【連載特別企画】

最新版 - Office 365サイト活用入門

5 OneDrive for Businessを同期する

5/30

前回は、ExcelやWord、PowerPointといったOfficeアプリケーションで、Office 365のオンラインストレージであるOneDrive for Businessに直接アクセスする方法を紹介しました。今回は、OneDrive for Businessの同期ソフトを紹介します。

過去のOffice 365サイト活用入門記事はこちら

OneDrive for Business同期ソフト

同期ソフトを活用することで、OneDrive for Businessのフォルダーを複製した同期フォルダーがローカルPCに作成され、自動的にOneDrive for Businessのフォルダーと同じ内容に同期されます。いちいちWebブラウザーでOffice 365のOneDrive for Businessを開いて操作する必要がなくなります。 OneDrive for Business同期ソフトは、Office 365の設定ページの「ソフトウェア」からダウンロードしてインストールします。(連載第3回参照) Office 365の契約プランやOSのバージョンの違いによって違いがありますが、一般的には、Office 365 ProPlus(Officeデスクトップアプリケーション)をインストールすると、一緒にインストールされます。

同期ソフトの初期設定

あらかじめ、当連載の第3回、第4回で紹介した、Officeデスクトップのダウンロードやインストール、サインインを済ませておいてください。 なお、Windows 7以降のWindowsには、OneDriveの同期ソフトがあります。Office 365のOneDrive for Businessは青色の雲形アイコン、OneDriveは白色の雲形アイコンです。混同しないように注意してください。

(1)スタートメニューあるいはスタート画面を開き、OneDrive for Business同期ソフトを起動します。

OneDrive for Business同期ソフトを起動

(2)OneDrive for Businessのパスを表示します。このとき、表示されたパスを記録しておくといいでしょう。再セットアップ時や2台目以降のPCにOneDrive for Businessを設定するときに必要になることがあります。同期フォルダーは、「C:\Users(ユーザー名)」の中に作成されます。「今すぐ同期」をクリックしてください。

「今すぐ同期」をクリック

(3)「サインイン」ウインドウで、Office 365のユーザー名(メールアドレス)を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

「次へ」ボタンをクリック

(4)アカウントの種類として「職場アカウント」をクリックして選択します。

「職場アカウント」をクリック

この後、Office 365やPCの設定環境によって、アカウントの種類の選択や、ユーザー名、パスワードの入力を繰り返し求められます。

(5)「職場または学校アカウント」をクリックして選択します。

「職場または学校アカウント」をクリック

(6)Office 365のパスワードを入力して、「サインイン」をクリックします。

「サインイン」をクリック

(7)「職場または学校アカウント」をクリックして選択します。

「職場または学校アカウント」をクリックして選択

(8)Office 365のパスワードを入力し、「サインインしたままにする」チェックボックスをオンにし、「サインイン」ボタンをクリックします。

「サインイン」ボタンをクリック

(9)OneDrive for Businessの同期が始まります。このウインドウから同期フォルダーを開くときは、「ファイルの表示」ボタンをクリックします。

「ファイルの表示」ボタンをクリック

同期フォルダー

フォルダーウインドウの「お気に入り」には、自動的に「OneDrive for Business」が追加され、「OneDrive for Business」をクリックすると、ローカルPCの同期フォルダーを開けます。

(10)フォルダーウインドウの「OneDrive for Business」をクリックして、同期フォルダーを開く。

「OneDrive for Business」をクリック

同期フォルダー内のフォルダーやファイルのアイコンには、同期中(転送中)の時には青色の回転矢印が、同期が完了してOffice 365のOneDrive for Businessと同じ内容になっている時には緑色のチェックマークが付きます。 また、フォルダーウインドウからOneDrive for Businessを簡単に開けます。

(11)フォルダーウインドウの「OneDrive for Business」を右クリックし、ショートカットメニューの「OneDrive for Business」→「ブラウザーに移動」をクリックします。

「ブラウザーに移動」をクリック

(12)WebブラウザーでOffice 365のOneDrive for Businessを開きます。

Office 365のOneDrive for Businessを開く

タスクトレイの活用

OneDrive for Business同期ソフトは、タスクトレイからも操作できます。

(13)タスクトレイ「▲」をクリックし、OneDrive for Businessのアイコン(青い雲)をクリックします。「OneDrive for Businessフォルダーを開きます」をクリックすると、同期フォルダーを開きます。

「OneDrive for Businessフォルダーを開きます」をクリック

(14)タスクトレイ「▲」をクリックし、OneDrive for Businessのアイコン(青い雲)を「右クリック」し、ショートカットメニューを開きます。このメニューでは、同期の一時的な停止や、同期の強制実行をできます。

このメニューでは、同期の一時的な停止や、同期の強制実行が可能

(15)手順(14)のメニューで「記憶域の管理」をクリックすると、OneDrive for Businessの「記憶域の管理」ウインドウを開きます。それぞれ、クリックしてOneDrive for Business の管理ページをWebブラウザーで開けます。

OneDrive for Businessの管理ページをWebブラウザーで開く

(16)「記憶域の表示」ページ。各フォルダーの使用容量を確認できます。

各フォルダーの使用容量を確認できる

(17)「ごみ箱」ページ。OneDrive for Businessのごみ箱に残っているファイルを復活させたり、完全抹消したりできます。

「ごみ箱」ページ

(マイナビニュース広告企画 : 提供 ネクストセット)

Office365の導入支援はネクストセットへ!


■■「組織ワークフロー」を100社無償提供中!■■
ネクストセットはOffice365の導入支援とアプリケーション開発に特化したソリューションベンダーです。Office365をより安全に、より便利にご利用いただくため、「シングルサインオン」や「組織アドレス帳」、「組織ワークフロー」など、さまざまなプロダクトを開発し、ご提供しています。現在、100社限定で「組織ワークフロー」を無料提供中です。この機会に、ぜひ、導入をご検討ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

5/30

インデックス

連載目次
第30回 グループの活用
第29回 グループの作成
第28回 メールの代理受信・代理送信
第27回 共有メールボックスの作成
第26回 メールの配布グループ
第25回 予定表の共有……その2
第24回 予定表の共有……その1
第23回 パブリックフォルダーの作成(その2)
第22回 パブリックフォルダーの作成 (その1)
第21回 ライセンスの購入と割り当て
第20回 Office 365でメールを統合する
第19回 Office 365のオフラインメール
第18回 Office 365のファイル添付メール(2)
第17回 Office 365のファイル添付メール(1)
第16回 Office 365管理センター(2)
第15回 Office 365管理センター
第14回 テナント全体の受信メール対応
第13回 Outlookの受信メール仕分け
第12回 Outlookの自動応答メールと自動仕分け
第11回 Outlookのメール画面のレイアウト設定
第10回 ユーザー情報の確認とユーザー設定の変更(Outlook)
第9回 ユーザー情報の確認とユーザー設定の変更
第8回 Android標準アプリでOffice 365を使用する
第7回 OWAでOffice 365を使用する
第6回 Office 365をスマートデバイスで使う
第5回 OneDrive for Businessを同期する
第4回 デスクトップ版OfficeでOffice 365にサインインする
第3回 Officeアプリケーションをインストールする
第2回 1つの文書を複数のユーザーで同時編集する
第1回 OneDrive for Businessでフォルダーやファイルを共有する

もっと見る

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事