【連載】

LCCトリビア

6 パイロット不足が表面化したLCCの給料って、そんなに安いの?

  • >
  • >>

6/6

一般乗客から見ればコクピットは「聖域」にも見える

ピーチ・アビエーションが夏場の2,000便以上を、バニラエアが6月までに150便以上をそれぞれ欠航すると発表した。さらに6月から就航予定だった春秋航空日本も、8月からに延期するという。これらの理由はすべてパイロット(機長)不足だ。

不足の理由に他社からの引き抜きも

LCCのパイロットが足りなくなる理由のひとつが好条件での引き抜き。つまり、「今より高い年収を約束するからおいでよ」と他社から誘われ、より高い給料を求めて転職していくわけだ。では、LCCのパイロットの年収はそんなに安いのだろうか?

例えば、ピーチは年収700万円だと言われている。この金額を低いと思うか、十分だと考えるかは人それぞれだろう。日本のLCCでは相場としては平均か、やや低いくらいといったところだろう。

大手だと年収が2倍以上になることも

かつてスカイマークやフジ・ドリーム・エアラインズなどの新興エアラインが続々と誕生した頃、「こんな収入ではやってられない」と言いながら辞めるパイロットが出て問題になったことがある。彼らが辞めた理由は、JALやANAといった大手の年収がその2倍以上だから。ほとんどの日本人パイロットは大手の出身者だから、あまりの金額の違いに戸惑うのだろう。

例えばアメリカの場合、日本より一足早くパイロット不足に陥っているにも関わらず、転職すると200万円~300万円という日本より圧倒的に低い年収からスタートするケースも多い。その後の上がり方は日本以上になることもあるが、それでも日本のパイロットはかなり厚遇だといえるのだ。

「ハドソン川の奇跡」のパイロットの年収は?

よく、「人の命を預かる職業だから、たくさんの給料をあげるべき」との声を耳にする。だが、その理屈でいえば、「高い給料をもらわないと真剣に働かないのがパイロット」だということになりかねない。かつて「ハドソン川の奇跡」とうたわれ、バード・ストライクによってエンジンが停止した機体を水面に見事に不時着させ、乗客全員を救ったUSエアウェイズのパイロット。彼の年収は500万円~600万円程度だったと記憶している。

働く日数によって収入額が変わることもあるが、パイロットとは収入に関係なく責務をまっとうするプロフェッショナルであるはずだ。

  • >
  • >>

6/6

インデックス

連載目次
第6回 パイロット不足が表面化したLCCの給料って、そんなに安いの?
第5回 LCCの方が大手より意外に便利に感じられる、LCCのメリットとは?
第4回 LCCの夏は特に注意を! 疲れを癒やしたいアレがなぜかぬるいワケ
第3回 飛行機に乗る時、電子機器はいつOFFにすればいい? そもそもOFFは必要?
第2回 飲食物の機内持ち込みは各LCCで異なる! 一番自由度が高いのは……
第1回 ときには1円の航空券! なぜLCCは破格セールができるの? その攻略法は?

もっと見る

関連キーワード

関連記事

機長のカバンの中は? 自動操縦は"自動"じゃない?? - ANAのパイロットに直撃
[2014/6/9]
空の上ばかりではない! JALパイロットの知られざる地上勤務の実態とは?
[2013/8/1]
LCCトリビア 第5回 LCCの方が大手より意外に便利に感じられる、LCCのメリットとは?
[2014/5/13]
LCC・春秋航空日本が就航延期、高松線1往復運休を発表 - 準備不足と判断
[2014/6/9]
LCCのバニラエア、機長などの運航乗務員を確保できず154便が欠航に
[2014/5/16]
ピーチが計画減便、機長の病欠で稼動が困難に - 6カ月間で2,088便が減便に
[2014/4/25]
LCCトリビア 第4回 LCCの夏は特に注意を! 疲れを癒やしたいアレがなぜかぬるいワケ
[2014/4/22]
LCCトリビア 第3回 飛行機に乗る時、電子機器はいつOFFにすればいい? そもそもOFFは必要?
[2014/3/19]
LCCトリビア 第2回 飲食物の機内持ち込みは各LCCで異なる! 一番自由度が高いのは……
[2014/3/12]
LCCトリビア 第1回 ときには1円の航空券! なぜLCCは破格セールができるの? その攻略法は?
[2014/3/3]
日本版LCCの進化をバニラエアで体感! 安いだけでなくきめ細かいサービスを
[2014/2/18]
JAL「クラスJ」級のプレミアムにセクシーな制服。スカイマークの衝撃戦略
[2013/12/20]
格安弾丸旅行で香港日帰りも可能!? LCC・香港エクスプレスってどんなの?
[2013/11/13]
LCC、完全覆面調査 第5回 激安運賃でヒット食も! これからに期待できるLCC - ピーチ
[2013/5/9]
LCC元年のその後。新規参入や中距離LCC就航で、激安空旅は更に進行中!
[2013/5/11]
2020年東京オリンピックに向けて変わる空事情。大手・LCC・空港はどう動く?
[2013/9/18]
航空トリビア 第11回 LCCなのに"プレミアム"ってどういうこと??
[2012/3/2]
シンガポール航空のLCC「スクート」を覆面調査!
[2012/11/30]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事