【連載】

事例で学ぶiPhone/iPad活用術

145 イタリアワイン輸入会社がiPadとFileMakerを使って業務全般のIT化

145/200

エトリヴァン 社長 佐々木仁氏

パスタ、ピザ、カルパッチョ、ジェラート、カプチーノ……、イタリア料理はすっかり日本人の舌に馴染みの味となった。イタリア料理専門店の増加に伴い、イタリアワインの輸入量はフランスワインに次いで第2位にまで増加している。ワインに詳しい方なら、イタリアワインの有名ブランド「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」の名を聞いたことがあるかもしれない。こうした高級ワインをはじめ、イタリアワインがここまで日本に普及したのは、1985年にイタリアワイン専門の輸入会社「エトリヴァン」を設立した佐々木仁氏の功績に負うところが大きい。

横浜市鶴見区に事務所兼倉庫を構えるエトリヴァンは、佐々木社長と娘の杏奈氏、杏奈氏とカナダ留学中に知り合って結婚したイタリア人のマセッリス ドナテッロ氏、さらにスタッフ3人で切り盛りしている。倉庫にはトスカーナ地方を中心に、イタリア全土の84ワイナリーから輸入したワインを常時6~7万本ストックし、ほぼ毎月8,000~9,000本を輸入している。販売先はイタリア料理専門店への直販が中心で、創業当時は佐々木社長自身がシェフやソムリエから注文を取り、自分で車を運転して客先まで配達していたという。しかしイタリアワインをめぐるビジネス環境は大きく変わってきた。

常時6~7万本のボトルを保管している倉庫。イタリアのワイナリーからこの倉庫までの輸送では「ドア TO ドア」で15度の定温管理を行っている

イタリアワイン輸入業界は競争社会

「以前、イタリアワインの輸入業者は数社だったので、顧客から電話で注文を受けるだけでよかったのですが、需要が伸びたことで輸入業者も増え、現在は150社以上もの同業社が受注競争を繰り広げています」と語るのは、カナダでマーケティングを学んだドナテッロ氏だ。

マセッリス ドナテッロ氏

「ただ電話を待っているだけでは注文を取れなくなり、外へ出て営業をする必要に迫られました」(ドナテッロ氏)

そこで課題となったのは、外出先での在庫確認だ。シェフやソムリエから、特定の銘柄、特定のヴィンテージ(年代)について問われたとき、自社倉庫に在庫があるか確認してからでないと回答できないが、倉庫にある400もの銘柄とそれぞれのヴィンテージについて、日々変動する在庫数を記憶しておくのは不可能だ。

「急いで在庫数や価格などを調べ、その場で注文を取ってしまう必要があります。なぜなら『後で調べて連絡します』といって私が帰った後に、別の業者が営業に来るかもしれないからです。受注できるかどうかはスピードが勝負。外出先から在庫を確認する手段がどうしても必要でした」(ドナテッロ氏)

iPadとFileMakerでビジネス支援アプリを開発

同社ではデスクトップパソコンから利用する見積・請求・在庫管理のシステムを運用していたが、拡張性に乏しく、日本語しか使えなかった。日本語に不慣れなドナテッロ氏も使えるよう、多言語に対応した新しいシステムへの移行を決断したのは2012年の2月だった。テクノロジーに詳しいドナテッロ氏は、当初からiPadとFileMakerを使ったシステムを志向していたという。

「FileMakerによるソリューションを選んだ理由の1つは、プログラマーでなくてもある程度のカスタマイズができる柔軟な開発環境が用意されていたことです。汎用的な業務パッケージシステムを導入したらカスタマイズが大変になりますが、FileMakerならいろいろなアイディアを簡単に追加していけると考えました」(ドナテッロ氏)

開発に当たったのは、FileMakerの開発実績があるマジェスティック。同社の船越宏二氏は、ドナテッロ氏との開発プロセスを次のように語る。

「エトリヴァン様からのリクエストは、既存の見積・請求・在庫管理システムをFileMakerに移植してiPadから参照できるようにするという内容でした。当社が基本機能を組み上げたところ、例えば、ビンテージごとの分類ではなく銘柄で分けてほしいといった要望があり、ドナテッロ様も開発に参加されてカスタマイズを施していきました。その後もユーザー視点でのさまざまな機能を実装していき、エトリヴァン様ならではのツールに作り上げていきました」(船越氏)

