【連載】

仕事がはかどるGmailテクニック

12 アカウント乗っ取り防止のため「2段階認証」を設定しよう

  • >
  • >>

12/12

Gmailを利用するには通常、GmailのWebサイトにアクセスした後、Googleアカウント(メールアドレス)とパスワードを入力してログインしますが、この状態ではアカウントとパスワードが分かってしまえば、容易にアカウントを乗っ取られてしまうことから、決して安全とはいえません。

例えば誕生日や名前など、比較的分かりやすいパスワードを使用していた場合、パスワードを容易に推測されてしまうでしょう。また、パスワードの使い回しをしていると、別のサービスでパスワードが流出してしまったときに、そのサービスのアカウントとパスワードを使ってログインする「名寄せ」という方法でアカウントを乗っ取られてしまう可能性もあります。

分かりにくいパスワードにする、パスワードの使い回しをしないといった基本的な対策はもちろん重要なのですが、さらにパスワード以外にもう1つ、認証方法を増やすことで、安全性を大きく高めることが可能になります。それは、Googleのアカウントに「2段階認証プロセス」を設定することです。

2段階認証を設定しておくと、パスワードを入力した後にこのような画面が現れ、携帯電話に送られたコードを入力することで、はじめてログインできるようになる

この設定をしておくと、パスワードによる認証の後に電話やSMSなどを通じて数字のコードが送られてくるので、それを入力することではじめてログインができるようになります。手間はやや増えますが、パスワードと携帯電話に送られるコードという、2つの認証が通らなければログインできなくなることから、安全性はぐっと高まるわけです。しかも、この設定は、GmailだけでなくGoogleの他のサービスでも有効なので、設定しておけばすべてのGoogleのサービスを安心して使えるようになります。

2段階認証プロセスを設定するにはまず、Gmailの右上にあるアイコンをクリックし、「アカウント」ボタンをクリックします。

Gmailで右上のアカウントのアイコン(1)を選んだ後、アカウントボタン(2)をクリックする

アカウント情報のページが現れたら「ログインとセキュリティ」をクリックします。

アカウント情報のページを開いた後に「ログインとセキュリティ」をクリック

続いて「パスワードとログイン方法」の項目にある、「2段階認証プロセス」をクリックします。

画面を下にスクロールし、「2段階認証プロセス」を選ぶ

次の画面が現れたら「開始」ボタンをクリックします。するとパスワードの確認画面が現れるので、パスワードを入力して「次へ」をクリックして下さい。

「開始」をクリックするとパスワード入力画面が現れるので、パスワードを入力して認証する

認証が無事通ると下の画面が現れるので、使用する電話番号を入力し、コードの取得方法を「テキストメッセージ」または「音声通話」のいずれかから選択してから「次へ」をクリックします。

コードの取得に使う電話番号を入力し(1)、さらにコードの取得方法を選択してから「次へ」(3)をクリックする

すると指定した電話番号に、指定した方法でコードが届くので、そのコードを入力して「次へ」をクリックします。

電話またはSMSでコードが届いたら、そのコードを入力(1)して「次へ」(2)をクリック

コードの確認が完了すると、2段階認証プロセスをオンにするかどうかを聞いてくるので、「オンにする」をクリックすると設定は完了します。

「オンにする」をクリックすると2段階認証の設定が完了する

これで次回以降Gmailにログインする際は、パスワードとコードによる2段階認証が求められるようになります。ですが2段階認証は、携帯電話を忘れたり、なくしてしまったりするとログインができなくなってしまうのが弱点です。

そこでお勧めしたいのが、万が一の時のバックアップを設定しておくことです。バックアップには

  • パスコードを紙に印刷し、保存しておく

  • バックアップ用の電話番号を設定する

  • 「認証システムアプリ」を使う

  • USB端子に挿入するセキュリティキーを使う

このように複数の方法が用意されているので、「2段階認証プロセス」の設定から好みの方法を選んで設定しておくといいでしょう。なお2段階認証の際、バックアップを用いてログインするには、「その他の設定」をクリックし、それぞれのバックアップ方法を用いる形となります。

ここでは最も手軽な、バックアップコードを印刷して残しておく手順を紹介しておこう。「2段階認証プロセス」の設定画面で「バックアップ コード」の「設定」を選択する

すると8桁のバックアップコードが10個表示されるので、これを印刷するなどして保存しておく。このコードは2段階認証時に「その他の設定」を選んで使用できるが、1つのコードは1回しか使えないので注意しよう

ちなみに2段階認証はGoogleだけでなく、FacebookやTwitter、LINEなど多くのサービスが採用しています。アカウントの乗っ取り被害に遭わないためにも、ぜひ設定しておくことをお勧めします。

  • >
  • >>

12/12

インデックス

連載目次
第12回 アカウント乗っ取り防止のため「2段階認証」を設定しよう
第11回 Gmailが不正利用されていないかどうかチェックする
第10回 検索演算子による「手動フィルタ」で多数のメールを一括処理
第9回 日付指定の検索と、検索をより便利にする検索演算子
第8回 検索演算子でラベルや添付ファイルなどを活用した多彩な検索
第7回 Gmailで検索するなら「検索演算子」をマスターしよう
第6回 自動で分類する「迷惑メール」「カテゴリ」「重要マーク」とは
第5回 「cc」によるフィルタの分類方法とアクションの便利な使い方
第4回 複数条件でメールを分類する方法
第3回 メールを細かく分類する「ラベル」と「フィルタ」の基礎
第2回 「スター」と「アーカイブ」から始まる分類・整理の基本
第1回 Gmailが持つ多様な機能

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事