【連載】

映画『無限の住人』8人の証言者たち - 「皆さまのもの」になるまで

2 『ラブジェネ』『あすなろ白書』から変わらないこと (1人目:小岩井宏悦EP)

2/20

「"無限"とは"時間"や"時空"ではなく、"想い"なのだと感じています。限りの無い"想い"。それは"永遠"と呼んでもいいものだと思います」

俳優・木村拓哉にとって『武士の一分』(06年)以来、約10年ぶりの時代劇主演となる映画『無限の住人』。沙村広明氏の人気漫画が初の実写化、さらに木村と三池崇史監督の初タッグということもあり、メディアは大々的に取り上げた。SMAP解散騒動で日本中に激震が走った2016年1月、木村は不死身の侍・万次をようやく演じ終える。2015年10月5日、映画化が発表されたあの日から、どれだけの人がこの作品を話題にしてきたのだろうか。冒頭にあるのは、「無限とは?」に対する木村の答えだ。

公開初日を迎えた2017年4月29日、舞台あいさつの壇上で「客席の皆さまのものになりました」と引き締まった表情で呼びかけた木村。今回の連載は「∞」になぞらえ、8名のスタッフの証言をもとに、『無限の住人』が「皆さまのもの」になるまでの「無限の想い」をまとめた取材記録である。

1人目は、本作の"生みの親"ともいえる小岩井宏悦エグゼクティブプロデューサー。小岩井氏はフジテレビ時代、『あすなろ白書』や『ラブジェネレーション』など数々の作品で木村と関わってきた。連載第2回は、「再会」について。

映画『無限の住人』で不死身の侍・万次を演じた木村拓哉

歌番組収録現場で触れた熱意

――木村さんと直接対面しての説明の場みたいなものはあったんですか?

ありましたよ。それが2015年7月ですね。クランクインする4カ月ぐらい前でした。彼に会ってやってくれると聞くまでは、みな半信半疑でした。

木村拓哉さんが、三池崇史という監督に興味があること、時代劇アクションであることなど、好感触であることは聞いていたしたが、本人と話してみるまでは本当のコミットメントがあるかどうかは分からない。私と三池監督とプロデューサーの坂さんと3人で、歌番組の収録現場まで会いに行きました。

――どんな反応でしたか。

とにかく彼はアイデアが豊富なので、いろいろなアイデアが出てきて、そして、最後に「世の中をあっと言わせましょう」と。彼のそういう圧倒的なリーダーシップというか、作品への愛情というものは、作り手にとっては本当に涙が出るほどありがたいものですね。

その時点で、作品そのものがあっと言わせるものになる、と彼が思ってくれたのだとしたら、我々はその意気込みに答えなくてはならない、という覚悟を決めた瞬間でもありましたね。

2017年2月15日に行われた完成報告会見(左から三池崇史監督、戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人)

『SMAP×SMAP』で「久しぶり!」

――木村さんとは、いつぶりの再会だったんですか?

20年近くぶりですよ。仕事としては、『ラブジェネレーション』(97年・フジテレビ系)以来です。2003年に藤木直人くんと仲間由紀恵ちゃんの『g@me』(03年)で、『SMAP×SMAP』のゲストで呼ばれた時がありました。そこで木村さんに会って、「久しぶり!」と言葉を交わしたのを覚えています。厳密に言うと12年ぶりになるんですかね。『ラブジェネレーション』以前は、『あすなろ白書』(93年・フジテレビ系)やSMAPの5人が出演した『僕が僕であるために』(97年・フジテレビ系)などがありました。

――初仕事は『あすなろ白書』ですか?

そうですね。オーラがあるところは当時も今も変わっていません。

『あすなろ白書』になると、23・4年前ぐらいなのかな。それから今に至るまで、その時からまとっているスターの雰囲気は変わらないですね。ただ、会わない間に風格みたいなものは確実についています。

ほかの方もおっしゃっているかもしれませんが、今回の撮影でも、真冬の中、草履と着流しで現場にいるんですよ。僕らはヒートテックの上に、ダウンを着込んでガンガンに手をかざしながら寒さをしのいでいた(笑)。でも、木村さんは控室にすら戻らないわけですよね。自分の出番じゃない時も、杉咲さんの目線の先に立っている。立ち回りの時、相手方のカットなのに自分でもやる。

その上、現場の末端のスタッフにまで声を掛ける。それらが、彼の風格になっています。自分の立ち居振る舞いが、すべてのキャスト、スタッフに影響を与えるということを、彼自身がよくわかっているんじゃないでしょうか。

■プロフィール
小岩井宏悦(こいわい・ひろよし)
1960年7月28日生まれ。長野県出身。89年4月にフジテレビ入社。10年以上にわたって数々のドラマをプロデュースし、03年からは映画も手掛ける。07年4月にフジテレビを退社し、同月ワーナー・ブラザース映画ローカルプロダクション本部長に就任。これまでのドラマは、『Age,35恋しくて』『ラブジェネレーション』『神様、もう少しだけ』など、映画は、『星になった少年』『ブレイブ・ストーリー』『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』『るろうに剣心』シリーズ『オオカミ少女と黒王子』『ミュージアム』など。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

2/20

インデックス

連載目次
第20回 「社会の中の木村拓哉」を捨てた万次へ、最後の言葉 (8人目:三池崇史監督)
第19回 「木村拓哉は孤独」役者としての姿勢に胸打たれて (8人目:三池崇史監督)
第18回 セットを苦労して作り、自らの手で壊す心境とは? (7人目:美術 松宮敏之氏)
第17回 300人斬り宿場町は地盤から! 2カ月「必ず誰かいた」(7人目:美術 松宮敏之氏)
第16回 木村拓哉に「おかえり」の距離感 (7人目:美術 松宮敏之氏)
第15回 「これが僕のベスト」木村拓哉も1ピース、三池組の職業観 (6人目:撮影 北信康氏)
第14回 木村拓哉の逆算力、三池組モニターチェックの聖域 (6人目:撮影 北信康氏)
第13回 緩急と迫力の演技に刺激「そっちがこう来るなら!」 (6人目:撮影 北信康氏)
第12回 殺陣の常識を覆した! 木村拓哉VS海老蔵の死闘 (5人目:殺陣 辻井啓伺氏)
第11回 木村拓哉、天性の立ち回り「普通の人じゃ無理」 (5人目:殺陣 辻井啓伺氏)
第10回 木村拓哉と最も距離が近かった男「すごく幸せそうでした」 (4人目:メイク酒井啓介氏)
第9回 『アイムホーム』が縁、万次を創り出した男「ずっと続いている」 (4人目:メイク酒井啓介氏)
第8回 世界を知る男が語る木村拓哉と三池崇史、「本当」の海外評価 (3人目:ジェレミー・トーマスP)
第7回 木村拓哉との再会で涙…裏方のプライドとカンヌの重み (2人目:坂美佐子P)
第6回 木村拓哉を特別扱いしない理由とは? 俳優部の気概と素顔 (2人目:坂美佐子P)
第5回 三池組トラブル処理の"母"「苦労ではなく、それが仕事」 (2人目:坂美佐子P)
第4回 プロデューサーの幸せな瞬間とは? 三池組支える心がけ (2人目:坂美佐子P)
第3回 なぜ杉咲花は、木村拓哉の心をつかめたのか? (1人目:小岩井宏悦EP)
第2回 『ラブジェネ』『あすなろ白書』から変わらないこと (1人目:小岩井宏悦EP)
第1回 権利買い取り、一からシナリオを再構築 (1人目:小岩井宏悦EP)

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事