【連載】

中国グルメ図鑑

1 日本の小籠包とひと味ちがう! 100円グルメ「生煎」はスゴい飛翔力

 
  • <<
  • <

1/10

生煎(ションジエン)

小腹が減った時に気軽に楽しめる「生煎」は、上海一帯・江南地方の名物。小龍包のようにスープと肉が詰まっていますが、小龍包と違って皮は厚めです。ふんわりとした食感と鉄板で焼き上げたコンガリ部分が同時に楽しめます。中の汁が熱々なのでご注意を! 4つで5元(約100円)くらいです。

著者プロフィール: ancy wang(アンシー・ワン)

上海在住。ふと気付けば、すでに人生の三分の一くらいは中国で暮らしています。王安石を中国語で読むと「ワンアンシー」となってかわいいので、ペンネームにしました。報道に映らない中国を紹介するサイト「Billion Beats」でも、中国で見たものをイラストで描いた「kankan」を連載してます
  • <<
  • <

1/10

インデックス

連載目次
第10回 大きな繭がお皿に!? 中国の"大根パイ"は食べるのに悩ましい存在
第9回 どこから漂うあの匂い……好き嫌いの分かれる「炸臭豆腐」
第8回 ご飯を揚げた30円グルメはシンブルで美味!
第7回 ラーメンの語源が分かる「蘭州拉麺」って?
第6回 蘇州式のラーメンはなんだかお得な気分になれる!
第5回 中国では「猫の耳」を食べる!?
第4回 「煎餅、あるよ」と出てきた中国の煎餅にびっくり!
第3回 中国のワンタンは日本のワンタンとこう違う!
第2回 春節の終わりを告げる冬の味覚「湯圓」は開けてからのお楽しみ
第1回 日本の小籠包とひと味ちがう! 100円グルメ「生煎」はスゴい飛翔力

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ベッキー、さんま&中居に「ただただ感謝」- 突然の電話出演「びつくり」
[17:31 7/24] エンタメ
J・デップと離婚調停中のA・ハード、起業家イーロン・マスクと新ロマンス!?
[17:01 7/24] エンタメ
「メディアに出れば出るほど誤解される」バンド、jealkbが本音で語る"武道館"への思い
[17:00 7/24] エンタメ
深田恭子の水着姿に「人魚みたい」「ナイスボディ」の声 - インスタ開設
[16:43 7/24] エンタメ
2016年プログラミング言語トップ21が発表、1位は昨年と同様
[16:30 7/24] 企業IT