【連載】

中小企業で使う『Google Apps』

10 携帯電話で「Google Apps」を使う

10/26

携帯電話でGoogle Appsを利用しよう

これまでは、『Google Apps』で利用するオンラインアプリケーションの基本的な使い方を見てきた。オンラインアプリケーションの特徴は、使うPCや場所を問わず、いつでもどこからでも利用できることである。そのうえ、Google Appsのアプリケーションの一部は、携帯電話やスマートフォンからも利用が可能である。

そこで今回は、Google Appsを携帯電話から利用する方法を見ていこう(1)。もちろん、携帯電話のブラウザでは利用できない機能も存在する。しかし、Google Appsを携帯電話でも使いこなせば、PCを持ち歩いていない時やネット環境がない場所でも、メールチェックやスケジュール確認、Google Docsのドキュメントの確認が可能になる。なお、携帯電話の機種によっては、以下で紹介する機能が使えない場合もある。

図1 今回は「Google Apps」を携帯電話で使う方法を見ていこう

携帯電話でGmailをチェック

まず初めに、「Gmail」の携帯電話での利用について見ていこう。携帯電話のブラウザでGmailを利用する場合は、

http://mail.google.com/a/自社ドメイン/m

というURLを入力する。すると、ログイン画面が表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力してログインする(図2)。すると、図3のような受信トレイが表示される。外出先で新着メールを確認したり(図4)、携帯電話から自社ドメインのメールアドレスでメールを送信することができる(図5)。

図2 モバイル用の「Gmail」のログイン画面が表示されるので、ユーザ名とパスワードを入力してログインする

図3 このような受信トレイが表示される

図4 新たに届いたメールを開き、内容の確認が可能

図5 携帯電話から自社ドメインのメールアドレスでメールを送信できる

また、受信トレイの下にある「その他」をクリックしてみよう(図6)。次に表示される画面では、受信トレイの下に表示されるメニューをカスタマイズすることが可能だ(図7)。

図6 受信トレイの下にある「その他」をクリックしよう

図7 受信トレイのメニューをカスタマイズできる

携帯電話でGoogleカレンダーを閲覧

次に、携帯電話のブラウザで「Googleカレンダー」を閲覧してみよう。Googleカレンダーを携帯電話で開く場合は、次のURLにアクセスする。

http://calendar.google.com/a/自社ドメイン/m

Google Appsにログインすると、8のような予定一覧が表示される。予定を追加したり、変更することはできないが、外出時に次の予定を確認する場合には最適である。また、予定を作成する際に場所の情報を保存しておくと、「地」のリンクをクリックして(9)、Googleマップで地を確認することが可能だ(10)。

図8 モバイル用の「Goolgeカレンダー」では予定が一覧で表示される

図9 場所の情報を保存している場合は「地図」というリンクが表示される

図10 Googleマップで地図を確認できる

なお、Googleカレンダーを英語版で利用している場合、予定の一番下にあるテキストボックスから予定を追加できる(図11)。ただし、Googleカレンダーの言語設定は事前にPCでアクセスして行う必要がある。

図11 英語版のGoogleカレンダーを使えば、予定の追加が可能

携帯電話でGoogle Docsを確認

オンラインのオフィススイートである「Google Docs」も携帯電話からアクセスが可能だ。Google AppsにおけるGoogle Docsは、

http://docs.google.com/a/自社ドメイン/m

というURLでアクセスする。ログインすると、自分が使っているドキュメントが一覧表示される(図12)。Googleドキュメントで作成したワープロ文書は図13のように表示され、内容を確認することが可能。ただし、内容を編集することはできない。Googleスプレッドシートを開くと、図14のように表示されるので、「ドキュメントを表示(HTML)」をクリックする。すると、スプレッドシートを一列ずつ閲覧できる(図15)。

図12 モバイル用の「Google Docs」のホーム画面

図13 「Googleドキュメント」のワープロ文書はこのように表示される

図14 「Googleスプレッドシート」を開くとこのような画面になるので、「ドキュメントを表示」をクリック

図15 スプレッドシートが1列ずつ表示される

Google Appsを組み合わせて利用

例えば、Microsoft Wordで作成した文書がメールに添付されて送られて来た場合、外出先で内容をチェックするには、ネット環境とMicrosoft OfficeをインストールしたPCが必要である。しかし、Google Appsを組み合わせれば、携帯電話で添付ファイルのWord文書の内容を確認できる。

受信トレイからメールを開いたら、「添付ファイル」のリンクをクリックする(図16)。すると、図17のように表示されるので、ファイル名をクリックしよう。一番上に書かれている通り、文書に挿入された画像は表示されないものの、テキストの内容を確認することは可能である(図18)。

図16 Gmailに添付されたファイルを開く

図17 Microsoft Wordのファイルをクリック

図18 画像は表示されないものの、テキストの内容を確認できる

このようにGoogle Appsは、一般的な携帯電話からもアクセスして利用できる。次回は、携帯端末ながらGoogle Appsのさらなる活用が可能な「iPhone」での使い方を見ていこう。

著者プロフィール・小山文彦

株式会社ゴーガ代表取締役。ウェブ技術とデータ分析を切り口に、多様な企業向けサービスを展開。クラウドとガジェットを生かしたGoogle Appsの潜在的な可能性に注目し、SaaSプラットフォームの最右翼と期待する。Google Apps Authorized Resellerとして、啓蒙活動と関連ソフトウェア開発に力を入れている。

10/26

インデックス

連載目次
第26回 Googleドキュメント編 Vol.3 - 「目次」や「表」を挿入してみる
第25回 Googleカレンダー編 Vol.3 - Gmailと一緒に使いたい「ToDoリスト」
第24回 Gmail編 Vol.3 - 他ソフトから「連絡先」にアドレス帳をインポート
第23回 オフラインでGoogle Appsを使うには? 『Gears』を導入する
第22回 Googleトーク編 Vol.2 - 音声&ビデオチャットを使えるようにしよう
第21回 Googleサイト編 Vol.2 - 自社ロゴを入れる&スタートページを作る
第20回 Googleフォーム編 Vol.2 - 埋め込みアンケートと集計データの公開方法
第19回 Googleプレゼンテーション編 Vol.2 - スピーカーノートと資料の"味付け方"
第18回 Googleスプレッドシート編 Vol.2 - グラフ・関数を使ってみる
第17回 Googleドキュメント編 Vol.2 - テンプレートと図形の活用
第16回 Googleカレンダー編 Vol.2 - イベントの招待・出欠確認に活用する
第15回 Gmail編 Vol.2 - 他のメールアカウントで送受信するための応用設定
第14回 「Google Labs」アプリを追加してみる - Solutions Marketplace
第13回 グーグルフォンで「Google Apps」を使う
第12回 iPhoneで「Googla Apps」を使う - 標準アプリ活用・同期編
第11回 iPhoneで「Google Apps」を使う - 基本編
第10回 携帯電話で「Google Apps」を使う
第9回 Googleトーク編 Vol.1 - 基礎のキソ
第8回 Googleサイト編 Vol.1 - 基礎のキソ
第7回 Googleフォーム編 Vol.1 - 基礎のキソ
第6回 Googleプレゼンテーション編 Vol.1 - 基礎のキソ
第5回 Googleスプレッドシート編 Vol.1 - 基礎のキソ
第4回 Googleドキュメント編 Vol.1 - 基礎のキソ
第3回 Googleカレンダー編 Vol.1 - 基礎のキソ
第2回 Gmail編 Vol.1 - 基礎のキソ
第1回 「Google Apps Premier Edition」に登録しよう

もっと見る

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報