【連載】

関西オモシロ鉄道の旅

21 休止から40年、姫路モノレールの廃線跡を訪ねて

 

21/36

前回に続き、姫路に残る廃線を取り上げたいと思います。今回は「鉄道」というか、「コンクリート道」とでも言いたくなる路線なのですが。1966(昭和41)年に開通して1974年に休止(廃止は1979年)。たった8年間だけ運行していた姫路モノレールを紹介します。姫路駅から手柄山の遊園地まで、全長1.6kmのごく短い路線でした。

休止から40年経った現在も、姫路市内の至る所に姫路モノレールの橋脚や軌道などが残っている

旧大将軍駅のビルは来年をめどに解体へ

JR姫路駅北口を出て、西へ。山陽姫路駅を横目に、普通によく見るような街並みと、そのスカイラインを眺めているうちに、所々に不思議な形の突起物が見えてきました。青空をバックに、銭湯の煙突のようでもありますが、突起物は複数並んでおり、こんなに密集して銭湯があるわけもなく……。これらはすべて、モノレールの橋脚なのです。

ちょっと前まで、この橋脚を結んで軌道も残っていたようですが、それはもう撤去されて、柱だけが残っているのです。

JR姫路駅から廃線探訪はスタート

街中に不思議な形の突起物発見!

突起物の正体は姫路モノレールの橋脚だった

モノレールの橋脚は、民家の屋根の上から突き出た形になっています。民家と民家の間ではなく、民家の屋根をぶち抜くように出ているものも。まさかこの構造物を民家の屋根が支えているわけはないと思うので、おそらく建物の真ん中にコンクリートの柱が立っている、という状況なのでしょうね。建物の中がどうなってるのか、一度見てみたいものです。

橋脚の列を追って進むと、大きなビルに行き当たりました。資料によると、ここは「大将軍駅」という中間駅になっていたらしいです。ビルの真ん中をモノレールが通っているという、なんとも不思議な景色です。

ただ、ビル自体は駅がなくなってからそんなに時間が経っていないようにも感じられます。モノレールの休止とともに廃墟になったとしたら、もう40年が経過しているわけですが、そこまで荒廃した建物には見えません。生活感があるのです。それもそのはず。この建物の5階より上は公団住宅になっていて、いまも入居されている方がいらっしゃるらしいのです。4階部分に駅跡を抱えたまま、このビルは現役だったのです。

しかしこのビル、現在の耐震基準を満たしていないとのことで、来年をめどに解体されてしまうようです。ひょっとしたら、このビルはいつかモノレールが再開する日を信じて、ずっと待っていたのかもしれませんが。

旧大将軍駅。ビルの4階部分に駅があった

旧大将軍駅から先は、一部区間でモノレールの軌道が残る

軌道の一部がツタで覆われている

ちょっと感傷的になりつつ、道路を渡って先に進みます。軌道は山陽新幹線をくぐっています。姫路モノレールの晩年は、山陽新幹線が岡山駅まで開通した時期と数年だけ被っていますので、新幹線がモノレールをまたぐように建設された、というのが正しいのでしょう。後にできたものが遠慮して、上を跨いでいくのですね。

すぐその先で在来線の高架線とも交差しますが、ここはほぼ同じ高さで、姫路モノレールの軌道は撤去されています。近年、姫路駅付近の山陽本線が高架化されましたが、使われなくなったモノレールの軌道はやはり邪魔だったのでしょう。

姫路モノレールの軌道は山陽新幹線の高架下をくぐり、山陽本線の高架線を前に途切れる

姫路~手柄山間を結んでいた姫路モノレール。橋脚と軌道は手柄山の少し手前で途切れていた

その後、モノレールの廃線跡は駐車場の上空を横切り、川沿いを進んで、その先で途切れています。あまり見たことのないヒーローがそれを見上げています。彼にどんな思いがあるのか? それは謎です。

旧手柄山駅には姫路モノレールの車両も

上空を見上げながらの移動はここで終わり、終点の手柄山の園地へ。広い駐車場を横切り、その先で見上げると、れんが造りの施設が見えました。水族館の入口にある、入場料を払わなくていいエリアに、当時のモノレールの車両が展示されてあります。