FileMakerの特徴は、使いやすさと拡張性、変更のしやすさだと船越氏は指摘する。通常のデータベースをiPadやiPhoneから利用する場合、プログラミング言語を駆使して専用のインタフェースを開発しなくてはならないが、FileMakerなら無料で使えるiOS用プラットフォーム「FileMaker Go」をフロントエンドのアプリとして、「FileMaker Pro」で構築したデータベースへ簡単にアクセスできる。

さらに、多言語対応機能を生かして、日本語と英語、さらに仕入れ先はイタリアの会社なのでイタリア語も使える3カ国語が混在するユニークなシステムができあった。

iPadから開いた在庫管理画面(左)と仕入れ先のワイナリー管理画面(右)

販売機会を逃さない営業ツール

「先日、夜11時ごろに妻がFacebookを眺めていたところ、当社のお客様が特定の銘柄のワインを求めていると書き込んでいるのを見つけました。すぐに多くのワイン輸入業者から『注文を受けたい』という内容のコメントが書き込まれましたが、受注できたのは当社でした」(ドナテッロ氏)

それは、銘柄・ヴィンテージ・価格を指定して100本欲しいという大量のリクエストだった。それだけの本数が確実に在庫しているか調べなければ注文は受けられない。

「自宅からiPadでシステムに接続して、在庫があるのを確認すると、すぐにお客様に連絡して『当社ではそのワインをこの価格で提供できます』と連絡しました。このように、素早い動きが受注につながる、それが現在のマーケット状況なのです」(ドナテッロ氏)

カスタマイズを重ねて業務全般をカバーする

FileMakerを導入したシステムは当初、数種類の機能で運用を開始したが、次々と機能追加を重ねた結果、現在では顧客管理、販売管理、購入管理、棚卸など、ワイン輸入に必要な業務をほぼカバーする30もの機能に拡張されている。

FileMakerを使ったシステムのトップ画面。1つのボタンが1つの業務に結びつく分かりやすいレイアウトだ

例えば在庫管理でも、現在の在庫数だけにとどまらず、売れ筋商品を見つけるための機能や、過去の売れ行き状況から将来の売れ行きを予測して、何カ月後には売り切れるという予測を色分けで表示して、発注すべき商品を一目で分かるようにするなどだ。

佐々木 杏奈氏

「イタリアのワイナリーに発注してから、実際に横浜の倉庫に荷物が到着するまで、3カ月かかります。常に3カ月先の需要を見越して発注しているのですが、以前は全商品のリストをExcelに手入力して日付管理をしていました。それを目で確認して、在庫が何本だからそろそろ発注しなければ、といったアナログな対応をしていたのです。今はボタンを押して数秒待つだけで、発注のタイミングや支払いの期限といったスケジュール管理すべき業務をiPadが漏れなく知らせてくれるので、同じ銘柄をうっかり2度発注したり、発注を忘れて欠品するようなミスはなくなりました」(佐々木杏奈氏)

棚卸のコストを1/10に圧縮

iPadの持ち運びやすい特徴は、社外へ持ち出して受注活動をするほかに、棚卸業務の効率化にも大きな貢献を果たしている。

「3カ月ごとに実施する棚卸は大きな問題でした。以前は倉庫に行き、品目ごとに在庫を数えて数量を紙に手書きし、終わったらオフィスに戻ってパソコンにデータを打ち込む作業に、延べ15~20時間かかっていました。それが現在では、iPadを持って倉庫に行き、ロット番号やワインの本数をiPadに入力するだけ。2時間程度で終わります」(ドナテッロ氏)

iPadを使った棚卸では、作業時間が約1/10に短縮された

通関手続きや支払いに必要なインボイス(送り状)のペーパーレス化も実装している。インボイスは数年間の保管義務があるが、紙の書類を大量に管理していくのは大変だ。また紙の資料は後で捜し出すのも不便になる。そこでイタリアからFAXなどで届けられたインボイスをスキャンして、画像としてシステムに取り込むようにした。

