【連載】

事例で学ぶiPhone/iPad活用術

114 フューチャースクールで最先端のICT教育を実践した岡山・哲西中学(動画付)

  [2013/03/25]

114/200

岡山県新見市は2011年8月より、総務省が行う「フューチャースクール推進事業」に参画し、新見市立哲西中学校をモデル校として、学校教育現場でのICT機器活用の実証研究に取り組んでいる。

全校生徒62人(2012年現在)にタブレット端末(iPad 2 3Gモデル)を配付し、インタラクティブ・ホワイトボード(電子黒板。以下、IWB)11台を普通教室、特別教室および体育館に設置。校内には無線LANネットワーク環境を整えて、常時インターネットに接続する状態で授業にiPadを活用している。

新見市立哲西中学校

一般的なICT教育では、特定の学科に限ってパソコン設備のある教室に移動し、インターネットや電子教材などを利用するにとどまっているが、同校ではほぼすべての授業でiPadおよびIWBを活用した教育を実践している。もはやiPadやIWBは特別な教具ではなく、ノートや鉛筆と変わらない日常的な文房具だ。

以下が、実際の校内での利用シーンを収めた動画だ。


電子教材・アプリ・動画撮影など多彩な授業風景

英語の授業では、開始と同時にiPadから「ラインズeライブラリアドバンス」(ラインズが提供するネットワーク接続型の学習支援コンテンツ配信サービス。以下、電子教材)を使って、形容詞の比較級に関するドリルを生徒に解かせた。

iPadで電子教材を開いてドリルを解く様子

教師が作成したミニテストのプリントを配って、解答を回収する方法が一般的だが、これでは授業中に採点して生徒個別に誤答個所を把握させるのは時間的に無理だ。ところがiPadと電子教材を使えば、生徒が解答を選択するたびに採点が実行される(不正解ではブザー音が鳴る)ため、どこで間違えたかを生徒に意識させた状態で授業を進められる。生徒たちは慣れた様子で次々と問題を解いていき、ほんの数分でドリル課題は終了した。

午後最初の授業であれば、普通なら生徒たちは昼休み気分が抜けず、なかなか授業に集中できないものだ。そんなときでも、iPadを使って生徒自身が手を動かす時間を与えてやれば、授業への集中力は高まる。また、ミニテストの採点結果を翌日に返されるよりも、その場ですぐに採点結果を見せられる方が、生徒のやる気は刺激されるだろう。

ドリル課題に続き、IWBを使って生徒に「あなたにとって国語、数学、社会、理科、英語の中で一番簡単な教科は」というアンケートを実施した。生徒が手元のiPadからアンケートに回答すると、結果はネットワーク経由で瞬時に集計されて棒グラフとなってIWBに表示される。これは「~ is easier than ~」という構文を学ばせるための導線だ。

教師が一方的に黒板に例文を書いて説明するよりも、アンケートへの回答という情報共有を取り入れることで、生徒たちの授業への参加意識が高まる。iPadを教材アプリなどの自習ツールとして使うだけでなく、IWBのネットワーク機能を生かしたインタラクティブなコミュニケーションを授業に取り入れることも、同校のICT教育の特徴となっているようだ。

IWBを使ったアンケートの実施(左)とiPadからの回答を集計した結果(右)。生徒会の選挙などでもiPadを使った電子投票を行っている

体育の授業ではバスケットボールのシュート動作を練習する課題が生徒に与えられた。書画カメラで教科書の一部を拡大してIWBに映し出し、基本的動作のポイントを理解させたら、さっそく生徒たちはボールを持ってシュート練習を始める。

体育館にてパソコンと書画カメラを使ってIWBに教科書の一部を拡大して表示、さらにポイントになる部分には手書きで書き込みを入れている

ここまでは、どこにでもある体育の授業風景だが、ある程度シュート練習を行った後、グループリーダーがiPadを持ってきて、カメラアプリを立ち上げるとシュートを打つクラスメイトを動画で撮影し始めた。そして撮影後、生徒たちはiPadを囲み動画を再生して各自のフォームを確認し、互いの動きを批評し合った。動画を使って自分のフォームを修正するなどはプロスポーツの世界とばかり思っていたが、iPadを使えば普通の体育授業でも同じことができてしまうことは驚きだ。