姫路モノレールは、「ロッキード式」と呼ばれる方式で、日本ロッキード・モノレール社の製造らしいです。有名なロッキード事件は1976(昭和51)年ですが、実際に賄賂が飛び交ったとされる時期は、このモノレールが運行されていた頃と重なりますね……って、あんまり関係のない話でしたね。ちなみにこの車両、もし1966(昭和41)年製だとすれば、筆者と同い年です。3月以前の製造でしたら、学年では1つ先輩ですけど。でも、「彼」はきっと学校行ってないでしょうね。その年からいきなり働き盛りでしたから(笑)。

姫路モノレールが休止された後、車両は長い間、旧手柄山駅の中に封印されたままだったのが、最近になって水族館のリニューアルに合わせて駅部分も改装され、ようやく公開されたとのことでした。姫路市街地に残るモノレールの橋脚や軌道はこの先どんどん撤去され、消えていくことでしょう。それだけに、旧手柄山駅と姫路モノレールの車両が末永く存続することを願ってやみません。

旧手柄山駅は手柄山中央公園内にあり、現在はモノレールの車両も展示されている

手柄山に無数の鷺が!

ところで、手柄山を下りて姫路駅へ戻る道すがら、振り向いて見ると、山の南側に鷺がいっぱいいるのが見えました。さすが姫路、白鷺城(姫路城)の街です。

そういえば、姫路城はずっと大規模な修復工事をしていたのですが、先日リニューアル公開されたとのこと。今度は姫路城もじっくり尋ねてみたい……なんて考えつつ、姫路モノレールの廃線探訪を終えたのでありました。

21/36

インデックス

連載目次
第36回 さよなら、たま駅長 - 和歌山電鐵貴志川線
第35回 紀伊中ノ島駅・紀和駅を歩き、栄枯盛衰を思う
第34回 水軒駅は遠かった… - 南海電鉄の廃線跡を歩く
第33回 381系引退か!? 特急「くろしお」の思い出
第32回 トワイライトエクスプレス「さよなら特別メニュー」公開!
第31回 国鉄時代のイメージから一転、発展を続けるJR尼崎駅
第30回 信楽高原鐵道が運行再開! 1年2カ月ぶりの列車を見届ける
第29回 嵐電 - 魔界都市・京都の魅惑スポットを結ぶ路面電車
第28回 京都の紅葉シーズン到来! 嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車
第27回 ラッピング電車がいっぱい! 京阪石山坂本線
第26回 叡山電鉄で秋の鞍馬へ - 「異世界の旅」を味わう
第25回 「トワイライトエクスプレス」大阪での走行シーンを見届ける
第24回 「Peach」カラーになった南海特急「ラピート」乗車記
第23回 山陽電気鉄道、阪神電車もお世話になってます!
第22回 夏の甲子園駅 - 大規模リニューアルも進行中
第21回 休止から40年、姫路モノレールの廃線跡を訪ねて
第20回 「飾磨港線」姫路に残る廃線跡をたどる
第19回 別府鉄道野口線・国鉄高砂線の廃線跡をたどる
第18回 廃止から30年、別府鉄道土山線の廃線跡をたどる
第17回 あれから6年…三木鉄道、全長6.6kmの廃線跡をたどる
第16回 南海電鉄「赤いラピート」が来た! テンション上がる
第15回 北大阪急行線、新型車両9000形「POLESTAR II」デビュー
第14回 JR大阪環状線「巨大103系」玉造駅に出現!?
第13回 2014年春、桜のある鉄道風景
第12回 閉館近づく交通科学博物館で、昭和の空気に触れる
第11回 「あべのハルカス」と「堺トラム」、そして謎の線路
第10回 阪神国道線・甲子園線を走った「金魚鉢」電車に会いに行く
第9回 和田岬線で「古い友人」たちに出会った
第8回 阪急電鉄の新型車両1000系で、改称間もない神戸三宮駅へ
第7回 阪急京都線に開業した新駅「西山天王山」を訪ねて
第6回 山陰本線、余部鉄橋の記憶(後編)
第5回 山陰本線、余部鉄橋の記憶(前編)
第4回 JR桜島駅、何で鹿児島じゃなく大阪にあるんですかね?
第3回 浜寺公園駅の洋風駅舎で「本物のレトロ」を味わう
第2回 阪堺線に登場! 新型低床式車両「堺トラム」に乗る
第1回 さよなら30系! 大阪市営地下鉄の思い出

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア

本音ランキング