【連載】

列車ダイヤを楽しもう

73 JR在来線最長距離の山陰本線、特急街道と閑散路線が混在

 
  • >
  • >>

73/73

JR山陰本線は京都駅と山口県の幡生駅を日本海沿岸経由で結ぶ。営業キロ673.8kmで、JRの在来線としては最長距離。ちなみに、新幹線を含めた日本最長距離の路線は東北新幹線で、営業キロは713.7km、実際の距離は674.9km。東北新幹線が距離を延ばすまでは、東北本線の739.2kmが日本最長だった。東北新幹線が八戸駅まで延伸し、東北本線盛岡~八戸間が第3セクター鉄道に移管されたとき、最長距離記録を失った。それまで2位だった山陰本線が在来線距離ランキングのトップとなった。

山陰本線は全区間がJR西日本の管轄だ。大都市の京都駅周辺から、鳥取県・島根県の県庁所在地を経由する。ダイヤを描いてみたら、異質の路線が並んでいるように見えた。あまりにも長いため、全区間を走行する列車はない。

山陰本線列車ダイヤ(2015年12月)

全駅、始発から終発までを本誌規定サイズ限界まで圧縮して表示した。最長距離路線だけに駅数が多く、駅名欄は潰れて見えない。そこで今回は「Oudia」で描画した後、ペイントツールで主要駅を目立たせた。山陰本線の駅は両端駅を含めて160。この数字には支線の仙崎駅が含まれている。今回は長門市~仙崎間の支線を省いたため、159駅となるところだけど、終点・幡生駅の1駅先、下関駅まで描画しているから、やっぱり160駅のダイヤである。幡生駅と下関駅は山陽本線で、山陰本線の列車は下関駅を発着している。

列車の線は赤が特急列車、緑が快速列車、青が寝台特急「サンライズ出雲」だ。「サンライズ出雲」は1日1往復だけど、年末年始に臨時列車「サンライズ出雲91・92号」が走るため、ダイヤでは4本になっている。ちなみに「サンライズ出雲91号」は東京発12月27日・12月30日・1月3日の運転で、山陰本線を走行するのは翌朝の12月28日・12月31日・1月4日。「サンライズ出雲92号」は出雲市発12月26日・12月29日・1月2日の運転となっている。同じ日に走らない。

黒は普通列車。そのうち、列車名が付いた普通列車を太線で示した。福知山~豊岡間の太線は「リレー号」という。スジを追っていくと、福知山駅を発着する特急列車に接続している。特急列車と普通列車で、乗客というバトンを受け渡しするから「リレー号」だ。『JTB時刻表』は山陰本線について、「京都~福知山」「福知山~鳥取」「鳥取~益田」「益田~下関」に分割して掲載している。だから時刻表だけ見ると、「リレー号」がどの列車をリレーしているかわからない。ダイヤを描いて区間をつなぐと、ひと目でわかる。

下のほう、長門市駅と下関駅を結ぶ太線は観光列車「みすゞ潮彩」。海岸沿いの風景を楽しむ特別仕様の車両だ。眺望の良い場所で停車するサービスもある。スジの傾きを見て、所要時間が長い区間で停車しているようだ。運行はおもに土休日。ただし、平日もほぼ同じ時刻で普通列車が設定されている。列車名の由来は仙崎出身の詩人、金子みすゞ。東日本大震災の後、大量に放送されたACジャパン(公共広告機構)のテレビCMにも採用された詩『こだまでしょうか』でも知られている。

山陰本線の列車ダイヤは「多段構成」になっている。いくつかの拠点駅があり、その駅周辺の運行密度が高く、拠点駅間の運行密度が低い。長大路線の典型だ。これに対して大都市近郊路線の場合、起点駅から終点駅まで、少しずつ運行本数が減っていく。今回までのべ72路線のダイヤを眺めてきたので、列車ダイヤを描く前からなんとなく予想できた。

山陰本線京都~鳥取間を拡大

最も運行密度の濃い区間は京都~園部間。京都駅への通勤圏で、複線区間になっている。綾部~福知山間も複線区間。ここは舞鶴線の列車が乗り入れている。

園部駅から先は特急列車が目立つ。京都~福知山間の特急「はしだて」(福知山駅から京都丹後鉄道線へ乗入れ)、京都~城崎温泉間の特急「きのさき」、福知山~城崎温泉間は新大阪駅発着の特急「こうのとり」、和田山駅から香住駅・浜坂駅、さらに鳥取駅まで走る特急は大阪駅発着の「はまかぜ」だ。城崎温泉の観光価値の高さを示している。

いまの季節はなんといってもカニだ。上り列車に乗ると、温泉旅館でカニ三昧を楽しんだ人々が、手土産のカニ入り発泡スチロール箱を抱えて乗ってくる。もちろん駅弁はカニ飯系。車内はカニ市場のような香りで満たされる。海産物が苦手な筆者は涙目で堪えた。もう二度とこの時期には乗りたくない。……あ、いや、カニ好きにはおすすめだ。臨時特急「かにカニはまかぜ」も走るカニ。

