【連載】

完全保存版 猫の飼い方

1 猫を迎える前に用意すべき物まとめ

うだま  [2014/03/25]
  • <<
  • <

1/3

こんにちは。猫漫画家のうだまと申します。この連載では、初心者向けの「猫の飼い方」をご紹介します。

天使のようなうちの猫

グーグル検索で「猫 飼い方」で検索する人が多いので、便宜上「飼い方」と書いてありますが、本当は連載のタイトル、「猫様へのご奉仕の仕方」ってつけたかったのです。でも死ぬほどわかりにくいので断念しました……。

この連載は「もう近々猫が家にやってくる」「いつの日か絶対に猫と暮らしたい」という人に向けての情報を発信するためのものです。うちの猫たちもチラホラ登場するので、写真も目に楽しいものにしてみました(笑)。それでは、しばらくの間お付き合いくださいませ。

猫を家族として迎えるために用意すべきもの

猫が家族になると決定した!さて、そうなったら当然猫が使うものを用意しないといけません。

■当日から必要なもの
・ドライフード
・ウェットフード
・ご飯用のお皿
・水を入れるボウル
・猫用トイレ
・猫砂
・キャリーケース

猫のご飯

ドライフードの一例。カリカリとも呼ばれます

猫用フードには「総合栄養食」と「一般栄養食」の二種類があります。

総合栄養食とは、お水とそのフードだけで十分に栄養を摂取することができるフードのことです。栄養バランスや消化吸収の効率の高さなども考慮されて作られています。

一方、一般栄養食とは、人間でいうところの「おかず」に該当します。総合栄養食の補助として与えるためのフードです。特定の栄養素を摂取することを目的につくられていたり、あるいはご飯を食べない猫のために、猫が好むような風味がふんだんに盛り込まれていたりします。

一般栄養食ばかりを与えてしまうと、体の発育に悪影響を及ぼします。購入の際は、裏面をしっかり確認する必要があります。

誕生日にはちょっと高いシーバをあげてます

ウェットフードも

大好きなカルカンに頬ずりするうちの猫

また、新しい環境に慣れている最中の猫は、食欲が落ちることもあります。そんな時は、香りも豊かなウェットフードで食欲を促進してあげると良いでしょう。ちなみに、ウェットフードは人肌の温度に温めてあげると、食いつきがよくなります。冷たいままだと食べてくれないことも……。本来、猫はネズミを生け捕りにして食べていました。そのネズミの体温に近い温度にしてあげると、よりしっかりご飯を食べてくれるのだそうです。

最近はゼリータイプのものも人気

猫用のおやつはたまにしかあげない

お皿も準備!

ご飯用のお皿

ご飯用と、お水用のお皿を用意する必要があります。猫のご飯用のお皿、今は色々な種類のものが売られています。最近よく見るのは、「食べやすいタイプ」のお皿。猫はヒゲがお皿に当たるのを嫌がる生き物。ヒゲがあたらないよう、広くて薄っぺらなお皿なんかも売られているのです。また、逆に一気に食べて吐いてしまう猫ちゃん用に、「食べにくい」お皿なんかも売ってます。家族になった猫ちゃんがどういうタイプなのかを見極める必要がありますネ。

猫「ご飯、くれるの?」

私「ご飯ならさっき食べたでしょ」

ボウル

水を入れるボウル

お水を入れるボウルも用意します。選ぶ際に注意するのは、(1)重さがあること、(2)たくさん水が入ること、です。

水を入れるボウルが軽いと、飼い主さんが留守の際に猫が走ったりした際にひっくりかえってお水がない状態になる危険性があります。夏場だったら命にかかわることも。かなり重いものを選ぶといいです。

また、お水がある程度たくさん入ることも重要です。これまた夏の話ですが、ちょびっとしか水がはいらず、あっという間に蒸発してしまったら、猫が飲む水がなくなってしまいます。きちんと量が入ることも確認する必要があります。

100円の小物入れで高さを作る

うちの子は水を飲む際、顔を下げるのを面倒がります。なので、我が家では100円の小物入れをさかさまに置いて、高さを作っています。これならば、少し顔を下げるだけで簡単に飲めるので。甘やかしすぎかもしれませんが、面倒くさがって水を飲まなかったら泌尿器系の病気に罹患するかもしれないので、色々と対策がいるのです。

