【連載】

列車ダイヤを楽しもう

12 気仙沼線がBRTで大増発できた理由

12/73

JR東日本の気仙沼線は東日本大震災で被災し、一部区間をBRT方式として仮復旧した。BRTは「バス高速輸送システム」の略。気仙沼線BRTはバス専用道と一般道を経由するため、気仙沼線は鉄道とBRTと一般道区間が混在するという珍しい路線になった。

気仙沼線のBRTバス。環境に優しいハイブリッドタイプ

鉄道にダイヤグラムがあるように、バスにもダイヤグラムがある。バスはおもに道路を走るから、すれ違いはどの区間でも可能だ。では、バス専用道区間はどうなっているだろう? BRTは単線の鉄道路盤を使っているから、バスの運行には制約もありそうだ。

2014年9月現在の気仙沼線の状況をおさらいしよう。単線の鉄道区間は前谷地駅から柳津駅まで。柳津駅から気仙沼駅まではBRTによる運行だ。専用区間は陸前戸倉~志津川間と、志津川駅の少し北側から清水浜駅まで、歌津~蔵内間、陸前階上~最知間、そして不動の沢駅付近から気仙沼駅までとなっている。BRTの運行に際して、志津川駅と清水浜駅の間にベイサイドアリーナ駅が設けられた。この駅を経由するバスと経由しないバスがある。

気仙沼線の線路状況。黒い線が鉄道、赤い線がBRT専用道、青い線が一般道区間

BRTの専用道区間は鉄道線路用地を使っている。もともと気仙沼線は単線だったから、バスのすれ違いは厳しい。地上区間は路盤を拡幅してすれ違い場所や待避所を設けているけれど、トンネル内のすれ違いは無理だ。それでもバス専用道を走る理由は、トンネルを使えば隣の駅まで最短経路になるからだ。

バスになっても単線運行という制約がある中、JR東日本は、「BRT化で運行本数を増やしました」とアピールしている。BRT区間でも各駅はすれ違い可能。一般道はどこでもすれ違い可能として、ダイヤ上で他にどんな工夫をしているだろう?

では早速、気仙沼線の時刻表を列車ダイヤ描画ソフト「Oudia」に入力してみよう。今回はBRT区間をわかりやすくするために、ダイヤを描画した後、ペイントソフトを使ってマークを付けてみた。

気仙沼線のダイヤグラム JTB時刻表2014年8月号を元に作成

鉄道として残った区間と比べて、BRT化された区間の運行本数が増えているとよくわかる。そして予想した通り、BRT区間のすれ違い場所は一般道区間に集中している。歌津駅付近、小金沢駅付近、松岩駅付近だ。志津川~清水浜間は専用道が整備されているけれど、ほとんどのバスがベイサイドアリーナを経由する。だからここもほとんどのバスが一般道ですれ違っているわけだ。

BRT専用道区間内のすれ違いが設定されている場所は、不動の沢~気仙沼間だ。この区間は待避所がいくつも設けられている。BRT区間はバスロケーションシステムによって運行管理されているため、指定された場所でバスが進路を譲り合う。その他のBRT専用道区間も同様だろう。列車交換ならぬ「バス交換」を見たいなら、このダイヤを参考にしてバスを選ぼう。

参考までに、被災前の2009年の気仙沼線の列車ダイヤを見てみよう。

気仙沼線のダイヤグラム JR時刻表2009年7月号を元に作成

季節臨時列車「こがねふかひれ号」と快速「南三陸81・82号」は省略して、平日の定期列車のみ入力した。被災前の気仙沼線がいかに閑散としていたかよくわかる。もっとも、列車とバスでは乗車できる人数が違う。BRTにするにあたって、「列車なら1本で運べる人数を、バスでは載せきれない。複数のバスを運行するなら、時間差を設けた方が便利」という判断があったと思われる。

運行回数が増えれば、移動する時間の選択肢が増える。かなり便利だ。そして残念なことに、鉄道のままでは、BRTの運行本数を設定できない。列車のすれ違い場所が駅に限られるからだ。ダイヤ上でもわかるように、運行本数の多い現在のほうが便利だといえる。

JR東日本はBRTを仮復旧と称していて、地元自治体も鉄道による本復旧を求めている。鉄道で復旧させた場合、現在のダイヤを維持するには、各駅ですれ違いを可能にしつつ、駅間にも信号場が必要。かなり費用がかかりそうだ。鉄道ファンとしては鉄道の復旧に期待したいけれど、地元の人々の交通手段としてはどちらが良いだろう。列車ダイヤを比較しながら、かなり考えさせられた。