「コンテナが横浜港に接岸して関税手続きをしている際に、業務委託している会社からある商品のインボイスをFAXで送ってほしいと依頼されることがあります。以前なら、外出中には対応できず、会社に電話をしてスタッフに探してもらったり、自分で会社に戻ってから探して送ったりしていました。いまは、どこにいてもiPadから必要なインボイスを検索して、その場からメールで送信できるようになりました」(ドナテッロ氏)

システムに取り込まれたインボイスのスキャン画像は、iPadからメール送信可能だ

「6人という限られた人員で回している会社ですので、それぞれが専門の仕事を受け持っていて、なかなか他の業務にまで手が回りません。いろいろな場面で業務の負担を減らしてくれるこのツールはとても助かります」(佐々木杏奈氏)

イタリアのワイン文化を日本に紹介するエバンジェリスト

「お客様にプレゼンテーションするときには、iPadで写真を見せると効果的です。似たようなラベルがたくさんあるので、写真でラベルを見せるとすぐに分かり、間違いがなくなります」と語る佐々木社長は、雑誌やWebに寄稿する文章を書くときにも、よくiPadを利用しているという。

イタリアのワイン生産を勉強するため1年間フィレンツェに移住したこともある佐々木氏は、創業当時から「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」の輸入を手掛け、1999年には同ワインの販売に貢献した労により同生産者組合から第6回レッチョドーロ賞を贈られた。 また、イタリアで1997年に大きな地震被害があったときに生産者が復興ワインを販売して復興資金を集めたことにならい、東日本大震災の復興支援のため、イタリアのワイナリーに依頼した独自ブランドの復興ワインを販売し、売上金の一部を寄付する活動を行っている。

創業当初に輸入した1982年の「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」(右端)

ボトルの背面に「雨ニモマケズ」のエッチングを施した復興支援ワイン

 
イタリアのワイン文化を精力的に日本へ紹介する佐々木社長と、それをITテクノロジーで支えるイタリア生まれのドナテッロ氏。長年培ってきた仕入れルートとワインを選ぶ独自の視点を持つエトリヴァンは、ビジネス本位の大手食品輸入業者とは一線を画す貴重な存在といえよう。

