【連載】

プレゼン資料作成に役立つ! PowerPoint必須テクニック

11 表の作成とカスタマイズ(1)表のスタイル

11/32

集計結果や統計データを示す時に「表」を作成する場合もあるだろう。そこで、「表」の作成方法とカスタマイズ方法について紹介しておこう。作成した「表」を思い通りのデザインに仕上げられるように、書式の指定方法などを学んでおくとよい。

表の作成と文字の書式指定

まずは、スライドに「表」を作成するときの操作手順を簡単に解説しておこう。スライド編集の基本的な操作なので既に知っている方も多いと思うが、念のため、ここで復習しておくとよいだろう。

コンテンツの領域に「表」を作成するときは、「表の挿入」のアイコンをクリックする。続いて、列数と行数を指定すると「表」を作成することができる。

コンテンツの領域に表を作成

すでにコンテンツの領域に文字が入力されている場合は、「挿入」タブを選択し、「表」コマンドを使ってスライドに表を挿入する。

スライドに表を挿入

あとは各セル(マス目)をクリックして文字や数値を入力していくだけ。これで、とりあえずは「表」の基本形が完成する。

各セルに文字を入力

表全体のサイズを変更したい時は、四隅や上下左右にあるハンドルをドラッグする。また、表内にある罫線をドラッグして「列の幅」や「行の高さ」を変更することも可能だ。

表のサイズ調整

もちろん、表内に入力した文字の書式を変更することも可能である。この場合は表内の文字をドラッグして選択し、「ホーム」タブで書式を指定すればよい。複数のセルをまたぐようにマウスをドラッグし、セル範囲を選択した状態で「文字の書式」を指定してもよい。

文字の書式指定

各セル内の文字の配置は、表ツールの「レイアウト」タブで指定する。最初は各セルの左上に文字が配置されているので、表の内容に合わせて配置方法を調整しておくとよいだろう。

各セルの文字の配置

作成した表に、行や列を追加することも可能である。この場合も表ツールの「レイアウト」タブを利用し、行や列を挿入する位置を以下のコマンドで指定する。ちなみに、行や列が挿入される位置は「現在カーソルがあるセル」が基準となる。

行や列の挿入

以上が「表」の基本的な作成手順となる。PowerPointに慣れている方なら詳しく解説しなくても操作手順を把握できると思うが、念のため確認しておくとよい。

「表のスタイル」を使ったデザインの変更

続いては、作成した表のデザインを変更する方法を紹介していこう。PowerPointには、表のデザインを手軽に指定できる「表のスタイル」が用意されている。この機能を使って表のデザインを変更するときは、表ツールの「デザイン」タブを選択し、「表のスタイル」にある「ドロップダウン」ボタンをクリックする。

「ドロップダウン」ボタンをクリック

すると、以下の図のように表のデザインが一覧表示される。この中から好きなデザインを選択すると、表全体の書式を変更できる。

一覧から好きなデザインを選択

「表のスタイル」を使ってデザインを変更した表

「表のスタイル」に用意されているデザインは、一番上の行を「見出し」として扱うように初期設定されている。この設定を変更したい場合は、「表スタイルのオプション」を操作する。

表スタイルのオプション

例えば、表の左端にある列も「見出し」として扱いたい場合は「最初の列」のチェックボックスをONにすればよい。すると、左端の列が強調して表示されるようになる。

「最初の列」をONにした場合

同様に、「集計行」は一番下の行、「最後の列」は右端の列を強調するための設定項目となる。そのほか、「縞模様(行)」や「縞模様(列)」を操作して、縞模様の有無を変更することも可能だ。

*  *  *

このように、PowerPointには表のデザインを手軽に変更できる機能が用意されている。ただし、最適なデザインがなかなか見つからず、思い通りの結果を得られない場合も少なくない。このような場合は「セルの背景」や「罫線」の書式を自分でカスタマイズする必要がある。次回の連載では、「セルの背景」を好きな色に変更したり、グラデーションや効果を適用する方法を紹介していこう。

11/32

インデックス

連載目次
第32回 スライドをPDFや動画、画像などに変換する方法
第31回 「SmartArt」内の図形を個別に設定する方法
第30回 「SmartArt」のスタイルと色の変更
第29回 図表を簡単に作成できる「SmartArt」の基本
第28回 「ノート」で発表内容をメモ
第27回 状況に応じて、表示するスライドを増減させたい時は?
第26回 「リンク設定」のバリエーション
第25回 図形の描画方法
第24回 プレゼン時に使えるショートカットキーまとめ
第23回 アニメーションによるユニークな演出方法
第22回 クリックせずに自動でアニメーションを再生する方法
第21回 スライド内の要素をアニメーションで表示する基本の設定
第20回 プレゼン効果を高めるスライドショーの演出
第19回 「棒グラフ」と「折れ線グラフ」を組み合わせるポイント
第18回 アニメーションを活用したプレゼンテクニック
第17回 見た目のよいグラフを作成する方法
第16回 グラフの色や形状を変更、目盛線を表示する方法
第15回 データをグラフ化して表示する方法
第14回 スライドにExcelを埋め込んでユニークな表を作成
第13回 表の作成とカスタマイズ(3)罫線の書式指定
第12回 表の作成とカスタマイズ(2)セルの背景色と効果
第11回 表の作成とカスタマイズ(1)表のスタイル
第10回 アイテムの整列とスマートガイド
第9回 テーマの保存と削除
第8回 新しいレイアウトの作成
第7回 プレースホルダーに入力した文字の書式
第6回 スライドの縦横比(アスペクト比)の変更
第5回 オリジナルデザインの作成
第4回 スライドマスターの使い方(2)各領域の位置の調整/画像・図形の配置
第3回 スライドマスターの使い方(1)「標準の書式」の指定
第2回 スライドの背景に画像を指定
第1回 スライド背景のカスタマイズ

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事