【連載】

仕事に役立つOfficeの使い方

3 [Excel] 行と列の幅を調整する方法 - 後編

3/12

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していく。今回は、前回で紹介したExcelの列・行の幅を調整する方法の第2弾。リボンからの自動調整方法と数値を入力して揃える方法を確認する。

本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています

列の幅と行の高さをリボンのアイコンから調整

前回は、Excelのシート画面にある列番号、行番号部分をダブルクリックしたり、ドラッグして列や行の幅を揃える方法を紹介したが、今回はリボンを使って幅や高さを調整する方法を試してみよう。Excelをはじめ、Officeアプリケーションは「リボン」インタフェースを使った操作が基本。可能な操作はすべてリボンから行うようにするのが効率的といえる。

列の幅を調整したい場合、まずは調整したい列のセル(どれでもOK)をクリックして選択し、「ホーム」タブのリボンから操作を実行する。複数の列をまとめて調整することも可能だ。

幅を調整したい列のセルをクリックして選択(ここではC2セルを選択した)

「ホーム」タブのリボンにある「書式」アイコンをクリック。プルダウンメニューから「列の幅の自動調整」を選択する

選択したC列の幅が、セルに入力されているデータに合わせて自動調整された

行の高さも同じ手順で調整できる。「書式」アイコンのプルダウンメニューから「行の高さの自動調整」を選べばOKだ。

高さを揃えたい行のセル(ここではC2セル)を選択して、「ホーム」タブのリボンにある「書式」アイコンのプルダウンメニューから「行の高さの自動調整」を選択する

2の行の高さが自動調整された

数値を入力して列の幅を調整する

列の幅や行の高さは、数値を入力して設定することもできる。ドラッグして幅を調整するよりも正確に列の幅を設定できるので、覚えておくと便利だ。

調整したい列のセルを選択し、「ホーム」タブのリボンにある「書式」アイコンをクリックして「列の幅」を選択

「列幅」ダイアログが表示される。ここには現在の列幅の数値(標準フォント設定でセル内に入る文字数)が表示されるので、それを参考に列幅に設定したい数値を入力して「OK」をクリック

入力した数値に合わせて列の幅が変更された

ちなみに、数値を入力して行の高さを調整したい場合は、「書式」アイコンのプルダウンメニューから「行の高さ」を選び、「行の高さ」ダイアログで数値を入力する。数値の単位はポイントで、1ポイントは約0.035cmとなっている。

3/12

インデックス

連載目次
第12回 [Word] 段落の冒頭に番号や記号を入力する
第11回 [Excel] オートSUMで合計値や平均値を一発計算
第10回 [Word] あいさつ文をビジネス文書に簡単入力
第9回 [Excel] 四則演算の基礎をマスターする
第8回 [Word] フッターにページ数とファイル名を表示させる
第7回 [Excel] 新規作成時のフォント設定を変える
第6回 [Excel] 文字列の横書き/縦書きを変更する
第5回 [PowerPoint] オンラインテンプレートを上手に選ぶ
第4回 [Word] 写真を挿入してテキストを回り込ませる
第3回 [Excel] 行と列の幅を調整する方法 - 後編
第2回 [Excel] 行と列の幅をまとめて調節する - 前編
第1回 [Office全般] リボンの表示設定を変更する

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事