【連載】

イマドキ「学童保育」はこんなにも進化しています

11 月額20万円でも入所待ち - 東京・南麻布「環優舎」のこだわり

11/18

親の代わりにできることはすべて学童で

「環優舎」代表の吉川まりえさん

東京メトロ日比谷線の「広尾」駅からほど近く。緑豊かな公園と大使館に囲まれた閑静なエリアに立地するマンションの1室に「環優舎」はある。大きな看板は出ておらず、インターホンにも代表者の名前のみ。ここは「家庭的な預かり」を掲げる定員15名の小さな学童保育だ。まだ今ほど民間学童がなかった10年前から長時間預かりを実施し、専門職や管理職といった保護者たちから支持されている。

代表の吉川まりえさんのキャリアが興味深い。もともとは外資系IT企業のワーキングマザー。責任ある仕事をする中で妊娠、出産を経験し、当時は子どもを納得して長時間預けられる施設がなく、シッターにお願いしながら、出張時は子どもを同伴するなど苦労を重ねた。

しかし、「この方法も子どもが幼児になってまでは続けられない。行政が動くのを待っていたら子どもはどんどん成長してしまう。同じ悩みを持つ人のためにも自分でやるしかないと思った」と吉川さん。自分だったらどう保育してもらいたいか、預ける側の発想で環優舎を立ち上げた。働く親もわが子は手塩にかけて育てたい。その気持ちに寄り添って最上級の保育を提供しようと考えた結果、規模は大きくせず、一家庭からきちんと利用料(月額20万円)をとる形になったという。

決まったカリキュラムがない環優舎だが、英語は毎日取り組ませている。特に読み書きを重視し、外国人の先生がマンツーマンで教えている

現在、環優舎には幼稚園の年中児から小学6年生まで14名が在籍。私立や公立の他、土地柄インターナショナルスクールへ通う子もいる。放課後の過ごし方はみな様々で、リビングでおもちゃ遊びをしている子どももいれば、環優舎に学校の荷物を置いてから、習い事や塾へ行く子どももいる。近くには大きな公園や設備の充実した児童館もあり、遊び場所には困らない。小さな子どもの習い事への送迎はスタッフの他、シッターを別に手配することもある。

迎えが遅くても子どもの生活リズムは変えない

保護者からの要望にはできる限り応えるのが環優舎の方針だ。翌日使う体操着を家で洗う時間がなければ洗濯をしておき、頼まれれば遠足のお弁当も作る。宿題の丸つけが必要なら保護者にかわってチェックをする。驚いたことに吉川さんは、一人一人の学習進度をきちんと見た上で、その子に合った教材を選び個別に取り組ませていた。

宿題や勉強をどこまで見るか、事前に保護者から細かく希望を聞くための「学習指導シート」

毎日の学習タイム。小学1年生も決まった時間になれば自ら教材を出して取り組む

宿題をするまでの自由遊び。宿題が先だと早く遊びたい気持ちから雑になってしまうので、環優舎ではたっぷり遊んでから宿題をさせる

リビングに置かれた電子ピアノ。ピアノを習っている子はここで毎日練習ができる

子ども達が使うバスルーム。夏は環優舎につくとすぐにシャワーを浴びる

また環優舎には延長保育というメニューが存在しない。迎えが何時になっても保育料は一律だ。子ども達は学校から環優舎に帰ってくると、それぞれの予定をこなし、いつもの時間に宿題をやり、18時には揃って夕食をとる。夕食前に迎えがあった日は夕食はお弁当にして持ち帰ることができ、両親ともに残業で迎えが遅い日には、入浴まで済ませて20時30分にベッドに入り、仮眠しながら迎えを待つ。

「『お迎えの時間』で親を拘束したくなかった」と言う吉川さん。一般的な学童だと急な仕事が入って迎えの時間に間に合わない場合、延長の連絡をしなければならないが、環優舎では不要だ。ここでは子どもの生活リズムを決して変えないので、いつ迎えにくるかは大きな問題ではない。すべての子を20時30分に寝かせられるようにスケジュールを組んでいるので、親もお迎えの時間が遅くなろうが帰宅後にバタバタすることもない。どんなに親が忙しくても子どもの睡眠時間はきちんと確保する。環優舎が大事にしていることの一つだ。

次回の後編では、環優舎のもう一つの柱、こだわりの食事についてレポートする。

11/18

インデックス

連載目次
第18回 速読講座、野菜栽培、ネイティブによる英語教室まで! - 「クランテテ三田」
第17回 東京都港区の「クランテテ三田」は、日本流のモンテッソーリ教育を実践
第16回 絵本「ぐりとぐら」のパンケーキ作りに挑戦! 「食楽スクール(ぐりぐら)」
第15回 レシピ考案から調理まで実践--神奈川県横浜市の「食楽スクール(ぐりぐら)」
第14回 東京都杉並区の「いおぎみんなの学校」、高学年の受験対策も開講予定
第13回 元広告マンが考えた理想の学童 - 東京都・杉並区「いおぎみんなの学校」
第12回 食材にも食器にも妥協は許さない「環優舎」(東京都・南麻布)
第11回 月額20万円でも入所待ち - 東京・南麻布「環優舎」のこだわり
第10回 体育館や屋上広場、菜園もある民間学童「内藤アカデミー」
第9回 神奈川県・川崎市「内藤アカデミー」、野菜栽培や果物狩りで自然と触れ合う
第8回 オールイングリッシュの学童タイムに潜入! 「Kids Duo大泉学園」
第7回 東京都・練馬区「Kids Duo大泉学園」、ネイティブの先生と英語で会話
第6回 成績保障の"塾タイム"と利用実態に迫る - 「ステラキッズ佃教室」
第5回 東京都中央区「ステラキッズ佃教室」、学童と塾のいいとこどり!
第4回 放課後はワクワクの本物体験を! 「新渡戸文化アフタースクール」
第3回 東京都・東高円寺に、一流講師によるプログラム充実のアフタースクールが
第2回 保護者も「安心・安全」と納得の「キッズベースキャンプ豊洲・東雲」
第1回 東京都・東雲「キッズベースキャンプ」には施設内にクライミングコースが!

もっと見る

人気記事

一覧

2016年12月8日の運勢

イチオシ記事

新着記事