エトリヴァン創業者の佐々木仁社長(中央)と、娘の杏奈氏(右)、娘婿のドナテッロ氏

145/200

インデックス

連載目次
第200回 iPadで新人の営業支援、対面営業で質の高い情報を提供-日本アジア証券
第199回 脱フィーチャーフォンでスピード感のある業務スタイルに
第198回 グループ会社の社員を含め全員がiPhoneをフル活用 -日本事務器
第197回 iPad対応の歯科ソリューションで在宅歯科診療支援 -サンシステム
第196回 iPadでレジ周りをスッキリスマートに変えるクラウドPOS導入 - Zoff
第195回 iPad導入で診察の呼出やドクター紹介など、女性医療サービスの質を向上
第194回 シスメックスが全社員にiPhoneを配布し、ワークスタイル改革を実現
第192回 アリババがiPhoneとクラウドPBXの導入でオフィスをフリーアドレス化
第191回 iPadを使ったナビで宅配業務を大幅に効率化 - すし海道
第190回 タクシーにiPadを搭載してデジタルサイネージを導入
第189回 ロッテ商事がiPadを使って営業・店舗巡回営業スタッフのワークスタイル変革
第188回 "男も美脚"をアピールするためデジタルサイネージを活用
第187回 タカキュー、店舗運営にiPadを導入して効果的な店舗環境づくりを実現
第186回 社員の自由な発想を社内全体に広げるJR東日本 - 乗務員だけではなく、技術系部署でも活用を促進
第185回 鍵のトラブル対応のBESTがiPhoneとPayPal Hereで客単価を30%向上
第184回 竹中工務店がモバイル端末活用で目指す「竹中スマートワーク」
第183回 iPadを活用したコールセンターとフィールドワーカーの連携で業務負荷を低減
第182回 グローバル展開する材料メーカーがiPadで提案・承認業務を効率化
第181回 リサイクルショップがiPadと遠隔監視システム「i-NEXT」で顧客満足度を向上
第180回 iPadが高性能なPOSレジになる - リクルートライフスタイルが「Airレジ」活用(動画付)
第179回 ブラザー販売がiPhoneとシンクライアントで「いつでも、どこでも、マイオフィス」
第178回 専門商社の営業スタイル改革に独自の運用ノウハウでiPhoneとiPadを活用
第177回 レンタルユニフォームのアラマークがiPadでワークスタイルを改革
第176回 坂田建設がiPadとPrimeDriveでワークスタイルを一新
第175回 大丸松坂屋百貨店、iPad導入で顧客ニーズを効果的に引き出す
第174回 建築業の工程管理にiPadとFileMakerを導入し工期を4週間も短縮
第173回 商業施設のインフォメーションでiPadを活用し接客対応向上
第172回 エクシングがiPhoneでCRMを利用した営業やPayPal Hereでの料金回収で効率化
第171回 eラーニングやアンケートへ広がる三和シヤッターのiPad活用(動画付)
第170回 建設業界の人手不足解消にiPhoneが貢献 - ITで現場を業務効率化(動画付)
第169回 コーセーが店頭システムとしてAWSとiPadによる独自システムを構築(動画付)
第168回 在宅医療を支える薬剤師がiPadで医師や看護師、介護スタッフとSNS連携(動画付)
第167回 分煙環境整備の支援をする分煙コンサルタントがiPad+動画で提案力を強化
第166回 現場報告、帳票記入をiPhone・iPadで - 建設業界で革新的なIT活用
第165回 建設業界の標準ツールを目指す図面共有用iPadアプリ「CheX」- 鹿島建設
第164回 東横インが本社役員と全ホテル支配人にiPad mini配付(動画付)
第163回 JR東日本がiPad mini 7,000台を全乗務員に携行させ、対応をICT化(動画付)
第162回 iPad採用とアプリ刷新でタブレット活用率を大幅向上 - アステラス製薬
第161回 「スマートカタログ」でマルチメディアコンテンツによる営業訴求力向上
第160回 iPadで保守作業員の業務改革 - 年間57万時間を削減した施策とは?(動画付)
第159回 ベンチャー企業がiPadを認定施工店に貸与、販売力をレバレッジ(動画付)
第158回 固定電話番号での発着信をiPhoneで実現 ‐ FOXインターナショナル
第157回 議員と市幹部職員にiPadを導入、"タブレット議会"に移行した逗子市(動画付)
第156回 サイボウズのワークフローで決裁時間を大幅短縮 - 極楽湯(動画付)
第155回 パラカがコインパーキングの候補地探しにiPad miniと地図を活用(動画付)
第154回 中古車買取の「アップル」、iPad miniを導入して成約率を向上(動画付)
第153回 遠隔監視システム「i-Next」とiPadで美容室の店舗管理や美容師育成
第152回 東京都飲食業生活衛生同業組合がiPadによる魚の直接仕入れを開始(動画付)
第151回 P&GがiPad導入でビジュアルプレゼンテーションを実現(動画付)