12/73

インデックス

連載目次
第73回 JR在来線最長距離の山陰本線、特急街道と閑散路線が混在
第72回 北海道新幹線のダイヤを東北新幹線の現行ダイヤに重ねてみた
第71回 『スター・ウォーズ』列車の南海本線、平日朝に準急3本だけの謎
第70回 エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」じっくり見られる駅はどこ?
第69回 ひたちなか海浜鉄道「箱ダイヤ」で描く鉄道演劇の舞台裏
第68回 「房総横断鉄道」トロッコ列車と国鉄型キハは乗り継げる?
第67回 さよならAE100形 - 京成本線2015年12月ダイヤ改正「前」ダイヤ
第66回 根室本線 - JR北海道の減便報道の中、最長鈍行2429Dの運命は…
第65回 廃止報道のJR三江線、開業3年後と現在のダイヤを比較してみた
第64回 時刻表になったGoogleロゴマークをもとにダイヤを描いてみた
第63回 東京メトロ副都心線・東急東横線・みなとみらい線 - 通勤時間帯の直通特急
第62回 東急田園都市線 - 通勤時間帯の急行を廃止、平行ダイヤのお手本を見せた
第61回 単線と複線の非電化路線、関東鉄道常総線の復旧ダイヤ
第60回 和田岬線・札沼線・木次線 - 閑散路線のダイヤ事情は?
第59回 JR常磐線 - 特急銀座と不通区間の明暗、早期の全線再開を願って
第58回 ロングラン特急「しなの」の旅路 - 中央西線・篠ノ井線・信越本線
第57回 E353系も走る中央東線、「スーパーあずさ」高速化の課題は?
第56回 土砂流出から復旧した石北本線 - 特急も走るけど秘境駅もある
第55回 氷見線・城端線のダイヤに観光列車「べるもんた」を加えよう
第54回 横浜市営地下鉄ブルーラインで快速運転始まる - 追い越しはどこ?
第53回 路面電車にもダイヤはある - 都電荒川線・東急世田谷線
第52回 大井川鐵道「トーマス号」「ジェームス号」共演を撮ろう
第51回 JR只見線、過去のダイヤで知る「代行バス区間の価値」
第50回 JR留萌本線に廃止報道 - ゴオサントオと現在のダイヤを比較した
第49回 静岡鉄道は下りが「急行」上りは「通勤急行」停車駅も違う
第48回 JR伊東線・伊豆急行線「リゾート21」を追跡
第47回 JR呉線、快速「安芸路ライナー」追い越しは上り列車だけ
第46回 祝・開業! 仙石東北ラインのダイヤを作ってみよう
第45回 復刻版時刻表で伝説の特急「あじあ」号のダイヤを再現してみた
第44回 東武野田線、複線区間のありがたさと「スカイツリートレイン」の行方
第43回 京急本線のダイヤはステンドグラスのような美しさ
第42回 全長384kmの紀勢本線、JR東海とJR西日本の「本気度」が見える
第41回 JR山口線の快速「SLやまぐち号」下りはのんびり、上りはスイスイ!?
第40回 南海高野線は快速急行がお得!? 特急「こうや」を追ってみた
第39回 小田急ロマンスカーVSE、新宿~小田原間ノンストップ便を追跡する
第38回 JR横浜線 - 「東京メガループ」形成する通勤路線、特急列車も走る
第37回 津軽海峡線 - 新幹線開業前の青函トンネルは旅客列車28本、貨物列車50本
第36回 JR北陸本線から第3セクター鉄道へ - 金沢~直江津間を比較してみた
第35回 JR日高本線、災害で不通に - かつて急行列車が3往復もあった
第34回 JR九州のジレンマとは? 鹿児島本線・関門トンネルのダイヤ
第33回 工業地帯の鶴見線は通勤重視、しかし意外にも休日は…
第32回 JR南武線平日ダイヤ - 快速も走る、貨物列車も走る
第31回 北陸新幹線の臨時列車は初めから設定済み、まだ増やせる!?
第30回 北近畿タンゴ鉄道の観光列車「くろまつ号」の動きを推理する!
第29回 4月から「京都丹後鉄道」に! 北近畿タンゴ鉄道はどんな路線?
第28回 西の雄、近鉄大阪線は特急ラッシュ!? 日中は普通列車がない区間がある
第27回 東武伊勢崎線、大手私鉄最長複々線のデッドヒートを観察しよう
第26回 東武伊勢崎線の七変化 - 段階的な混雑区間から単線ローカル区間まで
第25回 北陸新幹線のダイヤを描く - 列車を追い越す回数は?
第24回 富士急行「フジサン特急」を有名撮影スポットで待ち構える!
第23回 大阪環状線は複雑怪奇、快速も特急も走っている
第22回 JR京浜東北・根岸線、ダイヤに浮かび上がる「2つの都心」
第21回 JR山手線、早朝の「田町駅始発」列車の謎
第20回 特急「はくたか」在来線最速160km/h! ほくほく線の黄金時代
第19回 42.1kmを6時間かけて走る超スロー列車「龍馬おもてなし号」
第18回 箱根登山鉄道「アレグラ号」同士のすれ違いはどこで?
第17回 秋田新幹線「こまち」、普通列車を追い越すのはどの列車?
第16回 東急池上線の「消える増発列車」はどこへ?
第15回 JR四国「予土線3兄弟」の動きを追ってみよう!
第14回 東海道新幹線、開業時のダイヤはまるでローカル線!?
第13回 「特急銀座」来春で店じまい!? 北陸本線のダイヤを眺める
第12回 気仙沼線がBRTで大増発できた理由
第11回 通勤時間帯の時間調整、なぜ行われる?
第10回 乗れなくても見に行きたい! 「きかんしゃトーマス号」を待ち伏せる
第9回 東海道新幹線に「速いこだま」「遅いこだま」がある!?
第8回 江ノ島電鉄、シンプルなダイヤに隠れた2つの謎を解く
第7回 「特急」新設で、相模鉄道のダイヤはどう変わったか?
第6回 「トワイライトエクスプレス」2度のすれ違いをダイヤで再現
第5回 140周年を迎えたJR神戸線の今昔 - ネットダイヤと暴かれた秘密
第4回 通勤ラッシュ時間帯に急行・快速が走らないのはなぜ?
第3回 東京駅発「のぞみ」を追跡! 「すれ違い」「追い越し」は何回ある?
第2回 明治17年、急行が誕生し複線化も進んだ頃のダイヤを再現する
第1回 日本の鉄道開業時の列車ダイヤを再現してみた

もっと見る

関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事