【連載】

自動車ニュースを読み解く

25 ホンダ「シビック」なぜ日本市場から消えていたのか?

25/40

ホンダ、さらには日本車全体を代表するモデルのひとつである「シビック」が、日本市場に復活することになった。まずセダンを発売し、ハッチバックなどバリエーションモデルも販売を検討しているという。パリモーターショーでワールドプレミアを飾った「TYPE R」も、特殊な限定モデルではなく通常のカタログモデルとして販売されるようだ。

新型「シビック TYPE R」プロトタイプモデル

新型「シビック ハッチバック」

これはかなりのビッグニュースだが、そもそもなぜ、ホンダは限定販売の「TYPE R」を除き、看板モデルだった「シビック」を日本で販売しなくなったのか? という疑問もわいてくる。そこでまず、「シビック」の過去をごく簡単に振り返ってみよう。

「シビック」は1972年に登場し、米国の排ガス規制、いわゆる「マスキー法」を世界で初めてクリアしたモデルとして大ヒットした。当時のホンダは初の乗用車として発売した「1300」が失敗して窮地に陥っていたが、この「シビック」によって奇跡的な復活を遂げ、世界有数の自動車メーカーとなる礎を築いた。

2世代目「シビック」からは愛称を付けるのが慣例となり、2世代目は「スーパーシビック」と呼ばれる。初代からの正常進化であり、スタイリングも似ている。続く3世代目は「ワンダーシビック」。グリルレスのフロントと、ナイフで切り落としたようなリアエンドが衝撃的なスタイリングで大ヒットし、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

4世代目「グランドシビック」は3代目の正常進化。スタイリングはキープコンセプトながら、メカニズムは大幅進化した。5世代目「スポーツシビック」は若者向けに路線変更し、その名の通りスポーツ性を高めた。2度目の日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞している。6世代目「ミラクルシビック」は、時代を先取りして超低燃費な環境性能を最大の特徴とし、3度目の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。また、「シビック」として初の「TYPE R」が追加発売され、このモデルは現在でも硬派なスポーツカーとして、中古車価格が高止まりとなる人気モデルだ。

3世代目「ワンダーシビック」

6世代目「ミラクルシビック」

7世代目「スマートシビック」は広い室内空間を特徴とし、4度目の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。4ドアセダンの「シビックフェリオ」にはハイブリッドモデルも追加発売された。世界的には大ヒットしたが、日本では「スマートシビック」発売の1年後に「フィット」が登場すると、急激に販売が落ち込んだ。

方向転換した8世代目モデル、日本から消えた9世代目モデル

2005年に登場した8世代目「シビック」は、フルモデルチェンジを超えて完全に別モデルというべき変質を見せた。コンパクトなハッチバックモデルであったはずの「シビック」だが、ハッチバックモデルは廃止されセダンのみに。そのサイズも大型化して3ナンバーとなった。さらに、親しまれてきた愛称も廃止された。

もうひとつ、この8世代目で特筆すべきことは、欧州向け「シビック」が別途、開発・販売されたことだ。じつは数世代前から「シビック」はイギリスで生産されてきたのだが、基本的に日本向けと同じモデルの生産だった。しかし8世代目の欧州仕様は、「フィット」のプラットフォームとエンジンを流用した5ドアハッチバックであり、日本や米国向けモデルとはまったく別物となっている。

続く9世代目「シビック」は2011年に登場。そしてこのモデルから、「シビック」は日本で販売されなくなった。9世代目「シビック」は、北米では4ドアセダン、欧州では5ドアハッチバックと、8世代目同様に2本立て。単にボディ形状が違うだけでなく、車格もまったく違うし、コンサバな4ドアセダンに対してアヴァンギャルドな5ドアハッチバックと、デザインの方向性も真逆になっている。違いを挙げるより、「車名以外はすべて違う」と言ったほうがいいほどだ。

さて、なぜ「シビック」は国内販売をやめたのか? 以前、モーターショーでホンダのスタッフに聞いたところ、「いまの(9世代目)シビックは海外の道路事情に合わせて横幅を広くしてあるので、日本で販売することは難しい」と言われた。その場では納得したふりをしておいたが、内心は1%たりとも理解できない理由だと思ったものだ。

