【連載】

Google世代の整理術「デジタル情報整理ハックス」

33 紙copiNetで一気に大量にチェックする

33/54

PCの画面で読むより、印刷した方が使いやすい情報があります。ネットで検索した地図を、紙にプリントしてから出かける方も多いのではないでしょうか。あるいは複数のWebサイトにまたがる情報を比較するときなども、プリントして比較すると見通しが良くなります。今回は、デジタル情報が紙よりも劣る点について考察します。

よくある問題:印刷するのが最善?の情報

とにかく一時的に、ネットからの情報をとっておきさえすればよく、まとめてそれらを一気に見返したい、という時があります。不動産物件をくまなく比較チェックしたいときや、新しいモバイルPCを選別するときなどがそうです。これらの買い物は、「とにかく自分が選択できる中から、自分に最適なものを選びたい」という気持ちと、「買ってしまって後悔したくない」という気持ちが、通常の買い物などに比べて、とても強くなるからです。価格が高い上、買い物に成功したときの幸福感や、失敗したときの残念感が、如実に感じられるからでしょう。

こうした場合、「あとで読む」などを使って、どんどん自分宛にメールで送り、まとめてチェックするというのも、一つの方法でしょう。しかし、受信トレイにウェブスクラップを溜め込みたくないという気持ちもあるし、そういうやり方では「見落とす」恐れもあるため、本コラムでもこれ以外の方法をしばしば模索してきました。だからこそ、「Diigo」「EVERNOTE」「はてなブックマーク2」と、あれこれ渉猟しているわけですが、いずれのツールにせよ、本格的に使い始めると、「一時的な溜め込み」には使いたくなくなります。いわば、バッファとしての入り口と、通常メインで情報管理に使っている空間とを、分けたくなるのです。もちろん、これが「一元化」を壊すきっかけとなりがちでもあります。

ライフハック:紙copi Netで情報処理

かつてこうした問題に対応するために、一時的に激しく活用するネットからの情報は、ひたすら印刷し、紙に打ち出していたという時期がありました。地図などはまさにそうした使い方にうってつけで、不要になったら捨てていたのです。

その後、もっぱら自分宛メールに頼るという時期が続きました。とくに、携帯電話でメールの確認ができるようになってからは、このやり方でいきました。

さらにその後、メールとメモの混在が嫌になったところで、EVERNOTEにすべての情報を集中するようになりました。この方法が最善であると、今も思っているのですが、問題があるとすれば外出先での確認です。iPhoneからもチェックできるEVERNOTEはすばらしいものですが、正直に言って動作が緩慢です。それに、音楽を聴きながらでは「落ちる」ので使えません。

どうしても、一時だけ激しく使う情報を扱いたいと長く感じてきたのですが、やはり印刷に戻そうかと思っていた時、「紙copi」がオンラインで使えるようになった(β版)という情報にぶつかり、さっそく試してみました。

紙copi Net。箱が4つまでで、小箱が使えない制限があるものの、画面は「紙copi」そのもの

すでにこのコラムでもご紹介した紙copiのオンラインバージョンです。これがFirefoxの上で普通に動作しているというのも面白いですが、Macで使えるというのがなんと言ってもポイントでしょう。

・メモ的
・あとで次々に読める
・すぐに捨てる
・すぐにウェブに戻れる
・プレビュー
・一行目が自動的にタイトルになる

など、紙copiの長所のほとんどを網羅しています。

取り込みもローカル版と同じようにできる

現在の4つの箱と小箱なしという制限さえなくなれば、これはかなり便利そうなツールです。なんといっても、タイトルのことを全く考えずによく、メモとウェブスクラップを混在させられ、プレビューを比較的高速にチェックできるというサービスは、そんなにはありません。取り込みの容易さも抜群です。

さらに強調すべき点として、PCの画面で見たものにかなり近い内容を、iPhoneからも利用できるという点です。先日、試しに利用してみたところ、その速度、軽快感に驚きました。この点では、EVERNOTEよりもはるかに使い勝手が良いと言えます。

