【連載特別企画】

『フレームアームズ・ガール』TVアニメ化記念インタビュー連載

6 声優・樺山ミナミが語る迅雷、「フレズヴェルクは好きだけど迅雷的には倒してやるぞ! という気持ちです」

 

6/8

2017年4月から放送中のTVアニメ『フレームアームズ・ガール』。本作はホビーメーカー・コトブキヤが展開する同名のプラモデルシリーズを題材としている。

樺山ミナミ(かばやまみなみ)。6月9日生まれ。鹿児島県出身。尾木プロTHE NEXT所属。主な出演は『フレームアームズ・ガール』迅雷役、『ナースウィッチ小麦ちゃんR』吉田小太郎役、『PHANTASY STAR ONLINE 2 THE ANIMATION』瓜坂マユ役、『ミリオンドール』楓役など

『フレームアームズ・ガール』のTVアニメ化を記念して、マイナビニュースではキャスト8名へのインタビュー企画を実施する。第6回に登場するのは迅雷を演じる樺山ミナミ。

――『フレームアームズ・ガール』は、コトブキヤが展開している同名のプラモデルをアニメ化したものですが、作品の話を受けたときのことは覚えていますか?

もともとプラモデルで展開しているということを知らなかったので、お話を伺ったときにネットで検索したら「めちゃくちゃかっこかわいい!」と即欲しくなりました! 私もおもちゃが大好きなので、「この子たちが実際に動いている世界って絶対に楽しい」と思いました。

――オーディションでは最初から迅雷を受けたんでしょうか?

迅雷ともうひとり受けましたが、「自分の声質的には迅雷かな」と思ってはいました。

――迅雷はほかのフレームアームズ・ガール(以下:FAガール)たちと比べて古風で、義理や人情を大切にするというキャラクターですね。樺山さんが思う迅雷というキャラクターの魅力とは?

迅雷はとにかく、古風で真面目で熱血というキャラクターですよね。ほかのFAガールたちに比べると、真面目だからしゃべり方も硬くて、熱血すぎて少しズレているところもあって、変なところで怒っちゃうところもある。でも、そういうところがかわいいところだなと思っています。

――だいぶボケよりなキャラクターですよね。

そうなんですよ。江戸時代の人が急に現代にタイムスリップしてきたら……みたいなボケ方ですよね。負けず嫌いでプライドが高そうに見えて、悔しいという口に出して言うことができるまっすぐな子。あと、「相撲が好き」という設定だったので、てっきり観るのが好きなのかなと思っていたら、取るのも好きなんだ、というのは意外で面白かったです。

――3月9日に行われた「制作発表会・第一話先行上映会」で、「迅雷はミーハーなところが女子高校生みたいでかわいい」と言っていましたね。

はい。迅雷のなにかと、有名な武将の名言を引用して話し出すところなんかが、ああ、ほんとうに好きなんだなあと思って微笑ましいというか。眼帯をしているのも伊達政宗公に憧れてっていうあるいみミーハーな理由からですし、……だから(源内)あおに「コスプレ」と言われちゃうんですけどね(笑)。腕を組んで冷静にしゃべっていたと思っていたら、好きなものについて話すときにはテンションがガッと上がっちゃう感じとか、かわいいですよね。

――実際にアフレコをしていて印象的だったことはありますか?

迅雷は叫ぶセリフが多くて、演じているうちに熱くなって力が入り過ぎちゃうところがありまして、「ときには師匠のように諭してください」とディレクションを頂いたことがありました。アフレコを重ねて、そういったところも落ち着いて、噛みしめるように変わってきてると思ってもらえたらいいなと思います。

――迅雷は身軽で俊敏なキャラクターなので、そういったところも表現できるように演じたいとも言っていましたけど、どういった風に演技で表現しているのでしょうか。

名前に迅という文字が入っているだけあって、バトルセッションでは俊敏な動きが目立つキャラクターなので、その俊敏さをことばでも表現できるようにしなくてはと思っています。たとえば、叫ぶときには「だあぁぁっ!」じゃなくて、「だっ!」と切るように演じるようにしています。

――叫びが重要なポイント。

バトルでみっともないとしまらないので、できるだけ格好良くという気持ちで演じています。ほかのFAガールたちは、あおの家に運ばれてきたんですけど、迅雷は自らの意思でやってきたキャラクター。そこに迅雷の性格が詰まっていると思います。15センチという小ささでボケキャラですけど、ほんとうは強いんだぞ! というところをしっかり見てほしいですね。しかと見ろ! 刮目せよ!

――完全に迅雷が憑依していますね。

そうなんですよ。好きなキャラクターを考えたときも、いまのところフレズヴェルクが格好いいけど、どうしても迅雷の気持ちで見てしまうので、ムムムッて(笑)。フレズヴェルクは見た目も豪華でおもちゃ好きとしては、とても魅力的なんですけど、迅雷的には「倒してやるぞ」という気持ちです!

⇒第7回はアーキテクト役の山村響が登場

●TVアニメ『フレームアームズ・ガール』放送情報
放送時間は以下の通り
TOKYO MX 毎週月曜日 25:05~
BS11 毎週火曜日 23:30~
AT-X 毎週金曜日 21:30~
●配信サイト情報
dアニメストア
ニコニコ生放送、ニコニコチャンネル、ビデオマーケット
AbemaTV、GYAO!、Hulu、U-NEXT、アニメ放題、Amazonプライムビデオ、Amazonビデオ、バンダイチャンネル、auビデオパス、J:COMオンデマンド、ひかりTV、楽天ショウタイム、acTVila、ドンドコ、Happy動画

(C)KOTOBUKIYA / FAGirl Project

[PR]提供 コトブキヤ

6/8

インデックス

連載目次
第8回 声優・阿部里果が語るフレズヴェルク、「轟雷大好きをあふれさせていきたい」
第7回 声優・山村響が語るアーキテクト、「轟雷が最初の扉を開けてくれました」
第6回 声優・樺山ミナミが語る迅雷、「フレズヴェルクは好きだけど迅雷的には倒してやるぞ! という気持ちです」
第5回 声優・山崎エリイが語るマテリア姉妹、「影の部分やミステリアスなところを貫きたい」
第4回 声優・長江里加が語るバーゼラルド、「"あざといの塊"を忘れてしまうくらい自由です」
第3回 声優・綾瀬有が語るスティレット、「私の生活の面倒を見てほしいです」
第2回 声優・佳穂成美が語る轟雷、「"こういう子だ"と断定できるようなキャラクターではないと思います」
第1回 声優・日笠陽子が語る源内あお、「背中を見せられる存在になりたい」

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事