第150回 データをリアルタイムでクラウドに保存するiPad健康診断システム(動画付)
第149回 ロンドン五輪・フェンシング銀メダルを支えたiPadの映像分析
第148回 ナマコ漁をiPadでICT化 - 新星マリン漁協とはこだて未来大の取組み(動画付)
第147回 食肉小売店がiPad miniで棚卸システム、作業時間を3分の1に短縮(動画付)
第146回 日本大学歯学部が実習教材としてiPadを採用
第145回 イタリアワイン輸入会社がiPadとFileMakerを使って業務全般のIT化
第144回 遠隔地に低コストでコンサルティングを提供するiPadアプリ「経営参謀」(動画付)
第143回 鮮魚店チェーンにiPad導入で、店舗売上前年比10%UPを実現(動画付)
第142回 客先に常駐している社員とのコミュニケーションツールとしてiPhoneを導入
第141回 クリーニング業でiPadレジとPayPal Hereを使ってクレジット決済(動画付)
第140回 ANAがパイロット2,500名にiPadを配布 - ドラム缶28万本の燃料を削減(動画付)
第139回 ダノン、iPhoneを使った情報ツール導入で営業体制を強化 - 情報量は8倍に
第138回 トリンプが店頭でのコンサルティングツールとしてiPad miniを活用
第136回 独自iPadアプリ導入で営業力を向上させた三菱ふそうトラック・バス(動画付)
第135回 「PayPal Here」を導入したカフェバーが支出・売上管理アプリを駆使
第134回 三井倉庫が1,200台のiPhoneを活用 - 内線、Google Appsでさらなる効率化も
第133回 外車修理ショップが支払いサイクルの早さを評価してPayPal Hereを即導入
第132回 iPadのマッピングアプリで効率的な配送ルート・顧客確認が可能に
第131回 鳥取県立中央病院がXenDesktopを利用したカルテの遠隔閲覧システムを導入
第130回 地図検索システムをiPad miniから閲覧し、営業効率向上。売上にも直結
第129回 iPhoneとICカードを使った救急医療システム構築 - 室蘭総合病院(動画付)
第128回 建設現場のワークスタイル変革にiPad/iPhoneを導入 - 岩田地崎建設(動画付)
第127回 iPadの受注データをそのままサーバに登録 - 大阪の町工場がFileMakerで実現
第126回 iPadの動画を駆使して販売促進するゼブラの営業改革(動画付)
第125回 中外製薬、iPadで医師と効果的なコミュニケーションを実現(動画付)
第124回 北はりま森林組合が提案資料の作成にiPadを活用(動画付)
第123回 名刺管理ソリューションとiPhone/iPadの活用で商談機会を創出
第122回 多品種化への移行にiPadの独自アプリを活用 - 三和シヤッター工業(動画付)
第121回 AS/400上の基幹のレンタルシステムをiPadから参照
第120回 新宿の居酒屋がレジシステムをiPadに変更 - 店のどこからでも精算が可能に
第119回 経営陣の緊急対応“ホットライン”としてiPadを情報インフラに活用
第118回 顧客対応から施工管理まで、ミサワホームがiPad1,400台を活用(動画付)
第117回 磁石の力でイベント設営が容易に、その省力効果を動画で訴求
第116回 在宅医療にiPad利用し、1日2時間の労働時間短縮(動画付)
第115回 iPadによるコンサルティングで美容室への業績向上をサポートするコタ
第114回 フューチャースクールで最先端のICT教育を実践した岡山・哲西中学(動画付)
第113回 派遣や在宅勤務など、多様な業務形態にあわせた最適な働き方をiPadで実現
第112回 タマホームが全社員にiPhoneを配布し、業務効率化とFacebookに活用
第111回 フジタ製薬が社内業務やBIツールを活用した売れ筋把握にiPadを活用(動画付)
第110回 JFEエンジニアリングが現場との距離弊害をiPadとクラウドで解決(動画付)
第109回 アートネイチャーがiPadでの頭皮チェックや予約システムを参照(動画付)
第108回 小池酸素工業が営業力強化とマーケティングリサーチにiPadを活用
第107回 住所録をFileMakerでデジタル化し、iPhoneで活用する檀家管理システム
第106回 鹿島道路が特殊工法をアピールするキラーツールとしてiPadを選択
第105回 VPN経由でiPadから基幹システムに接続し、在庫確認や発注業務を実現
第104回 ラーメン店がiPadとPayPal Hereでクレジット払いに対応し、客数増を狙う
第103回 東京の歯科医院が訪問医療にiPadを活用(動画付)
第102回 エーザイがオンラインストレージでセキュアなiPadシステムを実現
第101回 熊谷組、設計本部にiPadを導入し顧客説明や施工監理の業務改革に成功

もっと見る

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事