【連載】

仕事に役立つOfficeの使い方

8 [Word] フッターにページ数とファイル名を表示させる

8/27

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していく。第8回目は、Wordで文書下部のフッター部分にページ数や文書名などを挿入する方法を確認する。複数ページにわたる文書でうまくページ数が割り振られない場合は、設定がまちがっているので正しい設定方法を覚えておこう。

本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています

連番でページ数が表示されるように設定する

Wordでフッターの設定を行う場合は、「挿入」タブのリボンから「フッター」をクリックして好みのフッターを選択するのが基本的な手順となる。ただし、「フッター」の一覧から「空白」を選んで「P.01」と手動でページ数を入力しても、ページ数は連番で表示されないから困りもの。2ページ目、3ページ目のフッター部分にも「P.01」と表示されてしまうのだ。

そのため、複数ページの文書でフッター部分にページ番号を入れたい場合は「挿入」タブの「ページ番号」アイコンをクリックして設定を行うのが確実だ。

フッター部分に連番のページ番号を設定したい場合は、「挿入」タブのリボンで「ページ番号」をクリックし、プルダウンメニューから「ページの下部」を選択する

メニューの横にページ下部に設定できるページ番号レイアウトが一覧表示されるので、好みのレイアウトを選択

選択したページ番号が表示された。設定した文書で2ページ目、3ページ目を作成するとフッターのページ番号も「2」「3」と連番で表示される

フッター部分にページ番号を作成すると、「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブが選択された状態になる。この「デザイン」タブのリボンから「ドキュメント情報」をクリックすると、フッター部分に作成者やファイル名などの情報を追加することもできる。

「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブで「ドキュメント情報」をクリックし、メニューから「ファイル名」を選択

フッター部分に文書のファイル名が表示される。フッターの編集を終了するには、「デザイン」タブのリボンにある「ヘッダーとフッターを閉じる」アイコンをクリックする

ヘッダー/フッターの編集画面が閉じて、通常の文書作成画面に戻った

8/27

インデックス

連載目次
第27回 [Word] 文書内に挿入した画像を加工する
第26回 [Word] 2段組みの文書を作成する
第25回 [Excel] 挿入した写真の背景を切り抜く
第24回 [Excel] シート内にイラスト(画像)を挿入する
第23回 [Office全般] アプリ画面の背景やテーマを変更
第22回 [Word] 特定の文字列を検索・置換する方法
第21回 [Excel] 日付を簡単に入力する方法あれこれ
第20回 [Excel] シートの表示倍率を変更する
第19回 [Word] 行や段落の間隔を調整する
第18回 [Excel] 「オートフィル」で連番入力が簡単に
第17回 [Excel] 「クリップボード」を活用してコピー上手に
第16回 [Word] 「タブ」で文字列の間隔を整える
第15回 [Word] 段落の始まりと終わりの文字位置を揃える
第14回 [Excel] オートコンプリートを使わない
第13回 [Excel] 同じ文字列を繰り返し入力する
第12回 [Word] 段落の冒頭に番号や記号を入力する
第11回 [Excel] オートSUMで合計値や平均値を一発計算
第10回 [Word] あいさつ文をビジネス文書に簡単入力
第9回 [Excel] 四則演算の基礎をマスターする
第8回 [Word] フッターにページ数とファイル名を表示させる
第7回 [Excel] 新規作成時のフォント設定を変える
第6回 [Excel] 文字列の横書き/縦書きを変更する
第5回 [PowerPoint] オンラインテンプレートを上手に選ぶ
第4回 [Word] 写真を挿入してテキストを回り込ませる
第3回 [Excel] 行と列の幅を調整する方法 - 後編
第2回 [Excel] 行と列の幅をまとめて調節する - 前編
第1回 [Office全般] リボンの表示設定を変更する

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事