【連載】

困ったときの簡単カタコト英会話術

4 千円札ですね(自動販売機の前で)

 

4/5

この連載では、いざというときに、英語が苦手な人でも「言える・使えるカタコト英語表現」を紹介していきます。

前回取り上げた表現。Need help?「助けが必要ですか?」、~ Line「~線」、stop「停車駅」、fare「運賃」、track「鉄道線路」」など。Your train is on track 1.「あなたの乗る電車は1番線です」も覚えておきましょう。

今回紹介するのは、自動販売機の使い方を説明するときに使う表現。千円札を片手に、食い入るように自動販売機を見ている外国人観光客に声をかけます。次の英文を見てください。

One-thousand-yen bill. Put it in here.
千円札ですね。ここに入れて。

「五千円札」はa five-thousand-yen bill、「一万円札」はa ten-thousand-yen billと言います。ハイフンに注意。「入れる」はPutで表現します。この後、飲み物の選び方も教えましょう。

Take your pick and press it. Here it comes.
選んで、ボタンを押します。出てきました。

Take your pick.は「1つ選ぶ」という意味。pressの代わりにpushも使えます。「(はい)出てきました」は、Here it comes.と言います。さらに、おつり(change)についても説明。

And this lever. Here's the change.
そして、このレバー。おつりです。

おつりを取り出したのを確認してから、笑顔でHave a nice day!

日本は自動販売機大国。その数と種類の多さにびっくり!? ラーメンにうどん、トースト、お土産の自動販売機もあるのですから。戸惑っている外国人観光客を見かけたら声をかけ、おつりの出し方まで丁寧に説明しましょう。

執筆者プロフィール: 岩村 圭南(いわむら・けいなん)

東京下町生まれ。上智大学卒業後、ミシガン大学大学院留学。修士課程修了(MA)。上智短期大学助教授を経て、コンテンツ・クリエイターとして独立。NHKラジオ第2放送で10年間にわたり「英会話レッツスピーク」「徹底トレーニング英会話」「英語5分間トレーニング」各番組の講師を担当。著書多数。

新刊『困った場面を切り抜ける 簡単カタコト英会話』(マイナビ出版/税込1,058円)には、「おもてなし、海外旅行、ビジネス」の場面ですぐに使えるさまざまな英語表現(カタカナ発音表記付き)が収録されている。

※写真は本文と関係ありません

4/5

インデックス

連載目次
第5回 まず掛け湯をして(銭湯で)
第4回 千円札ですね(自動販売機の前で)
第3回 運賃は180円です(券売機の前で)
第2回 3つ数えます(観光地で)
第1回 わさびが鼻につーん(居酒屋で)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東急電鉄「東急線アプリ」目的地までの所要時間実績を表示するサービス導入
[00:01 7/29] ホビー
[メイプル超合金・カズレーザー]CM初出演で“全身赤”封印 オレンジポロシャツで“パン田くん”とダンス共演
[00:00 7/29] エンタメ
[激マン!]永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家
[00:00 7/29] ホビー
しりあがり寿、休館前パルコの展覧会で「ひとまずシメ」る立体作品飾る
[23:55 7/28] ホビー
阪急電鉄、西宮北口駅隣接地に「西宮北口阪急ビル」建設 - 2018年秋完成へ
[23:54 7/28] ホビー