WindowsやMacから入力したメモを、軽快にiPhoneでチェックできるのもすばらしい点ですが、内容を編集したり、入力するのも、かなり素早くできるところは、感激します。私はiPhoneの入力方式から言って、文字入力だけはあきらめるつもりでいました。しかし、紙copiNetが登場してから、単文を入力するようになりました。

まとめ:要は次々に見ていければいい

情報管理、情報整理などと言っても、結局は目的を果たすために、印刷物を次々に見ていけばいい、判断は自分ですればいい、という状況はよくあります。目的地まで急いでいるときの地図がそうです。急いでいて、雨が降ったりしていれば、PCなどを取り出してはいられません。ポケットに突っ込んだ、くしゃくしゃの地図を取り出して、大急ぎでチェックして、適当に駆け出します(だから迷って余計な時間のロスをしてしまうこともありますが)。

時刻表なども、これ以上ないほど「デジタル向き」だと思えるのですが、いまだにポケットサイズのものを購入して読んでしまうことがあります(単に昔の鉄道好きだった少年時代を懐かしんでいるだけかもしれませんが)。これもやはり、スピーディにいくつもの情報を比較精査できるからです。「一気に、大量に、比較する」という目的では、いまだにインターネットは若干の難があります。

33/54

インデックス

連載目次
第54回 書評をコツコツ書き貯める
第53回 ブラウザで進捗管理
第52回 スキャンした雑誌・書籍の全文検索
第51回 異なる環境で同じブックマークを使う
第50回 電車の乗り換え情報をアレンジする
第49回 ブラウザのタブを整理する
第48回 電子ファイリングで雑誌をデジタル化する
第47回 DailyFeedでまとめてしまう
第46回 そこで忘れずにこれをする
第45回 タスク情報を整理する
第44回 Twitterの情報を整理する
第43回 情報と情報源
第42回 メールの整理を難しくする「心理」を納得させるテクニック
第41回 「Googleデスクトップ」でEVERNOTEのデータも検索してしまう
第40回 すぐに未読であふれるRSSリーダーをどうするか
第39回 EVERNOTEの階層式タグを使う
第38回 Webサイトの記事を一気に読む
第37回 情報整理と文書作成をひとつのツールで
第36回 EVERNOTEとGmailを組み合わせて強力な検索機能を使う
第35回 異なるブラウザでブックマークを同期する
第34回 フォルダ+タグの使い方の一例
第33回 紙copiNetで一気に大量にチェックする
第32回 PDFファイルは開きたくない
第31回 「情報ノート」をタスクリストとしても使いたい
第30回 あれとあれが一緒になれば
第29回 本で得た知識をまとめたい
第28回 IT時代の記憶術
第27回 中途でやめたサービスのデータは…
第26回 情報からアイデアを発想する
第25回 活用したいと思った情報を必ず活用する方法
第24回 ぼんやりした記憶を頼りに検索する
第23回 「とりあえずとって」おきたくなる原因
第22回 書籍もタグで管理する
第21回 「どうしてもとっておきたいエントリ」はどうするか?
第20回 よくある問題 ブックマークはもちろんしています
第19回 大事な情報に限って出てこない
第18回 連絡先情報をどうするか?
第17回 よくある問題 取っておいても読むチャンスがない
第16回 文字情報をとにかく貯めておく
第15回 英語サイトから情報を!
第14回 分類のされかたを研究する
第13回 ネットで気になる情報。とりあえずどうする?
第12回 タグ自体はどう整理する?
第11回 趣味で文具を買っていませんか?
第10回 情報は回遊させる
第9回 大事な情報はトスアップする
第8回 情報の一元化は超難題
第7回 よくある問題 メールの整理ができない!
第6回 ブックマークを同期する
第5回 よくある問題 RSSリーダーの中の大事な情報
第4回 「仕事用資料」の埋没を防ぐには
第3回 よくある問題 情報のタスク化
第2回 よくある問題 [あとで読む]でも読まなくなる
第1回 よくある問題「タグ」を扱う難しさ

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事