撮影の邪魔ばかりしてきます……。めっちゃ可愛い

猫のためのトイレ

猫用トイレ

猫のためのトイレも当日から必要です。箱型のものやドームタイプのものなど、色々な種類が販売されています。猫は基本的に排泄行為を見られるのを嫌がります。隙だらけになりますからね。ですので、姿を隠せるドームタイプを好む猫ちゃんが多いみたいです。箱型のものを使用する際は、家具の後ろに置くなど、猫が排泄シーンを見られないように配慮すると良いかもしれません。

うちの子は屋根がない箱型のものでも使用してくれましたが、排泄物のにおいや猫砂が飛散しにくいという理由から、ドームタイプのものを使っています。

また、猫トイレの数は猫の数+1個であることが基本といわれています。自宅にいる猫が1匹の場合なら設置する猫トイレは2個、2匹なら3個にするとよいでしょう。猫トイレの個数が多いと、すぐに排泄物を掃除できないときなど、別のまだ使っていないトイレを使うことができます。トイレが1個しかなく、猫が排泄を我慢してしまって泌尿器系の病気になることも多々報告されています。健康に長生きしてもらうためにも、個数は多めにするとよいでしょう。

猫砂も用意

猫砂の一例。我が家ではトイレに流せる紙製のものを使っています

また、猫砂も同様に用意します。猫砂には次の種類があります。猫が好むものを使ってあげましょう。

・紙系…軽くて持ち運びやすい。固まりにくい場合もある。
・鉱物系…おしっこが固まりやすいが、ほかの猫砂に比べて重い。
・木系…おしっこの吸収がよい。素材が軽いので、飛び散りやすい。
・おから系…猫が誤って口にしても安心。トイレに流せるものも多数。
・お茶系…お茶の香りで排せつ物のにおいがしにくくなる。

我が家は最初おから系を使っていました。しかし、兄猫が紙のものをとてもよく好むので、今では紙製オンリーです。購入して家に帰る際も、とっても軽いので楽ちんです。

設置の場所

猫のトイレは、なるべく人が行き来するような場所には設置しないようにしましょう。安心して排泄できるよう、静かであまり人がいない場所での設置をオススメします。

それと、猫のトイレは常に清潔にしておく必要があるため、設置の際は飼い主さんが掃除をしやすい場所という条件もあるとよいかもしれません。掃除の回数は、最低でも朝一回、夜一回。前回した排泄物が残っていると、猫がいやがってトイレ以外の場所で排泄してしまう危険性があります。

キャリーケースは当日から絶対必要

キャリーケース

キャリーケースは当日から準備しておく必要があります。猫を家に連れてくる際に使用したり、突然猫の具合が悪くなった場合は病院に連れていく際に使用するためです。

一昔前だとプラスチック製の、一目見てキャリーケースとわかるものが多かったですが、最近はデザインもかわいらしいものが増えています。

なお、ついついデザインに惹かれて可愛いものを購入する飼い主さんが多いですが(私もそうです)、獣医さんによればプラスチックのものが良いそうです。猫の爪がひっかかったりしませんし、バッグの中から獣医さんを攻撃したりできなくなるからです。

ちなみに我が家のキャリーケースは2つあります。旅行用のスーツケースのように転がしながら運べるものと、背中に背負うリュックタイプです。

スーツケースタイプは実はリュックとして背負うこともできる

我が家には今猫が2人いるので、2人同時にワクチンを接種する際などにキャリーケースが2つ必要になります。前述の二種類ならば、一人をスーツケースタイプで運び、一人をリュックタイプで背負うことにより、同時に運ぶことができます。合計10キロを超えるので、少々重たいですが、多頭飼いの場合はオススメの手段ですヨ。

後々必要になってくるもの

当日までに絶対そろえるべき、という程ではありませんが、後々必要になるものは下記のものです。

・猫用ベッド
・ブラシ
・猫用爪きり
・おもちゃ
・爪とぎ器

ベッド

猫用ベッド

最近はとても可愛らしい猫ベッドが売っています。洗濯した日は猫が使うベッドが無くなってしまうので、2つあると便利かも。

段ボールでできた猫ベッド

爪とぎとして使用することも可能

ブラシ

ブラシ

こちらが猫用のブラシです。特に毛の長い猫ちゃんの場合は絶対に必要。毛玉ができてしまいます。短毛種の場合でも、換毛期にはブラッシングの頻度はかなり高くなるため、きちんと用意しておきましょう。