横幅が広いと日本では売れないというのは昔話だ。「プリウス」は5ナンバー枠を60mmも超える堂々たる3ナンバーボディだが、売れに売れている。「シビック」の永遠のライバルである「ゴルフ」は全幅1,800mmと、9世代目「シビック」よりはるかにワイドだが、「ゴルフ」が日本の道路で持て余すという声は聞いたことがない。

では、「シビック」が日本から消えた本当の理由は何か? 筆者なりの解答としては、ホンダは日本で「シビック」をやめたのではなく、セダンをやめたと考えたほうが正しいと考えている。この10年ほど、ホンダは日本市場でひたすらSUVと軽自動車に注力し、セダン、クーペ、スポーツカーから手を引いてきた。

「シビック」の国内販売中止が2010年。そこから2014年あたりまで、ホンダの国内ラインアップには、セダンが皆無といって過言ではなかった。唯一、「アコード」だけが販売されていたが、その販売台数はあってなきがごとし。その唯一のセダンである「アコード」も、2013年3月に生産を終了し、同年6月に「アコード ハイブリッド」が発売されるまでの数カ月間、ホンダの国内ラインアップには、本当にセダンが1台もなかった。

ホンダに限らず、国内メーカーのほとんどは、この10年ほどセダンをないがしろにしてきた。そうした日本メーカー全体の動向を考えれば、SUVと軽自動車に偏向したホンダの戦略は、あまりに極端ではあったとはいえ、理解できないものではない。

そして、ここで勘違いしてはいけないのは、ホンダの極端な戦略は失敗ではなく、成功を収めているということだ。国内の登録車の販売台数シェアで、2010年頃のホンダはトヨタ、日産に次ぐ3位だったが、現在は日産を抜いて2位になっている。軽自動車では、2010年は販売台数約154万台でシェア9.5%であったのに対して、2015年は320万台を売り、シェアを17.7%まで拡大している。

セダンとスポーツカーの復活でフルラインメーカーに返り咲けるか

日本の新車販売が縮小していく中で、国内メーカーは生き残りをかけ、売れる車種だけに持てる力を集中していった。ホンダはその戦略を見事に成功させたといえるが、その一方で、この状況に漁夫の利を得た別の勢力もある。輸入車ブランドだ。とくにメルセデス・ベンツ、BMW、アウディといった、セダン、クーペ、スポーツカーを得意とするブランドの躍進は著しい。

もちろん、輸入車ブランドの躍進の理由はひとつではなく、さまざまな要因があるだろうが、「セダン難民」とでもいうべき、セダンを購入したいのに国内メーカーに魅力的なモデルを見つけられないユーザーが、輸入車ブランドに流れたことは確かだろう。最近のホンダの戦略は、こうした状況に対応したものといえる。

ホンダは2013年の「アコード ハイブリッド」発売を皮切りに、2014年にはセダンの新型モデル「グレイス」を日本市場に投入。2015年にはフラッグシップモデル「レジェンド」も発売して、取りあえずではあるがセダンのラインアップを再構築した。さらに「S660」や「NSX」を投入し、スポーツカーのジャンルでも復活を果たしている。

こうした一連の動きは、一時の偏ったラインアップを改め、その企業規模にふさわしいフルライン戦略に立ち戻ったともいえる。ただし、その取組みは順調とは言いがたい。スポーツカーは成功しているが、問題はセダンだ。前述の「アコード」「グレイス」「レジェンド」の3モデルは、いずれも販売面で低迷している。

そこで、ホンダが切り札として切ったカードが「シビック」というわけだ。日本市場に復活する新型「シビック」は10代目で、このモデルは8世代目、9世代目と続けた2本立てをやめて、久々に世界統一モデルとなった。米国では昨年に販売を開始し、北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、評価はすこぶる高い。

ホンダの国内市場でのフルライン体制リブートは成功するか。その成否は「シビック」に託されたといっていいだろう。「タイプ R」の発売でスポーツカーのラインアップ強化も図れるから、その意味でもホンダにとって「シビック」が最強の切り札となる。

