【連載特別企画】

最新版 - Office 365サイト活用入門

9 ユーザー情報の確認とユーザー設定の変更

 

9/15

過去のOffice 365サイト活用入門記事はこちら

Office 365のユーザー設定

Office 365では、ユーザーが自分のユーザーアカウント情報を確認したり、自分の好みに応じて設定を変更したりできます。ただし、ユーザー名やメールアドレス、割り当てライセンスなどの最も基本な設定については、Office 365のサイト管理者しか設定を変更できません。今回は、一般ユーザーが利用できる設定メニューを紹介します。

(1)Office 365サイトにアクセスし、ユーザーアカウント、パスワードを入力して、サインインします。

サインインします

(2)「設定(歯車)」ボタンをクリックし、「Office 365の設定」メニューをクリックして、「マイアカウント」ページを開きます。

「マイアカウント」ページを開きます

個人情報の確認

「マイアカウント」ページでは、左サイドにメニューを表示します。メニューの「個人情報」では、ユーザーの基本情報を確認できます。ただし、この情報を変更できるのは、Office 365のサイト管理者(またはユーザー管理権限を委任されたユーザー)のみです。

(3)「マイアカウント」ページの左サイドメニューで「個人情報」をクリックします。

「個人情報」をクリックします

サブスクリプションの確認

Office 365のどのプランを利用できるのか、自分のユーザーアカウントに割り当てられているOffice 365のプランを確認できます。プランによって、Officeデスクトップ(WindowsやMac OSにインストールして使用するデスクトップ版Microsoft Office)を使用できるかどうか、メールサービスを使えるかどうかなど、利用できるサービスに違いがあります。 Office 365のプランの種類については、マイクロソフトのOffice 365サイトをごらんください。

(4)「マイアカウント」ページの左サイドメニューで、「サブスクリプション」をクリックします。以下の画面は、Office 365 Enterprise E3プランの例です。

「サブスクリプション」をクリックします

オンラインアプリのアクセス権限の確認と変更

Office 365で利用できるオンラインアプリのOffice 365へのアクセス権限を確認し、権限を変更できます。Office 365のプランに含まれている標準アプリの場合は、自動的にアクセス権限が設定されているため、設定を変更できません。オプションアプリやサードパーティー製アプリをインストールしている環境で、設定を変更できます。

(5)利用できるアプリを確認するためには、「マイアカウント」ページの左サイドメニューで「アプリの権限」をクリックします。以下の画面では、すべて標準アプリであるため、設定を変更できるアプリがありません。

「アプリの権限」をクリックします

Officeデスクトップのインストールステータスの確認

Officeデスクトップを利用できるプランでは、1ユーザーでWindowsまたはMac OSを搭載したコンピューター5台まで、Officeデスクトップをインストールできます。どのコンピューターにOfficeデスクトップをインストールしているか、インストールステータスで確認できます。

(6)インストールステータスを確認するには、「マイアカウント」ページの左サイドメニューで「インストールステータス」をクリックします。インストールして認証済みのOfficeデスクトップの使用を停止するときは、該当するコンピューターの「非アクティブ化」をクリックします。以下の画面では、3台のコンピューターにOfficeデスクトップをインストールし、認証済みです。

「インストールステータス」をクリックします

ユーザー設定の変更

テーマ、スタートページ等、一般ユーザーが自分の好みに応じてOffice 365サイトのデザインや動作を、「設定」ページで変更できます。「設定」ページで「テーマ」「スタートページ」など、変更したい項目をクリックします。

(7)「設定」ページを開くには、「マイアカウント」ページの左サイドメニューで「設定」をクリックします。右側に設定できる項目をリストアップします。

「設定」をクリックします

以下、各設定項目を紹介します。設定を変更したときは、各項目で「保存」をクリックしてください。

(8)「テーマ」では、50種類のパターンからOffice 365サイトの表示デザインを選択できます。

「テーマ」では、50種類のパターンから選択可能

(9)「スタートページ」では、Office 365にサインインしたときに、最初に表示するページを設定します。たとえば、「予定表」を設定すると、Office 365にサインインしたときに予定表を最初に表示します。

最初に表示するページを設定します

(10)「通知」では、アラームあるいはポップアップメッセージで通知する項目をチェックボックスで設定します。

通知する項目をチェックボックスで設定します

(11)「設定」ページで「ソフトウェア」をクリックすると、デスクトップアプリケーションのインストール画面になります。インストールの具体的な手順については、当連載の第3回を参考にしてください。以下の画面は、Office 365 Enterprise E3プランの例です。Officeデスクトップを一括インストールできます。

「設定」ページで「ソフトウェア」をクリック

(12)以下の画面は、Office 365 Business Essentialsプランの例です。Skype for Businessだけインストールできます。

Skype for Businessだけインストールできます

(13)「設定」ページで「パスワード」をクリックすると、サインインパスワードを変更できます。

「設定」ページで「パスワード」をクリック

(14)「連絡に関する設定」では、最新情報やキャンペーンなどの通知を受けたいジャンルをチェックボックスで選択し、通知を受ける電話番号やメールアドレスを設定します。

通知を受ける電話番号やメールアドレスを設定

(15)「言語」では、使用言語を変更できます。

「言語」では、使用言語を変更できます

Office365の導入支援はネクストセットへ!


■■「組織ワークフロー」を100社無償提供中!■■
ネクストセットはOffice365の導入支援とアプリケーション開発に特化したソリューションベンダーです。Office365をより安全に、より便利にご利用いただくため、「シングルサインオン」や「組織アドレス帳」、「組織ワークフロー」など、さまざまなプロダクトを開発し、ご提供しています。現在、100社限定で「組織ワークフロー」を無料提供中です。この機会に、ぜひ、導入をご検討ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

(マイナビニュース広告企画 : 提供 ネクストセット)

9/15

インデックス

連載目次
第15回 Office 365管理センター
第14回 テナント全体の受信メール対応
第13回 Outlookの受信メール仕分け
第12回 Outlookの自動応答メールと自動仕分け
第11回 Outlookのメール画面のレイアウト設定
第10回 ユーザー情報の確認とユーザー設定の変更(Outlook)
第9回 ユーザー情報の確認とユーザー設定の変更
第8回 Android標準アプリでOffice 365を使用する
第7回 OWAでOffice 365を使用する
第6回 Office 365をスマートデバイスで使う
第5回 OneDrive for Businessを同期する
第4回 デスクトップ版OfficeでOffice 365にサインインする
第3回 Officeアプリケーションをインストールする
第2回 1つの文書を複数のユーザーで同時編集する
第1回 OneDrive for Businessでフォルダーやファイルを共有する

もっと見る



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

富士通、米ネットワークサービス企業TrueNet Communicationsを買収
[16:42 7/27] 企業IT
男性の育休取得が過去最高 - 2.65%に
[16:39 7/27] キャリア
バッファロー、Macですぐに使えるUSB 3.0対応の超薄型ポータブルHDD
[16:37 7/27] パソコン
[聲の形]新規カット公開 入野自由、早見沙織がアフレコ苦労明かす
[16:23 7/27] ホビー
夏、過ごしやすい都道府県1位は「北海道」 ‐ 過ごしにくいのは?
[16:20 7/27] ヘルスケア

求人情報