【連載】

海外発! 美容と健康の気になる情報

5 世界で最も「幸福」なのは、北欧のあの国。アメリカは17位、日本は……

 

5/17

画像はイメージです

人ならば誰しも「幸せになりたい」と思っているだろう。「もっとお金があれば…」「もっと人から好かれれば…」「憧れのあの仕事で働ければ…」。人によって「幸福」の定義はそれぞれだが、コロンビア大学地球研究所がこのほどまとめた報告書によると、世界150か国以上の国の中で最も「幸せな国」と「不幸せな国」が明らかになったという。

北欧は「幸福」の宝庫。日本は43位に沈む

今回の研究において、研究者たちは2005年からの「幸福」に関する世界150か国以上のデータを集めた。そして、国民の幸福度を10段階の数値で示した。幸福度の大半は、「一人当たりGDP」「健康寿命」「信頼できる存在の有無」「人生選択の自由」などの6基準に帰属している。

上位10位までの結果は、以下の通り。

1位デンマーク(7.693)
2位ノルウェー(7.655)
3位スイス(7.650)
4位オランダ(7.512)
5位スウェーデン(7.480)
6位カナダ(7.477)
7位フィンランド(7.389)
8位オーストリア(7.369)
9位アイスランド(7.355)
10位オーストラリア(7.350)

トップ10のうち、北欧系の国が大半を占める結果となった。

GDP世界第1位の米国は17位(7.082)、同2位の中国は93位(4.978)、そして同3位の日本は43位(6.064)に沈んだ。他の主要国では、イギリスが22位(6.883)、フランスが25位(6.764)、ドイツが26位(6.672)となっている。

また、最下位の156位は、トーゴ(2.936)。ワースト5か国は他にルワンダ、ブルンジ、中央アフリカ、ベナンとサハラ砂漠以南に集中している。

平均幸福度は5・1で、過去5年に比べ微増

報告書によると、156か国の平均幸福度は5.1。幸福度の世界平均は過去5年間でわずかに上昇したものの、経済的、政治的問題を抱える国で下落が目立った。ここ数年で61か国の幸福度が改善された一方、41か国が下がっているという。

国民が不幸を感じる要因としては、「失業」「家庭崩壊」「身体疾患」などがある。今回の報告書によって、うつ病や不安は人々の幸福に多大な影響を与えるが、これらのメンタルヘルス問題は政治家にしばしば無視されていることが明らかになった。

今回の研究に携わった、コロンビア大学地球研究所のJeffery Sachs氏は「(各国の)政策はもっと人々が『自分たちが幸せだ』と特徴付けることができる、真に重要なものと結びついたものでないといけない。そして、そういう要求は世界中で起こっている」と話す。

我々が目指す、普遍的な「幸福」とは?

ヒマラヤにある小国ブータンは近年、「GDP(国民総生産)のような単一の基準は、人々にとって本当に意味があることを把握するのに不適切ではないか」とかねてより疑問視しており、GDPに代わるGNH(国民総幸福量)という概念を提唱している。

昨年の調査では、裕福な人々は貧しい人々よりも平均的に幸福ではあるものの、国のGDPの増加は人々の幸福量を後押ししていないことが明らかになったという。例えば、アメリカのGDPは1960年代に比べて3倍になっているが、「幸福」は3倍にはならずに停滞しているという。

確かに富や名声は、人々に「幸福」を感じさせてくれるかもしれない。だが、有り余るほどの富と名声は、時として人を狂わせる。ハリウッドスターなどのセレブリティがドラッグに身を染め、自ら命を絶ってしまうこともその一例かもしれない。それは果たして、本当に「幸福」なのだろうか。

普遍的な「幸福」というものは存在しない。だとすれば、何をもって「私の幸福」とするのか。その揺るぎない自分だけの指標を、我々は持っておくべきなのかもしれない。

5/17

インデックス

連載目次
第17回 寒い時期こそチャンス? 温度にまつわる"簡単ダイエット法"が話題
第16回 海外での報道で話題! 2014年にストレスが最大&最小と判断された仕事って?
第15回 今年は健康な体作りに挑戦! 毎日のアレを増やして心血管疾患リスクを減らす
第14回 年末年始は要注意! 自宅での長時間のゲームプレーに潜む危険とは
第13回 幸福感減少に摂食障害も……気をつけたいフェイスブックの落とし穴とは
第12回 年末年始は要注意。アルコールとの組み合わせに気をつけたい薬って?
第11回 意外? 長寿への近道は、ちょっぴり高カロリーのアレを毎日約28g食べること
第10回 第1子を持つ適齢期は女性25歳、男性27歳と米国民回答。専門家の回答は……
第9回 今からでも遅くない! 音楽が健康に及ぼす様々なパワーが海外で話題に
第8回 ロンドンの研究チームが特定した“幸福の遺伝子”「5-HTT遺伝子」が話題に!
第7回 愛は病をはね返す? 結婚をするとあの病気での生存率が高くなる
第6回 眠れる森の“美女”は本当? 米研究者「いい睡眠を取ると魅力度が増す」
第5回 世界で最も「幸福」なのは、北欧のあの国。アメリカは17位、日本は……
第4回 「ぽっちゃり」は心不全などの予防につながる? BMIにまつわるエトセトラ
第3回 高血糖は糖尿病だけでなく、もっと怖いあの病気のリスクも上げる
第2回 教育水準が高すぎる人は、うつ病になりやすい?
第1回 美容整形は、見た目年齢を何歳下げるの? 魅力はどれだけ増えるの?

もっと見る

関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事