【連載】

夏目幸明の"スッキリする"カイシャの話

8 飲み会で話したい! うっかりミスの社名

8/11

経済ジャーナリスト夏目幸明がおくる連載。巷で気になるあの商品、サービスなどの裏側には、企業のどんな事情があるのか。そんな「気になる」に応え、かつタメになる話をお届けしていきます。

「明治製菓は大正時代にできた会社」「ググるでなくグゴるになるところだった」と聞くとちょっと飲み会で話してみたくなりませんか? 社名に関するあれこれ、今回は有名企業の社名の由来をお伝えします。

三菱財閥より三菱鉛筆が先!?

トヨタ自動車が、じつは「トヨダ」になるはずだった話は有名かもしれません。創業家の性は「豊田=とよだ」と濁ります。実際、会社ができた1936年には「トヨダ号」という車もできていたのです。しかし、全国からマークを募集すると、デザインが非常にすっきりした作品があって……なぜか濁点がない! 何の間違いか「トヨタ」となっていたんです。しかしこのとき経営陣は、個人名を冠することなく社会的企業として成長しよう、画数も末広がりの8画だ、とこれを採用します。ちなみに愛知県豊田市にあるからトヨタ、というのは嘘です。元は「挙母(ころも)市」だったのですが、企業城下町として栄えたため、自治体が「豊田市」と改名しています。ちなみに工場の場所は「豊田市トヨタ町」。余談ですが、群馬には「太田市スバル町」が、大阪府には「池田市ダイハツ町」もありますよ。

同じ三菱なのに……誤認していた人は多いでしょうね

さて、この「間違い起源の社名」類はまだあって、同じく世界的企業の「google」もじつはそれ。1997年、創業者は「膨大な情報の組織化」という願いを込め、10の100乗を表わす「googol(グーゴル)」を社名にしようと考えます。ところがドメイン名を登録したとき綴りを間違え「google.com」としてしまったそう。「セレンディピティ」という考え方があります。何かの偶然、間違いで生まれてしまったものを活かそう、という考え方です。もしかしたら創業者は、偶然できた「google」の綴りを気に入ったのかもしれません。なお、幻の社名「googol」でグゴって……じゃなくてググってみると、ちゃんと10の100乗と出てきます。ほかの検索エンジンだと「googleではありませんか?」と出てくるのですけどね(笑)。

 そして最後にちょっとややこしい例も。先に書きましたが「明治製菓」は大正時代の創業です。簡単に言えば、明治時代に創業した「明治製糖」の子会社だったため、「明治製菓」になったのですね。さらには「三菱鉛筆」。この会社、世界の三菱グループとは一切関係がありません。三菱グループの由来は、創業者・岩崎弥太郎の家紋「三階菱」と、彼の故郷・土佐の山内家の家紋「三ツ柏」に由来すると言われています。一方「三菱鉛筆」の社名は、同社製の鉛筆が1901年に「逓信省(現:総務省)御用品」として採用されたことが由来。芯の硬さが一号、二号、三号の3種類で、かつ創業家の家紋が「三鱗(みつうろこ)」だったため、これを図案化して三菱のマークを考案したと言います。ちなみに、三菱財閥の商標登録より10年先のこと。あのマークは鉛筆の方が先だったのです。なお、ちょっとした都市伝説もあります。「三菱財閥から三菱鉛筆に“よくグループ会社と勘違いされるから、いっそグループに入りませんか?”と誘いがあった」しかも「三菱鉛筆は“自主独立を守りたいから”と断った」なるものです。本当だったら面白い! のですが、これは、三菱鉛筆の社長さんをインタビューしたとき、きっぱり否定されました(笑)。

世界的企業は社名から違うぜ!!

ここからもう少し、世界的企業の由来をお伝えしたいと思います。まずは「ソニー」。じつは創業当初、同社は「東京通信工業」という社名でした。しかし、創業者の盛田昭夫と井深大は1955年に日本初のトランジスタラジオ「TR-55」を発売すると、自社製品に「SONY」のマークを入れ、社名も「SONY」変更します。なぜかと言えば……まだ会社が小さかった時代から「世界進出」を考えていたから。

「東京通信工業」だと長すぎるのです。そこで彼らは、英字で表わすことができ、いい意味を持つ単語を探します。また、なるべく世界中で同じ発音で表せるほうがいい、と考えました。たとえば「JAPAN」はドイツ語だと「ヤパン」になります。そういうのを避けなきゃ! というわけで彼らは「音」という意味の英語「SONIC」の語源である、ラテン語の「SONUS」(ソヌス)と、「坊や」という意味の「SONNY」(ソニー)を由来に「SONY」という社名を創り上げます。志が高い!

「志」と言えば、本田技研工業も同じです。よくある創業者名=社名のパターン? と思われるかもしれません。余談ですが「ブリヂストン」は創業者が石橋正二郎氏だから「ストーン=石」と「ブリッジ=橋」を掛け合わせ「ブリヂストン」、サントリーは創業者の鳥井信治郎氏の「トリイ」と、主力商品だった「赤玉ポートワイン(太陽のように見えるマーク)」を組み合わせ、太陽=サンとトリイでサントリーです。しかし本田技研には人名だけでなく、志も込められていたのです。

それは「技研」の二文字。創業者・本田宗一郎は、飛行機もつくってみたい! と考える夢いっぱいの人物でした。そして「技術」「研究」という大きな志をテーマに「本田技術研究所」を立ち上げました。これがのちに奏功します。いま同社は「ホンダジェット」をつくっています。もし「本田自動車」だったら、社業と社名が一致しなくなっていました。本田宗一郎が大きな夢を持って起業したことが、今も社名に息づいている、というわけです。カッコいい!

あなたが起業するなら、どんな社名にしますか? いつか、日本経済に大きな影響を与える会社をつくったら、ぜひ、私に社名の由来を書かせてください。

著者略歴

夏目幸明(なつめ・ゆきあき)
'72年、愛知県生まれ。早稲田大学卒業後、広告代理店入社。退職後、経済ジャーナリストに。現在は業務提携コンサルタントとして異業種の企業を結びつけ、新商品/新サービスの開発も行う。著書は「ニッポン「もの物語」--なぜ回転寿司は右からやってくるのか」など多数。

8/11

インデックス

連載目次
第11回 チロル、うまい棒――「10円ビジネス」の裏側に迫る!
第10回 コンビニのレイアウトはなぜ例の感じなの?
第9回 なぜうちの会社にはよくわからない行事がいろいろあるの?
第8回 飲み会で話したい! うっかりミスの社名
第7回 なんであえて間違えやすい社名にしているの!?
第6回 なぜLINEはちょくちょくアップデートするのか
第5回 「い・ろ・は・す」の中身は売れる前と同じ!? メーカーの「容器」に隠された裏話
第4回 なぜ炭酸飲料は必ず丸い容器に入っているのか
第3回 なんで企業は「世のため人のため」的なことを言いだすのか
第2回 なんでPeachやVanillaのようなLCCは激安なのか
第1回 なんで「ガリガリ君」や「一平ちゃん」は妙な味を出してくるのか

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事