シュートフォームを動画撮影して、修正すべきポイントを生徒同士でチェックし合う

こうした思いもかけないiPadの教育活用は、日常的にiPadを使い込んでいる中で、生徒や教師の中から次々とアイデアが生まれてくるのだという。同校の名越礼祥校長は、iPadの活用ポリシーについて次のように語る。

「iPadのような新しい道具は、とにかく使い込んでみないと何に使えるのか分かりません。先生たちにはどんどん授業で使うようにいっています。使っていくうちに、さまざまなiPadの活用法がおのずと見つかるものです」(名越校長)

ICT教育のメリットは生徒・教師の双方にもたらされる

同校の情報担当を務める小林佳夫教諭は、ICTを活用する最大のメリットは授業密度を高められることにあると断言する。

新見市立哲西中学校 数学教諭 小林佳夫氏

「例えば私の担当する数学の授業で証明問題を教えるとしましょう。従来、黒板に図や式を書きながらでは一時限で教えられるのはせいぜい4問程度でした。証明問題には複数の解き方があるのですが、とてもそこまで説明する時間はありません。ところがIWBに例題と解答を投影することで板書に使う時間を節約できます。いまは複数の証明方法を示しながら、6問くらい教えられるようになりました」(小林教諭)

iPadとIWB、そしてネットワークを複合的に活用する授業スタイルも、従来にない教育効果を生み出している。冒頭の英語授業で紹介したように、同校では電子教材を授業に取り入れているが、そうしたコストのかかる教材を使わなくても、十分な効果を得られるという。

「証明問題を紙のノートに手書きで解かせて、iPadで写真を撮るのです。それをネットワーク経由でオンライン型のファイル共有サービス『Dropbox』に各自アップロードさせます。それをIWBで開いてやれば、全員の解答を簡単かつ瞬時にクラス全員で共有できます」と語る小林教諭。なお、「Dropbox」で共有するのは、情報漏えいのリスクを考慮して、個人情報を含まないファイルに限定している。

生徒に問題を解かせた後に前に出て発表させる場合でも、以前であれば事前に全員の解答に目を配る手段がなく、結果として積極的に発表したがる生徒ばかりを指名したり、気になっている生徒に発表させることが多くなりがちだった。

「ICTを使うと、全生徒の解答をリアルタイムで確認できますから、面白い発想の生徒を見つけたり、おとなしい生徒にも発表の機会を与えられるようになり、指名する生徒の偏りはなくなりました。生徒たちにも変化が表れています。常に全員の解答がIWBで共有されているので、『間違っていたら恥ずかしい』とか『自分の答えを人に見られたくない』という発想はなくなります。その結果、積極的に前に出て発表しようという意識が強くなりました」(小林教諭)

新見市および哲西中学校のネットワーク環境(「フューチャースクール推進事業報告書」より)

iPadを教育に活用する必要条件とは?

同校のICT教育で特徴的な点は、一人に一台配付したiPadを授業以外の活動に広く活用していることである。例えば、廊下に貼り出してある掲示物は、生徒自身がiPadを使って制作したものだという。また、沖縄の修学旅行では、グループに分かれ民宿に分宿したのだが、各グループにiPadを1台ずつ持たせたところ、それぞれが宿での食事風景などの写真を撮って感想を書き込んだレポートを「Dropbox」で共有し合う活動が自発的に生まれたという。

こうした課外活動へのiPad利用に加えて、生徒は自宅にもiPadを持ち帰って良いことになっている。新見市は「元気な地域づくり交付金」(農林水産省)と「地域情報通信基盤整備推進事業」(総務省)等で市全域に光ファイバーを敷設する「ラストワンマイル事業」(協力通信事業者はソフトバンクテレコム)を実施しており、プロバイダと契約(有料)すればブロードバンドインターネットを利用できるほか、ほぼ市内全域で携帯電話の電波を受信できる通信環境も整っているので、生徒は自宅でもiPadの3G回線を通してインターネットを楽しむことが可能だ。

これについては当初、父兄から反対意見もあったというが、名越校長の決断で自宅への持ち帰りを許可した。ネットサーフィンにフィルタリングをかけ、アプリのダウンロードは禁止するなど、一定の制約を課してはいるが、基本的にはどんな使い方をしても構わない。名越校長は、「あれはダメ、これはダメと生徒を縛るのではなく、好きなように使い倒してもらった方がいいのです。そうすることで、生徒たちの発想に広がりが生まれ、ICTスキルも高められます」と語る。自宅に持ち帰ったiPadを父兄にも使ってもらい、また授業参観の機会を増やすなどでコミュニケーションを深める努力をした結果、今では父兄からの理解も得られるようになった。