山陰本線鳥取~益田間を拡大

次に特急列車が目立つ区間は鳥取~益田間。特急「スーパーまつかぜ」と、益田駅からさらに山口線に乗り入れ、新山口駅に至る特急「スーパーおき」が走る。中でも米子~出雲市間が高密度だ。岡山駅と出雲市駅を結ぶ特急「やくも」が15往復。前述の寝台特急「サンライズ出雲」も加わる。これらの列車は伯備線経由で、実際には米子駅の少し上、伯耆大山駅から山陰本線を走る。ただし伯耆大山駅で停車しないため、時刻表で時刻が明記されず、ダイヤにも描画できない。

これだけ特急列車が走ると、当然ながら単線ではさばききれない。複線区間があって、伯耆大山~安来間、東松江~松江間、玉造温泉~来待間の3区間だ。

鳥取~倉吉間も特急列車が多め。智頭急行線・因美線経由の特急「スーパーはくと」が乗り入れるからだ。「スーパーおき」「やくも」「スーパーはくと」、そして播但線経由の「はまかぜ」は、陰陽連絡特急列車として山陽新幹線に接続する。山陰本線は全区間通しで走る特急列車はなく、区間ごとに陰陽連絡特急が乗り入れる形になっている。

これら「特急街道」から外れた区間は閑散としている。城崎温泉~鳥取間は特急列車や快速列車があるけれど、普通列車は1~2時間に1本。益田~長門市間は4時間も普通列車の空白時間帯がある。貨物列車も走らないから、廃止されそうな三江線並みの寂しさだ。山陰本線の一部だから生き残っているともいえそうだ。長門市~下関間も少ないけれど、下関駅付近では日中の運行本数も確保されている。

山陰本線は盛り上がる区間と寂しい区間が同居する。ただし、寂しい区間も車窓は良い。いや、寂しい区間だからこそ自然の風景を楽しめそう。「みすゞ潮彩」がその好例だし、なんといっても2017年春から「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が走る。

ところで、山陰本線といえば、1984年まで日本最長普通列車だった「824列車」が知られている。門司発福知山行だった。それ以前には山陰本線を全線走破する普通列車もあった。最後まで残った全区間列車は、京都駅と下関駅を結ぶ「829列車」「826列車」。時刻表1968年10月号によると、「829列車」は京都駅22時3分発、下関駅には翌日の18時42分着。京都駅から出雲市駅まで寝台車を連結していた。「826列車」は下関駅8時58分発、京都駅には翌朝の5時24分着。出雲市駅から寝台車を連結していた。

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が走り始めると、山陰本線の全区間を走る列車は、1972年3月に運行終了した「829列車」「826列車」以来、じつに45年ぶりとなる。どちらの列車のダイヤも描いてみたい。いつか読者の方々にもご覧いただきたい。

