【連載】

ずっと独身でいるつもり?

49 幸せっていったい何?

 

49/70

既婚の女友達二人と、ひさしぶりに会いました。同じ年齢で、二人とも働いています。仕事について、夫婦関係についてなど、話は弾みました。それぞれ、仕事も違えば既婚/独身、子あり/子なしと立場も違うわけですが、そんな二人とたくさん話した帰り道、私の頭は「幸せって、いったい何なんだろう?」ということでパンパンになっていました。

私は、「幸せ」という状態は、何かを信じていないと生まれないものだと考えています。同じだけのお金や、同じ食べ物、同じ仕事でも、それを「幸せ」と感じる人もいれば、不幸だと感じる人もいます。何をどれだけ持っているか、いないか、どう感じている状態が楽しいのか、「十分だ」と感じる基準は人それぞれです。その基準を持たない人は、今が幸せなのかどうか、判断することができないのではないでしょうか。

「幸せ」のために何をしているか?

既婚の二人の友人は、私から見ると「幸せの基準」を見つけた人たちのように見えました。いろいろ悩んだ末にマンションを購入したり、年に数回しか取れない連休には、夫婦の共通の趣味の旅行の計画を立てていたり……。

それは「普通のこと」のように見えますが、マンションを買うためにどれだけがんばって稼ぎ、計画的にお金を管理しなければいけないか、「二人で」行く旅行のために、どれだけ行く場所をすりあわせて考え、休日を合わせるために苦労し、ときには自分が折れて相手の希望を通したりしなければいけないか、私もさすがに想像ができる年齢です。

それらの「幸せ」のために、惜しみない努力を彼女たちがしているであろうことが伝わってくるのと同時に、「では自分はどうなのだろう」「幸せのために、何かを考えたり努力したりしているのだろうか?」「いや、そもそも、私にとって幸せな状態って、何!?」と考え始めると、急に混乱してしまったのです。

独身の幸せ、結婚の幸せ

最近、私が幸せを感じた瞬間は、サザンオールスターズのチケットの先行抽選予約に当選し、チケットが取れたことです。

好きになったとき、サザンオールズターズは解散していて、「もしかしたら一生、ライブは観れないのかも」と思っていたし、復活しライブをやると聞いても、すごい競争率の中でチケットを取れるのか心配だったので、涙が出るほど嬉しかったです。ライブを観たら、最高に幸せな気持ちになると思います。

好きな音楽やエンタテインメント、芸術に触れることは、私にとってこの上なく幸せなことです。好きなものがわかっていて、それを味わうことのできる自分は、なんと幸せなのだろうかと感じることもあります。

しかし、その一方で「ひとりで完結する幸せばかりを追い求めていて、いいのだろうか」という、かすかな疑問も感じます。変な言い方ですが、何も我慢せず、人に合わせることなく我が道を行っている自分のことが、心配になるのです。独身生活が楽しすぎたら、結婚に対する真剣味がなくなってしまうのでは? と思えてくるのです。

今の世間では、「何かを我慢して、幸せを手に入れる」という考え方が一般的だと思います。「欲望を何も我慢しない人間にはバチが当たる」という考えすらあります。『アリとキリギリス』的な考え方です。私は何もかも我慢していないわけではないのですが、日常的に他人に合わせて生活するということはしていません。

「こんなに自由で気楽でいいのだろうか? いつか、そのしっぺ返しのように、ものすごく寂しくみじめな老後がやってくるのではないか?」そういう不安が常にあります。そして、今その「他人に合わせる」訓練をしないままここまで来てしまったがために、今後誰かと生活をともにすることが、さらに難しくなっていくのではないかという不安も……。

得体の知れない不安におびえるよりは、今を楽しんだほうがいいはずです。人生は結婚していようがいまいが、得体の知れない不安はついて回るもので、どんな人でも不安と戦い、楽しむことを忘れずに生きていくしかないのだと、頭ではわかっているのですが……。今は、自分の「幸せの軸」が、世間の軸にぶつかり、常にゆさぶられている状態なのかもしれません。