同校の取り組みは学校関係者の間で評判となり、多くの問い合わせや見学希望が寄せられるようになった。新見市役所の情報管理課に勤め、同市のICT教育事業を推進してきた真壁雅樹氏は、成功のポイントを次のようにアドバイスする。

新見市役所 情報管理課 真壁雅樹氏

「まず何より、先生方がiPadを自分で使ってみることです。高価な電子教材を使わなくても、工夫次第で無料アプリだけを使ってiPad授業を実施することは可能です。哲西中学校では、PDFや写真を開いて書き込みができる『neu.Annotate』という無料アプリを積極的に使っています。情報共有の手段として、これも無料で使える『Dropbox』を使い、ミニテストを配付して『neu.Annotate』で開いて手書きで解答させ、再び『Dropbox』で回収するといった使い方です」(真壁氏)

そうはいっても、星の数ほどあるアプリの中から教育活動に使えるものを見つけ出し、使い方をマスターし、すべてのiPadにインストールするといった業務を教員に負担させるのは現実的ではない。端末の故障対応やセキュリティの設定、アプリのインストールといった運用管理の業務に関して、同校では「フューチャースクール推進事業」により配置されているICT支援員が対応している。

「ICTの専門家に裏方の支援を任せられることで、われわれ教員は本来の教育活動に専念できます。こうした分業制を敷くことが、ICT教育を成功させる重要なポイントだと感じています」(小林教諭)

このほかにも、小林教諭はIWBとネットワーク環境がポイントだと指摘した。もともとiPadはネットワークを使った情報共有に優れたデバイスなのだから、最低でもiPadとネットワーク環境を用意しないと、教育効果は半減するだろうとのこと。IWBは非常に高価な製品のため、同校のように公的予算でないと配備するのは難しいが、一般的なプロジェクターでも工夫次第で代用は可能だろう。

新見市では、哲西中学校の「フューチャースクール推進事業」に先立って「ICT絆プロジェクト」(総務省)による新見市立高尾小学校でのICT教育にも取り組んでおり、「義務教育期間9年間を通じたICT教育」のモデルケースを完成させ、市内の小中学校への展開・普及を目指しているという。有償の電子教材や無料アプリをケースバイケースで使い分けた授業の組み立て方や父兄とのコミュニケーション、ICT事業者との役割分担など、モデル校ならではのノウハウが多く蓄積されている。こうした取り組みをきっかけに、公立学校へのICT教育普及に弾みがつくことを願いたい。

