【連載】

はじめての青色申告チャレンジ

1 「ソフト選び」編

  [2011/12/05]
  • <<
  • <

1/3

青色申告によるメリットが分かっていても、帳簿をつくるのが面倒だったり、それ以前にやり方が分からなかったりする個人経営者や小規模事業主は多い。白色申告と比べ、帳簿の記帳という手間はあるものの、最高65万円の特別控除が期待できるほか、減価償却の特例や家族への給与の支払いが認められるなど、一手間かけるだけの価値は十分あるのが青色申告なのだ。

この連載では、ある小規模事業主が、初めて青色申告にチャレンジする様子を何回かに分けてレポートしよう。

個人経営者や小規模事業主にぴったりのソフトウェアはないのか?

自らが社長兼社員であり経理でもある個人経営者や小規模事業主にとって、「記帳」という作業は非常に面倒なものだ。業務で得意先や顧客とやり取りを続ける日々の中で、帳簿を付けるという作業は負担以外の何物でも無い。

しかし、青色申告すれば「経費以外にも最高65万円の控除ができる」、「家族への給料が必要経費にできる」、「赤字が出たら次年度以降に繰り越せる」、「30万円未満の固定資産を一括償却可能」というメリットがあるのだ。しかし、メリットがあると知りつつも、最終的にはいつもどおり、年度末が来ないと記帳さえしないというのが実情だろう。

青色申告のメリット

筆者も極度の数字嫌いなこともあって、記帳なんて向いてない性格であることは自分でも理解している。しかし、今年こそはと一念発起。自分で簿記や経理を勉強し直す暇はないものの、それを代わりにやってくれるソフトウェアはないものかと、量販店へ向かってみることにした。向かった先は、秋葉原にあるヨドバシカメラ「マルチメディアAkiba」だ。

一番の注目点は費用対効果

「マルチメディアAkiba」の会計ソフトのコーナー。年末だけあって、青色申告対応の製品が並ぶ

量販店に行くと、経理ソフトコーナーにはさまざまな種類のソフトウェアが並んでいる。特に年末に近づくと、個人経営者や小規模事業主向けの青色申告対応の製品が店頭を埋めるほどになる。

シンプルな機能に特化した製品から、ネットワーク連携や在庫管理、顧客管理まで視野に入れた本格的な経理ソフトまで種類はさまざまで、その価格も1万円前後から10万円前後まで幅広い。もっと高額な商品も存在しているが、そちらは支店を持つ大企業向けだったりするので、とりあえず置いておく。

それでもシンプルな機能の製品だけでも数種類はある。一番気になるのはその価格差だ。先ほども少し触れたように、多くの製品は1万円前後というのが相場。この1万円という投資が実れば良いが、実際には続けられるかも分からない。そう考えると、投資としては少額なほど敷居も低く、面倒な記帳に対する継続意欲も湧く可能性が高い。

そうした観点からみると、製品はおのずと絞られてくる。今回一番気になったのはソリマチの「みんなの青色申告13」(以降、みん青)という製品。通常価格は11,500円だが、店頭価格は7,980円前後とかなりお安いのだ。

大量の経理ソフトが陳列されている量販店のコーナー。中でも目を引いたのはソリマチの「みんなの青色申告13」だ

「みん青」のキャンペーンチラシ。期間中ならもれなく3,000円のキャッシュバックが受けられる

さらに山積みされた陳列棚には製品キャラクターである、松岡修造氏のインパクトのある微笑みが特徴の「みんなの早得キャンペーン」という文字が目に入る。これは期間限定のキャッシュバックサービスで、期間中(11/25~12/31)にユーザー登録とキャンペーン申し込みをすれば、もれなく3,000円がキャッシュバックされるというもの。

店頭価格7,980円から3,000円がキャッシュバックされれば、わずか約5,000円の投資で済む計算となり、かなり魅力的だ。さらにデータ連携で業務提携しているJCBとのタイアップで、2012年3月末までにJCB法人カードへ同時加入すると最大4,000円がキャッシュバックされるという。  

店頭価格7,980円前後のソフトで3,000円のキャッシュバックは大きい。心は大きく揺れ動く!

JCB法人カードへの同時加入で最大4,000円がキャッシュバックされる

店頭でのサービスも充実

ちょうどこの日はソリマチの販売スタッフが来店しており、PCでデモンストレーションを実施していた。インパクトのある修造節を取り入れた、楽しいPVを流しつつ、軽妙なトークで「みん青」の良さを操作しながら説明してくれる。

ソリマチ 営業 高頭英宣さん。デモは全国の量販店などで開催されているので、気になる方は最寄りのショップでスケジュールを聞いておこう

販売スタッフの方の説明によれば、「みん青」のメリットは、まず、豊富なテンプレートにあるという。テンプレートとは、その業種にマッチした仕訳や入力フォームがすでに出来上がっているというもので、言い換えれば、買ったその日から簡単な設定と入力を実行するだけで、面倒な記帳が済んでしまうのだ。

「みん青」の場合、全11種類のテンプレートをみると飲食業や小売業といった一般的な業種から、IT・情報サービス業やデザイン業など、かなり多様な業種に対応しているようだ。これなら、自分に合うテンプレートを利用して入力作業が簡単に行える。

さらに、販売元のソリマチは会計事務所が母体のため、実務ソフトとして非常に使いやすい仕様になっているのだという。「これなら経理に疎い自分にもチャレンジできるのではないか?」と、気分は青色申告チャレンジへまっしぐらとなってきた。

ソリマチが5年連続取得している、スタンダード&プアーズ社の日本SME企業格付けの最高ランク「aaa」。これも大切な信頼の証らしい

パッケージには解説本が付いてくる

実際に「みん青」を手に持ってみると予想外に重い。CD-ROMや親切に説明しているマニュアルなどが入っているというパッケージの背中には、専用の青色申告解説本「かんたん青色申告」という冊子が添付されている(限定プレミアパック)。「これを読みつつ経理をすれば、初めてでも続けられそうだ」という気持ちがさらに膨らんできた。

「みん青」に添付されている「かんたん青色申告」という実務解説本。実務に詳しい税理士先生が青色申告の基礎から申告まで、役立つ情報をわかりやすく解説している

価格やキャッシュバックなどのコストメリットはもちろん、デモ担当者のお勧めポイントや添付の冊子と、いやがおうにも「みんなの青色申告13」への期待は高まり、ついに購入を決定! あとはPCが待つ自宅兼事務所に真っ直ぐ帰ってインストールすれば、すぐに始められるのだ。

-次号へ続く


「みんなの青色申告13」:9,800円(税込み)


初めて青色申告に挑戦する方でもあんしん、すぐ使える会計ソフト。ソリマチの新シリーズの中でも個人事業者向けに作られた会計ソフトで、解説本付きのプレミアパックを9,800円にて好評発売中。2011年12月末まで早得キャンペーンを実施しているので、買うなら今すぐ購入するのがおススメ。また、同社のWebより無料体験版をダウンロードすることもできます。

販売元:ソリマチ

取材協力店 「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」


住所   : 〒101-0028
      東京都千代田区神田花岡町1-1
最寄駅  : JR山手線他秋葉原駅より徒歩1分
営業時間 : 9:30 - 22:00
電話番号 : 03-5209-1010

  • <<
  • <

1/3

インデックス

連載目次
第3回 「らくらく仕訳入力でらくらく青色申告」編
第2回 「インストール・初期設定」編
第1回 「ソフト選び」編


IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ハッシュタグを活用したキャンペーンを実施する4つのメリット【成功するSNSマーケティングのハッシュタグ活用術】
[07:30 5/26] 企業IT
日本開催のラグビーW杯、経済波及効果は2,330億円?
[07:30 5/26] マネー
【特別企画】快適・低価格・安全を実現した"次世代ホスティング"の秘密に迫る!
[07:30 5/26] 企業IT
【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第967回 壮大な負荷
[07:00 5/26] 趣味
山口もえ、夫・田中裕二にノロケ「どんどん好きになっているんです」
[07:00 5/26] エンタメ

特別企画 PR

求人情報