  • >
  • >>

73/73

インデックス

連載目次
第73回 JR在来線最長距離の山陰本線、特急街道と閑散路線が混在
第72回 北海道新幹線のダイヤを東北新幹線の現行ダイヤに重ねてみた
第71回 『スター・ウォーズ』列車の南海本線、平日朝に準急3本だけの謎
第70回 エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」じっくり見られる駅はどこ?
第69回 ひたちなか海浜鉄道「箱ダイヤ」で描く鉄道演劇の舞台裏
第68回 「房総横断鉄道」トロッコ列車と国鉄型キハは乗り継げる?
第67回 さよならAE100形 - 京成本線2015年12月ダイヤ改正「前」ダイヤ
第66回 根室本線 - JR北海道の減便報道の中、最長鈍行2429Dの運命は…
第65回 廃止報道のJR三江線、開業3年後と現在のダイヤを比較してみた
第64回 時刻表になったGoogleロゴマークをもとにダイヤを描いてみた
第63回 東京メトロ副都心線・東急東横線・みなとみらい線 - 通勤時間帯の直通特急
第62回 東急田園都市線 - 通勤時間帯の急行を廃止、平行ダイヤのお手本を見せた
第61回 単線と複線の非電化路線、関東鉄道常総線の復旧ダイヤ
第60回 和田岬線・札沼線・木次線 - 閑散路線のダイヤ事情は?
第59回 JR常磐線 - 特急銀座と不通区間の明暗、早期の全線再開を願って
第58回 ロングラン特急「しなの」の旅路 - 中央西線・篠ノ井線・信越本線
第57回 E353系も走る中央東線、「スーパーあずさ」高速化の課題は?
第56回 土砂流出から復旧した石北本線 - 特急も走るけど秘境駅もある
第55回 氷見線・城端線のダイヤに観光列車「べるもんた」を加えよう
第54回 横浜市営地下鉄ブルーラインで快速運転始まる - 追い越しはどこ?
第53回 路面電車にもダイヤはある - 都電荒川線・東急世田谷線
第52回 大井川鐵道「トーマス号」「ジェームス号」共演を撮ろう
第51回 JR只見線、過去のダイヤで知る「代行バス区間の価値」
第50回 JR留萌本線に廃止報道 - ゴオサントオと現在のダイヤを比較した
第49回 静岡鉄道は下りが「急行」上りは「通勤急行」停車駅も違う
第48回 JR伊東線・伊豆急行線「リゾート21」を追跡
第47回 JR呉線、快速「安芸路ライナー」追い越しは上り列車だけ
第46回 祝・開業! 仙石東北ラインのダイヤを作ってみよう
第45回 復刻版時刻表で伝説の特急「あじあ」号のダイヤを再現してみた
第44回 東武野田線、複線区間のありがたさと「スカイツリートレイン」の行方
第43回 京急本線のダイヤはステンドグラスのような美しさ
第42回 全長384kmの紀勢本線、JR東海とJR西日本の「本気度」が見える
第41回 JR山口線の快速「SLやまぐち号」下りはのんびり、上りはスイスイ!?
第40回 南海高野線は快速急行がお得!? 特急「こうや」を追ってみた
第39回 小田急ロマンスカーVSE、新宿~小田原間ノンストップ便を追跡する
第38回 JR横浜線 - 「東京メガループ」形成する通勤路線、特急列車も走る
第37回 津軽海峡線 - 新幹線開業前の青函トンネルは旅客列車28本、貨物列車50本
第36回 JR北陸本線から第3セクター鉄道へ - 金沢~直江津間を比較してみた
第35回 JR日高本線、災害で不通に - かつて急行列車が3往復もあった
第34回 JR九州のジレンマとは? 鹿児島本線・関門トンネルのダイヤ
第33回 工業地帯の鶴見線は通勤重視、しかし意外にも休日は…
第32回 JR南武線平日ダイヤ - 快速も走る、貨物列車も走る
第31回 北陸新幹線の臨時列車は初めから設定済み、まだ増やせる!?
第30回 北近畿タンゴ鉄道の観光列車「くろまつ号」の動きを推理する!
第29回 4月から「京都丹後鉄道」に! 北近畿タンゴ鉄道はどんな路線?
第28回 西の雄、近鉄大阪線は特急ラッシュ!? 日中は普通列車がない区間がある
第27回 東武伊勢崎線、大手私鉄最長複々線のデッドヒートを観察しよう
第26回 東武伊勢崎線の七変化 - 段階的な混雑区間から単線ローカル区間まで
第25回 北陸新幹線のダイヤを描く - 列車を追い越す回数は?
第24回 富士急行「フジサン特急」を有名撮影スポットで待ち構える!
第23回 大阪環状線は複雑怪奇、快速も特急も走っている
第22回 JR京浜東北・根岸線、ダイヤに浮かび上がる「2つの都心」
第21回 JR山手線、早朝の「田町駅始発」列車の謎
第20回 特急「はくたか」在来線最速160km/h! ほくほく線の黄金時代
第19回 42.1kmを6時間かけて走る超スロー列車「龍馬おもてなし号」
第18回 箱根登山鉄道「アレグラ号」同士のすれ違いはどこで?
第17回 秋田新幹線「こまち」、普通列車を追い越すのはどの列車?
第16回 東急池上線の「消える増発列車」はどこへ?
第15回 JR四国「予土線3兄弟」の動きを追ってみよう!
第14回 東海道新幹線、開業時のダイヤはまるでローカル線!?
第13回 「特急銀座」来春で店じまい!? 北陸本線のダイヤを眺める
第12回 気仙沼線がBRTで大増発できた理由
第11回 通勤時間帯の時間調整、なぜ行われる?
第10回 乗れなくても見に行きたい! 「きかんしゃトーマス号」を待ち伏せる
第9回 東海道新幹線に「速いこだま」「遅いこだま」がある!?
第8回 江ノ島電鉄、シンプルなダイヤに隠れた2つの謎を解く
第7回 「特急」新設で、相模鉄道のダイヤはどう変わったか?
第6回 「トワイライトエクスプレス」2度のすれ違いをダイヤで再現
第5回 140周年を迎えたJR神戸線の今昔 - ネットダイヤと暴かれた秘密
第4回 通勤ラッシュ時間帯に急行・快速が走らないのはなぜ?
第3回 東京駅発「のぞみ」を追跡! 「すれ違い」「追い越し」は何回ある?
第2回 明治17年、急行が誕生し複線化も進んだ頃のダイヤを再現する
第1回 日本の鉄道開業時の列車ダイヤを再現してみた

もっと見る

関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『ステラのまほう』、アニメキービジュアル&メインキャストを公開
[16:39 6/27] ホビー
iiyama PC、税別39,980円のM.2 SSD搭載15.6型ノートPC
[16:31 6/27] パソコン
NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ
[16:24 6/27] テクノロジー
[内田彩]「ラブライブ!」声優が初ツアーを完走
[16:18 6/27] ホビー
KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円
[16:17 6/27] 携帯

本音ランキング