九州ルート)に「リレー方式」案、それってどうなの?
第8回 若者よ! お得な「若者限定四国フリーきっぷ」「ガチきっぷ」で旅立とう
第7回 西武安比奈線、正式に廃止へ - 休止路線は都内にもあった
第6回 北海道新幹線に接続するバス路線新設で「乗り鉄」が歓喜する理由
第5回 北海道新幹線、最高速度210km制限でも東北新幹線ダイヤに影響なし?
第4回 JR春の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第3回 さようなら熊本電鉄「青ガエル」、東急東横線のエースだった
第2回 北海道新幹線に最も安く乗れるきっぷはどれ?
第1回 140円きっぷで1035.4km「大回り乗車」決行する"猛者"現る

もっと見る

関連製品をチェック

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ロボホン、ついに発売 - 期間限定のロボホンカフェに行ってきた
[15:50 5/26] 家電
上野樹里、トライセラ和田唱と結婚「私は幸せ」「素敵なパートナー」
[15:47 5/26] エンタメ
ファイルメーカー、カスタム App構築を支援するハウツーガイドを無料公開
[15:45 5/26] パソコン
旭硝子、「C12A7エレクトライド」のスパッタリングターゲット材を量産開始
[15:19 5/26] テクノロジー
平岡祐太、貫地谷しほりと思い出話で意気投合「役に生きてくるのでは」
[15:18 5/26] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR