【連載】

THEアップルコレクション

2 ハイルメーカーFro for Business

  • >
  • >>

2/2

今回紹介するのは「ハイルメーカーFro for Business」である。んっ? どこかで聞いたことがあるような名前だなあと思った方はその通り。このコレクションは、本誌で主催しているテンプレートコンテスト「ファイルメーカー選手権」でもお馴染みのデータベースソフト「ファイルメーカーPro(FileMaker Pro)」の販促グッズとして1999年に制作されたものである。

ファイルメーカー社は、アップルの100%子会社である。前身はクラリス社で、ファイルメーカーProの他にクラリスワークスやクラリスインパクト、クラリスメール、クラリスドロー、クラリスオーガナイザー、クラリスホームページなどを発売していた。1998年にファイルメーカーProとファイルメーカーPro サーバ、クラリスホームページ以外の製品をすべてアップルに移管してファイルメーカーに社名を変更し、現在に至っている。このグッズは、社名が変わった翌年に制作されたようだ。ちなみにファイルメーカーProの当時のバージョンは4.1である。

箱の表には「パソコンユーザ必携の快適ツールを標準搭載」「個人から家族まで使いこなせる入浴セットの頂点」などと書かれており、老若男女対応だそうだ。また、裏には入浴の方法と効能、そして各ツールの説明が記されている。

パッケージの中には、「ボディスポンジ」「オリジナル手拭い」「入浴剤」「ハイルメーカーFroくいっくりふぁれんす」が入っている。手拭いには「ふぁいるめーかーのこころへ」がプリントされ、リファレンスには「全国主要温泉しょーとかっと」と称して有名温泉の所在位置が書かれているなど、わざわざこのグッズのために作ったようだ。入浴剤はカネボウの「薬用入浴剤 旅の宿」がそのまま入っており、スポンジはこのツールのためのオリジナル品なのかどうか判断がつかない。

ファイルメーカーProは、筆者にとって日々の業務をこなすための大切なツールである。ちょっとした計算から、数十万レコードの大規模なものまで、自分でテンプレートを作って仕事に利用している。このソフトがなかったら、こなせる仕事量は10分の1ぐらいになってしまうだろう。長年に渡り愛用してきた製品だが、残念ながら、「ハイルメーカーFro for Business」を使ってお風呂に入ることはなかった。

読者の皆様がお持ちのアップル関連のグッズの情報、あるいはこの連載で紹介しているグッズに関係した情報をお待ちしています。「紹介されたグッズは私が企画しました」といった情報も大歓迎です。【情報はこちらからお寄せください】

  • >
  • >>

2/2

インデックス

連載目次
第2回 ハイルメーカーFro for Business
第1回 幻のアップルコンピュータワイン
関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事