【連載】

ちょっと便利なGoogle活用術

29 Chromeの設定を見直して快適にWebブラウジングしよう

  • >
  • >>

29/29

多機能なブラウザとして人気がある「Google Chrome」。いろいろな機能を追加するアプリも用意されており拡張性も高いが、基本の設定だけでも見直すと使いやすさが変わってくる。そこで今回は、ごく基本的なカスタマイズを再確認してみよう。

拡大・縮小を上手に使ってWebを見やすくしよう

まずは、表示の拡大・縮小だ。年齢が上がってくると、ブラウザ上で細かな文字が詰まっていて見づらくて拡大したいページに出会うようになる。表示されている写真をもっと大きく見たいということもあるだろう。一方で、手持ちPCの解像度が低いせいでやたらと大きな文字で表示されてしまい、一覧性が低くなっているページを縮小して見たいということもある。

そうした一時的な表示の拡大・縮小はメニューボタンをクリックして表示したメニューの中程にある「ズーム」から行える。「+」や「-」をクリックするごとに、一定の倍率で拡大・縮小が行われる。また、キーボードの「Ctrl」を押しながら「+」や「-」キーを押しても同じ操作ができる。

拡大・縮小状態にある時だけ、アドレスバーの右側に虫眼鏡アイコンが表示される。ここをクリックすると、さらに拡大・縮小できる以外に「リセット」というボタンが表示され、一気に元の100%表示に戻すことも可能だ。

メニューの「ズーム」から表示サイズを大きくすれば、大きな文字でウェブページを表示できる

ズーム機能利用中はアドレスバーに虫眼鏡が表示され、ここから倍率コントロールやリセットができる

この拡大・縮小は1ページにだけ適用される。リンクをクリックした先や新しく開いたタブは100%表示だ。自分の目や端末の都合で常に拡大・縮小された状態を保ちたい場合は、メニューの「設定」をクリックしよう。「デザイン」という項目にある「ページのズーム」で好きな表示倍率を指定しておけば、常に好みの表示サイズで閲覧可能だ。

細かくコントロールするにはメニューから「設定」をクリック

「ページのズーム」で倍率を指定すると常に拡大・縮小した状態で表示できる

フォントの種類やサイズも調整可能

設定の「デザイン」では、ズームの倍率以外にフォントサイズやフォント自体の変更も行える。フォントサイズは極小/中/大/極大の4種から指定することになるが、指定すると設定ページの表示も即座にそのサイズになるから、具体的にどの程度のサイズになるのかもわかりやすい。写真などの要素は大きくせず、文字だけを大きくしたい時はズームでなくフォントサイズの変更を使うのがお勧めだ。

フォントサイズは変更すると即座に見た目が変わって確認できる

極小と極大ではかなり表示具合が変化する

「フォントをカスタマイズ」ではトータルでフォントの種類やサイズの指定が可能だ。フォントサイズも先の4種よりも詳細に調整できるから、よりこだわりたい場合はここで設定をいじってみよう。

シーンごとのフォント種別、より細かいサイズ指定も行える

同期内容をコントロールして作業を快適に!

設定の「デザイン」より上には「ユーザー」という項目がある。Googleアカウントを持っているならば、ぜひログインして利用しよう。同じアカウントでログインしているブラウザ同士で履歴などの同期ができるし、スマートフォンの管理などにも役立つ。

その同期状態を管理するのが「同期」だ。右の三角ボタンをクリックした先のメニューでは、具体的に何を同期させたいのかを指定できる。どこでも同じ環境が使いたい場合は「すべてを同期する」のスイッチを入れておけばよい。そうではなく、職場と自宅など一部環境を変更したい場合はこのスイッチをオフにして、自動入力とブックマークのみをオンにするなど使いやすいように変更できる。

「ユーザー」の中にある「同期」から設定を行う

同期したいものとしたくないものを個別にスイッチで設定しよう

「Googleダッシュボードで同期データを管理」の項目をクリックすると、さらに同期内容を細かく確認できる。アプリケーション数や履歴の量などが見られるだけで、1件ずつ詳細内容を管理することはできないのだが、たまにはどれくらいの同期データがあるのかチェックしておこう。

同期内容をクリアしたい時は、最下段に「同期をリセット」というボタンがある。リセットすると使っている端末側のデータは残ったまま、同期に利用するGoogleアカウントにひもづくデータがクリアされる。

同期の詳細な内容は「Googleダッシュボードで同期データを管理」から確認できる

「すべてを同期する」にスイッチが入っている状態だと、新たなPCや出先のPCでもGoogleアカウントでChromeにログインするだけで手軽に作業環境が手に入れられる。メールはGmail、ドキュメント作成やGoogleドキュメント、ストレージはGoogleドライブ、とGoogleサービスをフル活用している場合、Chromeさえインストールすれば買ってきたばかりのPCでもすぐ作業が始められるのが便利だ。

  • >
  • >>

29/29

インデックス

連載目次
第29回 Chromeの設定を見直して快適にWebブラウジングしよう
第28回 Googleドライブの新アプリ「Backup and Sync」でバックアップをしよう
第27回 いつのまにか容量オーバーしていない!? Gmailを削除するテクニック(2)
第26回 いつのまにか容量オーバーしていない!? Gmailを削除するテクニック(1)
第25回 OK Google!からリニューアルしたGoogleアシスタントを使ってみよう
第24回 AndroidならGoogleの文字入力アプリを使ってみよう
第23回 絵心がなくても上手に描ける? AIお絵かきツール「AutoDraw」を使いこなす
第22回 PCとスマホで連動可能な「Google Keep」でメモをとろう(3)
第21回 PCとスマホで連動可能な「Google Keep」でメモをとろう(2)
第20回 PCとスマホで連動可能な「Google Keep」でメモをとろう(1)
第19回 Googleマップで店探しを極めよう!
第18回 「Google Spotlight Stories」と「Cardboard」でお手軽VRを楽しもう
第17回 終活にも有効!? 死後にGoogleアカウントを自動削除・通知してくれるツール
第16回 簡単&無料! GoogleドライブでOCRを使ってみよう
第15回 Google版LINE!? 新メッセンジャー「Google Allo」を使ってみよう(後編)
第14回 Google版LINE!? 新メッセンジャー「Google Allo」を使ってみよう(前編)
第13回 「Android Auto」でAndroidスマホを高機能カーナビにしよう
第12回 コツあり 「OK Google!」とスマートフォンに話しかければこんなに便利
第11回 紙焼き写真をすいすいデータ化できるGoogleアプリ「フォトスキャン」を使おう
第10回 パスワードを教えずにGmailの確認・返信をしてくれる代理人を作る
第9回 スマホには必ず入れておきたい「Google翻訳」アプリ
第8回 Chromeのパスワード保存機能を使いこなそう
第7回 面倒なコピー&ペーストにさよなら! 1タップでキーワード検索してくれる「Now on Tap」
第6回 履歴の秘密も守れる! Chromeのシークレット&ゲストモードを上手に使う
第5回 Chromeに機能を「チョイ足し」して便利にする
第4回 スマホで撮影した写真を容量無制限の「Googleフォト」に保存する(2)
第3回 スマホで撮影した写真を容量無制限の「Googleフォト」に保存する(1)
第2回 Googleアカウントがあれば誰でもできる「スマートフォンを探す」(2)
第1回 Googleアカウントがあれば誰でもできる「スマートフォンを探す」(1)

もっと見る

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事