【連載】

QuarkXPress 8活用テクニック

2 素早い作業のためのテクニック

 

2/10

各ツールへのアクセスを素早く

「QuarkXPress 8」では、各ツールへの切り替えにショートカットキーが割り当てられている。例えばアイテムツールは[V]、テキストコンテンツツールは[T]といった具合で、とても便利だ。また、アイテムツールを選んでいる状態でコンテンツ(ボックス)をダブルクリックすると、自動的にコンテンツツール(旧バージョンの編集ツールに相当)に変更することができる。テキストコンテンツを移動→テキストの内容を編集、または画像コンテンツのサイズ変更→トリミングの変更といった一連の動作をマウスだけで行えるのは、作業を効率化するための大きなポイントだ。

各ツールにショートカットキーが割り当てられた(ツール名の横のアルファベット)。ツールの切り替えがワンタッチで行える

コンテンツ(アイテム)をダブルクリックすると、コンテンツツール(従来の編集ツール)へと自動的に切り替えるか、そのコンテンツの設定ダイアログを開くかを選ぶことができる

画像やテキストはドラッグ&ドロップで配置

従来のDTPのレイアウト作業では、まずテキストや画像を入れるボックスを作成し、そこに「取り込み」などのコマンドで中身を配置する。この作業を効率化できるのが、QuarkXPress 8のドラッグ&ドロップ機能だ。

あらかじめ画像を入れるボックスを作成し、Photoshopなどのアプリケーションからドラッグ&ドロップすることで、設定したサイズや倍率で画像を配置することができる。ボックスのないところへドラッグ&ドロップすると、印刷に適した解像度でボックスが自動的に作成され、画像が取り込まれる。テキストの場合も同様に、テキストエディットやWordなどのアプリケーションからドラッグ&ドロップすることで取り込みが可能だ。

FinderやAdobe Bridge、Photoshopなどからドラッグ&ドロップすることで画像を簡単に配置することができる。複数の画像を一度に取り込むことも可能で、作業効率の大幅アップは間違いない機能だ

※ 本稿では開発途中のQuarkXPress 8日本語版を使用しています。発売時には仕様変更されている可能性がありますのでご了承ください。

2/10

インデックス

連載目次
第10回 QuarkXPressでワンソースマルチユースの実現
第9回 グループで作業するための環境づくり
第8回 透明機能を使いこなすには
第7回 日本語組版を細部まで追い込む
第6回 差し替え画像をレイヤーで管理
第5回 グリッドでデザインをシステマチックに
第4回 ガイドラインを使いこなす
第3回 旧バージョンのQuarkXPressファイルを有効活用する
第2回 素早い作業のためのテクニック
第1回 スマートに作業エリアを使いこなす!

もっと見る

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ベッキー、さんま&中居に「ただただ感謝」- 突然の電話出演「びつくり」
[17:31 7/24] エンタメ
J・デップと離婚調停中のA・ハード、起業家イーロン・マスクと新ロマンス!?
[17:01 7/24] エンタメ
「メディアに出れば出るほど誤解される」バンド、jealkbが本音で語る"武道館"への思い
[17:00 7/24] エンタメ
深田恭子の水着姿に「人魚みたい」「ナイスボディ」の声 - インスタ開設
[16:43 7/24] エンタメ
2016年プログラミング言語トップ21が発表、1位は昨年と同様
[16:30 7/24] 企業IT

求人情報