猫用爪切り

猫用爪きり

人間用の爪きりでも猫の爪を切ることはできます。猫用のものも売っているので、購入を検討してもいいかもしれません。ちなみに我が家では猫用の爪切りで切っています。人間用のものだとどこまで爪がカットされるのかが見にくいので、猫を怪我させてしまいそうで怖いのです……。

おもちゃ

おもちゃ

そして猫用のおもちゃ!絶対に必要です(笑)。絶対に喜んでくれます。本当に色々なものが販売されていますが、王道の猫じゃらしがやはりオススメです。元気な猫ちゃんだとあっという間に壊れてしまうので、ストックをいくつか用意しておきましょう。

猫「全部おもちゃが出てる!」

猫「僕、コレが好き」

爪とぎ

爪とぎ器

また、爪とぎ器も準備します。段ボール製のものや麻縄製のものなどが販売されています。段ボール製のものは安くて軽いですが、あっという間にボロボロに……。クズなども出てしまうので、掃除が必要です。麻縄製のものは、非常に丈夫ですが少々お値段が高いです。

我が家ではずっと段ボール製のものを使用していましたが、とうとう先日、麻縄製のものに変更しました。段ボール製のものを頻繁に購入するのが大変だったので。

今回買ったのは、麻縄製の爪とぎタワー。特に弟猫のほうが死ぬほど喜んでくれました。毎日毎日バリバリと爪とぎをしたりタワーによじ登ったり頂上で瞑想にふけったりしています。めっちゃ可愛い。

上に乗ってドヤ顔

ぴったりなスペース

瞑想にふけるうちの猫

とにかくあんよが可愛い

買ってよかったです

キャットタワー

キャットタワー

猫は上下運動を好むので、スペースがあるのならキャットタワーの購入を検討してもいいかもしれません。我が家ではミニキャットタワーを設置。組み立ても簡単なのが嬉しいです。

支柱で爪がとげるようになっている

兄猫がタワーに上陸。大きいです

登っている最中

弟猫は爪とぎに夢中

ジャンプして乗りました

またもやドヤ顔

いかがでしたでしょうか……? これから家族になる猫のための準備すら、楽しいものだと思います。私は猫のための準備が完了し、猫が実際に家にやってくるまで3日も期間がありました。毎日毎日猫がまだいないベッドやトイレを眺めてはニヤニヤニヤニヤ。エア猫飼いを堪能していました。

バッチリ準備を整えたら、早く猫ちゃんがおうちに来るといいですネ。

マイナビニュースでのうだまの連載

・連載 「結婚の条件は、猫を捨てることだった」
・8コマ漫画つきコラム 「猫マンガ家の日常」
・1コマ漫画 「猫にありがちなこと」
・漫画付きエッセイ 「猫なんか、二度と飼うもんか」

作者プロフィール

うだま
猫好きの独身アラサー。猫の漫画や日常の漫画をよく書く。
猫ブログ「ツンギレ猫の日常-Number40」は毎朝7時30分に更新している。
ツイッターでは常に猫への愛を叫び続けている。下ネタツイートは最近控えるようにしている。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

連載目次
第3回 猫を飼うのに必要な一カ月の費用
第2回 子猫が来る当日のスケジュール
第1回 猫を迎える前に用意すべき物まとめ
関連キーワード

人気記事

一覧

2016年6月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事

【コラム】東武鉄道の車両・列車 第6回 200型「りょうもう」台鉄自強号「普悠瑪」デザインに
[17:30 6/25] ホビー
クリス・ブラウン、マネージャーへの暴力で訴えられる
[16:39 6/25] エンタメ
和田アキ子、覚せい剤&不倫の高知容疑者をバッサリ「どうしようもない」
[16:15 6/25] エンタメ
「咲-saki-」スピンオフ第5弾、BGにて開幕!園城寺怜が主人公の物語
[16:15 6/25] ホビー
ジャンポケ斉藤、念願の連ドラレギュラー出演「気持ち悪い部分を出せたら」
[16:04 6/25] エンタメ