しかし一方で、「シビック」はすでに若い世代にはなじみのないモデルとなっている。「シビック」を覚えている世代でも、ハッチバックのイメージが強く、セダンにはピンとこない人が多い。新型「シビック」には、日本カー・オブ・ザ・イヤーの常連だった頃の神通力はすでにないというべきだろう。重責を負った新型「シビック」は過去の栄光ではなく、現在の実力でその責を果たさなければならない。

25/40

インデックス

連載目次
第40回 トヨタ、画期的性能を発揮するEV発売か - 全固体電池とは?
第39回 一気に普及しそうな10速AT、ここまでの多段化が必要な理由は?
第38回 あのアルピーヌが復活! その歴史を振り返る
第37回 実用化は近い!? 「空飛ぶ自動車」開発競争が激化している
第36回 スバルXV・インプレッサがJNCAP過去最高得点 - 何が評価されたのか?
第35回 ホンダ「モンキー」生産終了、125ccモデル大挙登場 - 原付バイクどうなる?
第34回 トヨタが本気を出した「プリウス PHV」狙うはエコカー完全制覇?
第33回 新型「ワゴンR」発売、トヨタと提携 - スズキが自動車業界の鍵を握る?
第32回 ホンダ「Riding Assist」実用化されれば女性ライダーが喜ぶ!? その理由は
第31回 マツダ「HCCI」実用化で"ガソリンエンジンの逆襲"始まる!?
第30回 歴史上の名車が蘇る! メーカーによる旧車復活がブームの兆し
第29回 ガソリンエンジンで熱効率41%達成! トヨタ新パワートレーンは何がすごい?
第28回 増加する高齢者の事故 - ペダル踏み間違いを考える
第27回 日産、新型「ノート」に搭載「e-POWER」低燃費技術の新勢力となるか?
第26回 日産×三菱、トヨタ×スズキ、ホンダ×ヤマハ…国内メーカー再編が進む?
第25回 ホンダ「シビック」なぜ日本市場から消えていたのか?
第24回 ホンダ新型「フリード」コンパクトミニバンもスペース系の波が来る?
第23回 トヨタまさかのオカルトチューン!? アルミテープで走りが変わる!
第22回 エンジンはまだまだ進化する! ボッシュが水噴射システムを供給開始
第21回 数々のニューモデルが発表されるペブルビーチ、一体どんな場所?
第20回 日産の可変圧縮比エンジンは100年に1度の大発明!? そのすごさを理解する
第19回 新型「Eクラス」登場、メルセデス・ベンツの考える安全について考える
第18回 新型「セレナ」の自動運転技術「プロパイロット」に求められる役割とは?
第17回 マツダ、新型アクセラに新機軸! 「GVC」が画期的な理由とは
第16回 「ハイパーカー」と「スーパーカー」その線引きは?
第15回 アバルト「124 スパイダー」日本デビューへ - 過去の日欧合作を振り返る
第14回 ミラーレス車が現実に!? 保安基準など変更で自動車はどう変わる?
第13回 自動車の通信機能、日本のメーカーは欧州勢に対抗できるのか?
第12回 スズキ、燃費不正で「中小企業」のユニークさも失われるのか?
第11回 ホンダ新型「アコード」に世界初の新機能 - ITSの次の波が来る!?
第10回 ボルボが凄いことになっている - 2台のコンセプトカーが示す将来の姿は
第9回 ポルシェも4気筒エンジン採用 - 進行する欧州車のダウンサイジング
第8回 自動運転のニュースが続々 - 2020年、主導権を握る企業は?
第7回 三菱自動車が手を染めた燃費不正操作、背景を探る
第6回 新型パッソ・ブーン、トヨタのエントリーモデルをダイハツが担当する意味
第5回 マツダ「ロードスター」が高評価のカー・オブ・ザ・イヤー、いくつあるの?
第4回 スバル新型「インプレッサ」新プラットフォームのめざすところは?
第3回 水素社会は実現する? FCV「2030年までに80万台」普及を宣言
第2回 「クラリティ フューエル セル」環境技術のホンダ復権なるか?
第1回 自動運転の難しさ浮き彫りに - Google自動運転車、初の過失事故

もっと見る

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事