【連載特別企画】

事例で学ぶ、ニフティクラウド活用術

2 ニフティクラウド ゲーム基盤事例「ユニゾンリーグ」

 

2/8


事例サマリ:株式会社エイチームは、同社のスマートフォン向けリアルタイムRPGアプリ「ユニゾンリーグ」の運用基盤として利用していたクラウドサービスのサーバー障害に悩まされていた。頻発するサーバー障害によりゲームの運用に支障をきたすだけでなく、障害対応に関わる工数も大きくなってきたため、安定性と可用性が高く大規模なゲーム基盤の利用事例を多く持っていたニフティクラウドにサーバー基盤を移行することにした。その結果、サーバーの障害はほとんどなくなり対応コストが激減、安定した運用基盤を構築することができた。

北米におけるサービス展開に関しても、事前に実施したβ版のテスト運用で国内と変わらない安定性と操作性を発揮したことからニフティクラウドを採用した。

  キーワード(外部サイトへ移動します):Webサービス

本事例の登場人物

株式会社エイチーム エンターテインメント事業本部 新規ゲーム開発第1グループ 部長 尾関 高志 氏

リアルタイムRPG 「ユニゾンリーグ 」運用基盤としてニフティクラウドを導入

ニフティ:「ユニゾンリーグ」の概要について簡単にご説明ください。

尾関氏:スマートフォン向けの新感覚リアルタイム RPGである「ユニゾンリーグ」は複数のプレイヤー間で同時に行われる、ギルドバトルとクエストバトル、そして仲間と息を合わせてのユニゾンアタックなど、リアルタイムにプレイすることの面白さが凝縮されています。英語版では世界のプレイヤーと対戦することも可能です。

ニフティ:ニフティクラウド導入にあたって、御社ではどのような課題がございましたか? 尾関氏:サービス開始時は、他社のクラウドを利用していました。しかしながら、そのクラウドはゲームの運用に支障を来たすほど障害が頻発していましたので、障害対応に費やす工数を考えると、非常にコストパフォーマンスが悪い状況でした。そこで、改めて安定性と可用性の高さを最優先にクラウドの選定を行った結果、当社の他のサービスで安定稼働の実績があり、大規模なゲーム基盤としての利用事例を多く持っているニフティクラウドを利用することになりました。

*  *  *

 続きは、ニフティクラウド 導入事例ページよりご覧ください。(別サイトへ移動します)

 続きを読む


その他のゲーム基盤事例のご紹介

三国志乱舞/戦国IXA(株式会社スクウェア・エニックス)
  - 朝8時の乱舞戦をクラウドで攻略!ソーシャルアプリ「三国志乱舞」の基盤として採用。1日4回の乱舞戦、レア武将カードDL時の高負荷を支える。

斉藤さん 導入事例(株式会社ユードー)

ゴールドリベリオンR(株式会社プレイハート)
  - システム可用性を高め、顧客の幅広いニーズに対応可能な商品ラインアップで提案力を大幅強化。ゲームアプリの基盤構築から運用・監視までをワンストップで提供。

(マイナビニュース広告企画:提供 ニフティ)

2/8

インデックス

連載目次
第8回 ニフティクラウド ゲーム基盤事例「ゴールドリベリオンR」
第7回 ニフティクラウド 業務効率化事例「mackerel」
第6回 ニフティクラウド コールセンター向けソリューション事例「IWATSUクラウド」
第5回 ニフティクラウド 業務効率化事例「ICTコンビニサービス」
第4回 ニフティクラウド 駐車場ソリューション事例「eCoPA(エコパ)」
第3回 ニフティクラウド 業務効率化事例「FUJITSU Enterprise Application AZCLOUD SaaS teraServation」
第2回 ニフティクラウド ゲーム基盤事例「ユニゾンリーグ」
第1回 「番宣組」の導入で宣伝業務を効率化 安定稼働の実績が採用の決め手 - TBSテレビ

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事