【連載】

Google世代の整理術「デジタル情報整理ハックス」

16 文字情報をとにかく貯めておく

16/54

よくある問題 「その他問題」は解決が難しい

野口悠紀雄さんが『「超」整理法』の中で、「その他問題」と命名した問題があります。分類項目に「その他」という項目を作ってしまうと、そこに放り込まれる情報量が肥大化して機能しなくなる、という問題です。

そうした問題を起こさせないために、「超」整理法では時間軸以外の分類項目を一切作らず、情報を整理するわけですが、デジタル情報はなかなかそれだけではうまくいきません。

というのもデジタル情報は、情報が膨大すぎて、「見つからないときは全部探す」という、「超」整理法の最後の手段が使えないからです。それをやったら、一生かかっても時間が足りません。

そこでタグ付け+検索というわけですが、どうしてなのか、どちらの方法でもうまくいかないことがあります。なぜか、「私が前に見たはずの情報」が出てこないのです。

もしかすると、私の頭の出来に問題がある可能性もあります。つまり、実は見つかっているのに、それが以前に見たものだと感じられなくなってしまっているのです。文字通り記憶の問題。こうなると厄介です。自分が探しているものが見つかっているのに、見つかっていないと思っているのでは、どうしようもありません。

この問題は、本質的なジレンマを抱えていますから、完全解答はありません。しかし、「とっておきたいと思った情報」であることをはっきりさせることで、部分的には解決可能です。

クリップボードの履歴から探す

eClopというクリップボード拡張ソフトがあります。革命的なソフトとまでは言えませんが、非常に便利なソフトです。次の2点があるため、キラーアプリと言っていいものになっています。

・履歴を無限に保存できる
・履歴を検索できる

ただ単に、「以前コピーした文字列を再利用できる」だけのソフトではないのです。「コピーした文字列だけを検索できる」のです。

クリップボードの履歴を無限に保存できる。また、内容を検索できる

私はこのソフトを導入して以来、以前やっていたような「気になるところはとにかくブックマーク」は完全にやめました。代わりに、気になるところはまずコピーするようになりました。

もちろん、コピーした文字列にタグ付けできるわけではありませんし、分類わけすることも出来ません。しかし、検索は出来ます。それも、インクリメントで検索できるのです。

インクリメント検索もできる

もちろん、システムとして「完璧」ではありません。しかし、「気になった文章」はこの方法でまずヒットするのです。ちょっと驚くほどうまくいくこともあります。

まとめ

似たようなことを実現するツールとして、Googleの履歴検索というものがあります。ご存じの方が多いと思いますが、まったく使用されていない方もいらっしゃるでしょう。ぜひ一度、ご利用されることをおすすめします。

私は最近、ブラウザを開いて最初に開かれるページの1つに、自分のウェブ履歴を指定しています。そうすると、自分が「潜在意識的に探したいと思っていたもの」が一覧表示されているように感じられます。

自分がいかに何度も、同じ事をして、同じものを探そうとしているかが、この履歴を見るとよく分かります。同時に、ここまで保存されているのなら、何も「情報を整理しよう」などとそれほど気張らなくても良いかな、とも思うわけです。

16/54

インデックス

連載目次
第54回 書評をコツコツ書き貯める
第53回 ブラウザで進捗管理
第52回 スキャンした雑誌・書籍の全文検索
第51回 異なる環境で同じブックマークを使う
第50回 電車の乗り換え情報をアレンジする
第49回 ブラウザのタブを整理する
第48回 電子ファイリングで雑誌をデジタル化する
第47回 DailyFeedでまとめてしまう
第46回 そこで忘れずにこれをする
第45回 タスク情報を整理する
第44回 Twitterの情報を整理する
第43回 情報と情報源
第42回 メールの整理を難しくする「心理」を納得させるテクニック
第41回 「Googleデスクトップ」でEVERNOTEのデータも検索してしまう
第40回 すぐに未読であふれるRSSリーダーをどうするか
第39回 EVERNOTEの階層式タグを使う
第38回 Webサイトの記事を一気に読む
第37回 情報整理と文書作成をひとつのツールで
第36回 EVERNOTEとGmailを組み合わせて強力な検索機能を使う
第35回 異なるブラウザでブックマークを同期する
第34回 フォルダ+タグの使い方の一例
第33回 紙copiNetで一気に大量にチェックする
第32回 PDFファイルは開きたくない
第31回 「情報ノート」をタスクリストとしても使いたい
第30回 あれとあれが一緒になれば
第29回 本で得た知識をまとめたい
第28回 IT時代の記憶術
第27回 中途でやめたサービスのデータは…
第26回 情報からアイデアを発想する
第25回 活用したいと思った情報を必ず活用する方法
第24回 ぼんやりした記憶を頼りに検索する
第23回 「とりあえずとって」おきたくなる原因
第22回 書籍もタグで管理する
第21回 「どうしてもとっておきたいエントリ」はどうするか?
第20回 よくある問題 ブックマークはもちろんしています
第19回 大事な情報に限って出てこない
第18回 連絡先情報をどうするか?
第17回 よくある問題 取っておいても読むチャンスがない
第16回 文字情報をとにかく貯めておく
第15回 英語サイトから情報を!
第14回 分類のされかたを研究する
第13回 ネットで気になる情報。とりあえずどうする?
第12回 タグ自体はどう整理する?
第11回 趣味で文具を買っていませんか?
第10回 情報は回遊させる
第9回 大事な情報はトスアップする
第8回 情報の一元化は超難題
第7回 よくある問題 メールの整理ができない!
第6回 ブックマークを同期する
第5回 よくある問題 RSSリーダーの中の大事な情報
第4回 「仕事用資料」の埋没を防ぐには
第3回 よくある問題 情報のタスク化
第2回 よくある問題 [あとで読む]でも読まなくなる
第1回 よくある問題「タグ」を扱う難しさ

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事