<著者プロフィール>
雨宮まみ
ライター。いわゆる男性向けエロ本の編集を経て、フリーのライターに。その「ちょっと普通じゃない曲がりくねった女道」を書いた自伝エッセイ『女子をこじらせて』(ポット出版)を昨年上梓。恋愛や女であることと素直に向き合えない「女子の自意識」をテーマに『音楽と人』『POPEYE』などで連載中。

イラスト: 野出木彩

49/70

インデックス

連載目次
第70回 独身でも、私は私
第69回 独身は劣っているわけじゃない
第68回 取り残されていく不安
第67回 独身女は居場所がない
第66回 異性はわかってくれない
第65回 結婚は「勢い」?
第64回 独身の「理由」
第63回 結婚の損得勘定
第62回 葬送行進曲
第61回 結婚したい? したくない?
第60回 結婚したくない理由
第59回 できる者とできない者の違い
第58回 隠されていた願望
第57回 家族っていったい何?
第56回 自己主張しないのが良い奥さん?
第55回 結婚がわからない
第54回 「ちゃんとした」って何?
第53回 なぜ「結婚しなかった」のか?
第52回 「相性」、どこで見極める?
第51回 結婚は「我慢」?
第50回 「失敗しない結婚」の基準
第49回 幸せっていったい何?
第48回 好きに生きると結婚が遠のく?
第47回 「いつかは」は禁句?
第46回 それぞれの焦り
第45回 「幸せ」という名の暴力
第44回 「結婚したい」は気軽な言葉?
第43回 独身はヒマなもの?
第42回 独身疲れにご用心
第41回 "普通"になりたい
第40回 結婚どころか彼氏がいない
第39回 偽装? それとも本音?
第38回 選ばれない女になりたくない
第37回 甘え下手は結婚できない?
第36回 妥協や我慢で幸せになれる?
第35回 独身女の「禁句」
第34回 結婚できない"つらさ"って?
第33回 独身女がしてはいけないこと
第32回 ドバイから帰ってきて考えたこと
第31回 ドバイに行って考えたこと
第30回 独身女の"重さ"
第29回 ひとり遊びもほどほどに
第28回 結婚しないと寂しくて死ぬ?
第27回 期日を決めると結婚できる?
第26回 独身女性の人生設計
第25回 結婚で保障されたいもの
第24回 友達が結婚するとき
第23回 「普通」という呪縛
第22回 説教に負けるな!
第21回 独身女の社会常識
第20回 真面目な女は結婚できない?
第19回 自由に生きるのはいけないこと?
第18回 "復活愛"に賭けるしかない?
第17回 クリスマスに思うこと
第16回 どこまで信じる? 「モテ本・婚活本」
第15回 「怖い独身女」になりたくない
第14回 「孤独死」なんかこわくない
第13回 「なんとなく」結婚、「なんとなく」独身
第12回 優等生ほど結婚できない?
第11回 結婚できないのは「プライドが高い」から?
第10回 どうして「結婚したい」のか?
第9回 独身女は「人間失格」?
第8回 「えり好み」はいけないこと?
第7回 「寂しい女」が陥る罠
第6回 「結婚したい!」と思う瞬間
第5回 独身女は「かわいそう」?
第4回 「良妻賢母」の幻想
第3回 理想が高いから結婚できない?
第2回 私は、どうして結婚できないの?
第1回 結婚できないのは自分に問題があるから!?

もっと見る

人気記事

一覧

2016年7月1日の運勢

イチオシ記事

新着記事

欅坂46、私立恵比寿中学が初参戦!「めざましライブ」第2弾アーティスト14組
[08:00 7/1] エンタメ
【ハウツー】Podcastってオワコンですか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 7/1] 家電
空知英秋『銀魂』実写映画化を許可「コケてもいいから見てみたい」
[07:03 7/1] エンタメ
「銀魂」実写映画化、銀時は小栗旬!空知英秋「全員銀魂と一緒に死んでもらう」
[07:00 7/1] ホビー
[銀魂]小栗旬主演で実写映画化 脚本&監督は福田雄一
[07:00 7/1] エンタメ