114/200

インデックス

連載目次
第200回 iPadで新人の営業支援、対面営業で質の高い情報を提供-日本アジア証券
第199回 脱フィーチャーフォンでスピード感のある業務スタイルに
第198回 グループ会社の社員を含め全員がiPhoneをフル活用 -日本事務器
第197回 iPad対応の歯科ソリューションで在宅歯科診療支援 -サンシステム
第196回 iPadでレジ周りをスッキリスマートに変えるクラウドPOS導入 - Zoff
第195回 iPad導入で診察の呼出やドクター紹介など、女性医療サービスの質を向上
第194回 シスメックスが全社員にiPhoneを配布し、ワークスタイル改革を実現
第192回 アリババがiPhoneとクラウドPBXの導入でオフィスをフリーアドレス化
第191回 iPadを使ったナビで宅配業務を大幅に効率化 - すし海道
第190回 タクシーにiPadを搭載してデジタルサイネージを導入
第189回 ロッテ商事がiPadを使って営業・店舗巡回営業スタッフのワークスタイル変革
第188回 "男も美脚"をアピールするためデジタルサイネージを活用
第187回 タカキュー、店舗運営にiPadを導入して効果的な店舗環境づくりを実現
第186回 社員の自由な発想を社内全体に広げるJR東日本 - 乗務員だけではなく、技術系部署でも活用を促進
第185回 鍵のトラブル対応のBESTがiPhoneとPayPal Hereで客単価を30%向上
第184回 竹中工務店がモバイル端末活用で目指す「竹中スマートワーク」
第183回 iPadを活用したコールセンターとフィールドワーカーの連携で業務負荷を低減
第182回 グローバル展開する材料メーカーがiPadで提案・承認業務を効率化
第181回 リサイクルショップがiPadと遠隔監視システム「i-NEXT」で顧客満足度を向上
第180回 iPadが高性能なPOSレジになる - リクルートライフスタイルが「Airレジ」活用(動画付)
第179回 ブラザー販売がiPhoneとシンクライアントで「いつでも、どこでも、マイオフィス」
第178回 専門商社の営業スタイル改革に独自の運用ノウハウでiPhoneとiPadを活用
第177回 レンタルユニフォームのアラマークがiPadでワークスタイルを改革
第176回 坂田建設がiPadとPrimeDriveでワークスタイルを一新
第175回 大丸松坂屋百貨店、iPad導入で顧客ニーズを効果的に引き出す
第174回 建築業の工程管理にiPadとFileMakerを導入し工期を4週間も短縮
第173回 商業施設のインフォメーションでiPadを活用し接客対応向上
第172回 エクシングがiPhoneでCRMを利用した営業やPayPal Hereでの料金回収で効率化
第171回 eラーニングやアンケートへ広がる三和シヤッターのiPad活用(動画付)
第170回 建設業界の人手不足解消にiPhoneが貢献 - ITで現場を業務効率化(動画付)
第169回 コーセーが店頭システムとしてAWSとiPadによる独自システムを構築(動画付)
第168回 在宅医療を支える薬剤師がiPadで医師や看護師、介護スタッフとSNS連携(動画付)
第167回 分煙環境整備の支援をする分煙コンサルタントがiPad+動画で提案力を強化
第166回 現場報告、帳票記入をiPhone・iPadで - 建設業界で革新的なIT活用
第165回 建設業界の標準ツールを目指す図面共有用iPadアプリ「CheX」- 鹿島建設
第164回 東横インが本社役員と全ホテル支配人にiPad mini配付(動画付)
第163回 JR東日本がiPad mini 7,000台を全乗務員に携行させ、対応をICT化(動画付)
第162回 iPad採用とアプリ刷新でタブレット活用率を大幅向上 - アステラス製薬
第161回 「スマートカタログ」でマルチメディアコンテンツによる営業訴求力向上
第160回 iPadで保守作業員の業務改革 - 年間57万時間を削減した施策とは?(動画付)
第159回 ベンチャー企業がiPadを認定施工店に貸与、販売力をレバレッジ(動画付)
第158回 固定電話番号での発着信をiPhoneで実現 ‐ FOXインターナショナル
第157回 議員と市幹部職員にiPadを導入、"タブレット議会"に移行した逗子市(動画付)
第156回 サイボウズのワークフローで決裁時間を大幅短縮 - 極楽湯(動画付)
第155回 パラカがコインパーキングの候補地探しにiPad miniと地図を活用(動画付)
第154回 中古車買取の「アップル」、iPad miniを導入して成約率を向上(動画付)
第153回 遠隔監視システム「i-Next」とiPadで美容室の店舗管理や美容師育成
第152回 東京都飲食業生活衛生同業組合がiPadによる魚の直接仕入れを開始(動画付)
第151回 P&GがiPad導入でビジュアルプレゼンテーションを実現(動画付)
第150回 データをリアルタイムでクラウドに保存するiPad健康診断システム(動画付)
第149回 ロンドン五輪・フェンシング銀メダルを支えたiPadの映像分析
第148回 ナマコ漁をiPadでICT化 - 新星マリン漁協とはこだて未来大の取組み(動画付)
第147回 食肉小売店がiPad miniで棚卸システム、作業時間を3分の1に短縮(動画付)
第146回 日本大学歯学部が実習教材としてiPadを採用
第145回 イタリアワイン輸入会社がiPadとFileMakerを使って業務全般のIT化
第144回 遠隔地に低コストでコンサルティングを提供するiPadアプリ「経営参謀」(動画付)
第143回 鮮魚店チェーンにiPad導入で、店舗売上前年比10%UPを実現(動画付)
第142回 客先に常駐している社員とのコミュニケーションツールとしてiPhoneを導入
第141回 クリーニング業でiPadレジとPayPal Hereを使ってクレジット決済(動画付)
第140回 ANAがパイロット2,500名にiPadを配布 - ドラム缶28万本の燃料を削減(動画付)
第139回 ダノン、iPhoneを使った情報ツール導入で営業体制を強化 - 情報量は8倍に
第138回 トリンプが店頭でのコンサルティングツールとしてiPad miniを活用
第136回 独自iPadアプリ導入で営業力を向上させた三菱ふそうトラック・バス(動画付)
第135回 「PayPal Here」を導入したカフェバーが支出・売上管理アプリを駆使
第134回 三井倉庫が1,200台のiPhoneを活用 - 内線、Google Appsでさらなる効率化も
第133回 外車修理ショップが支払いサイクルの早さを評価してPayPal Hereを即導入
第132回 iPadのマッピングアプリで効率的な配送ルート・顧客確認が可能に
第131回 鳥取県立中央病院がXenDesktopを利用したカルテの遠隔閲覧システムを導入
第130回 地図検索システムをiPad miniから閲覧し、営業効率向上。売上にも直結
第129回 iPhoneとICカードを使った救急医療システム構築 - 室蘭総合病院(動画付)
第128回 建設現場のワークスタイル変革にiPad/iPhoneを導入 - 岩田地崎建設(動画付)
第127回 iPadの受注データをそのままサーバに登録 - 大阪の町工場がFileMakerで実現
第126回 iPadの動画を駆使して販売促進するゼブラの営業改革(動画付)
第125回 中外製薬、iPadで医師と効果的なコミュニケーションを実現(動画付)
第124回 北はりま森林組合が提案資料の作成にiPadを活用(動画付)
第123回 名刺管理ソリューションとiPhone/iPadの活用で商談機会を創出
第122回 多品種化への移行にiPadの独自アプリを活用 - 三和シヤッター工業(動画付)
第121回 AS/400上の基幹のレンタルシステムをiPadから参照
第120回 新宿の居酒屋がレジシステムをiPadに変更 - 店のどこからでも精算が可能に
第119回 経営陣の緊急対応“ホットライン”としてiPadを情報インフラに活用
第118回 顧客対応から施工管理まで、ミサワホームがiPad1,400台を活用(動画付)
第117回 磁石の力でイベント設営が容易に、その省力効果を動画で訴求
第116回 在宅医療にiPad利用し、1日2時間の労働時間短縮(動画付)
第115回 iPadによるコンサルティングで美容室への業績向上をサポートするコタ
第114回 フューチャースクールで最先端のICT教育を実践した岡山・哲西中学(動画付)
第113回 派遣や在宅勤務など、多様な業務形態にあわせた最適な働き方をiPadで実現
第112回 タマホームが全社員にiPhoneを配布し、業務効率化とFacebookに活用
第111回 フジタ製薬が社内業務やBIツールを活用した売れ筋把握にiPadを活用(動画付)
第110回 JFEエンジニアリングが現場との距離弊害をiPadとクラウドで解決(動画付)
第109回 アートネイチャーがiPadでの頭皮チェックや予約システムを参照(動画付)
第108回 小池酸素工業が営業力強化とマーケティングリサーチにiPadを活用
第107回 住所録をFileMakerでデジタル化し、iPhoneで活用する檀家管理システム
第106回 鹿島道路が特殊工法をアピールするキラーツールとしてiPadを選択
第105回 VPN経由でiPadから基幹システムに接続し、在庫確認や発注業務を実現
第104回 ラーメン店がiPadとPayPal Hereでクレジット払いに対応し、客数増を狙う
第103回 東京の歯科医院が訪問医療にiPadを活用(動画付)
第102回 エーザイがオンラインストレージでセキュアなiPadシステムを実現
第101回 熊谷組、設計本部にiPadを導入し顧客説明や施工監理の業務改革に成功

もっと見る

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[ふたがしら2]松ケン主演時代劇続編9月17日放送決定 成宮と菜々緒の濃密シーンも健在
[08:00 6/25] エンタメ
お金がない休日の過ごし方
[08:00 6/25] マネー
【連載】鉄道トリビア 第360回 電車の運転中、運転士がガムを噛むことは認められている
[08:00 6/25] ホビー
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第691回 人を叱る時には大事なことよね
[08:00 6/25] 趣味
遠藤憲一、悪い刑事役で真骨頂の演技を披露!“乾いた笑顔”が恐すぎる
[07:00 6/25] エンタメ

求人情報