【連載】

PDF徹底活用術

52 PDFに透かしを入れる

 

52/60

PDF文書の内容によっては、書類の見本や、社外秘であることを明確にしたいことがあります。Acrobatの「透かし」を使うと、テキストや画像を文書に透かしとして挿入できます。不透明度や位置も自由に設定できます。今回は「透かし」について紹介します。

ヘッダー、フッターの異なるPDF

PDF文書の内容によっては、社外秘であることや、見本であることを明示したいことがあります。元文書にそれらの記述が入っていれば問題ありませんが、入っていない場合でもAcrobatでPDFに「透かし」として挿入することができます。

たとえば下のようなサンプルPDFです。このPDFは、覚え書きのサンプルとしてPDFの中央に「SAMPLE」の文字が透かしとして挿入されています。このPDFを作成する手順を見ていきましょう。

サンプルPDF。PDFの中央に「SAMPLE」の文字が挿入されている

透かしを挿入するPDFを開きます。「ツール」パネルを開き(1)、「ページ」を展開します(2)。[透かし]をクリックし、メニューから[透かしを追加]を選択します(3)。

「ツール」パネルを開き(1)、「ページ」を展開(2)。[透かし]をクリックし、メニューから[透かしを追加]を選択(3)

「透かしを追加」ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで透かしとして挿入するテキストやフォントなどの書式、挿入位置などを設定します。

はじめに挿入するテキストを入力します。ダイアログボックス左上のテキストボックスに入力してください。右側のプレビュー

入力したテキストは、ダイアログボックス右側のプレビュー欄に表示されます(2)。挿入位置を確認してください。

設定したら[OK]ボタンをクリックします(3)。

挿入するテキストを入力し(1)、プレビューで確認(2)。[OK]ボタンをクリック(3)

透かしが挿入されていることを確認してください。

挿入された透かし

挿入した透かしを編集する

挿入した透かしは、編集できます。サンプルに挿入したテキストの色や位置を変更してみましょう。「ツール」パネルの「ページ」の[透かし]をクリックし、メニューから[更新]を選択します。

「ツール]パネルの[透かし]をクリックし、メニューから[更新]を選択

「透かしを追加」ダイアログボックスが表示されます。現在の透かしの設定が残っているのを確認してください。 はじめに文字色を変更します。フォントの下に表示されている文字色アイコンをクリックして、パレットから色を選択します(1)。ここでは赤に設定しました。

また、表示方法として「45°」を選択して、テキストを斜めに回転させます(2)。

プレビューで確認しながら設定してください。

文字色を赤に変更し(1)、45°回転させた(2)

続いて、文字の不透明度を設定します(1)。ここでは40%に設定しました。不透明度は、文字色とPDFの内容のバランスを、プレビューを見ながら設定してください。

文字のサイズが若干小さいので、大きくします。「ページに合わせた相対倍率」の設定値を、デフォルトの50%から70%に変更しました(2)。「ページに合わせた相対倍率」は、ページサイズに合わせて文字サイズが決まります。本来、透かしとして挿入した図形のサイズを決めるための設定項目ですが、テキストにも適用できます。文字サイズを数値で指定するには、「サイズ」欄(A)で指定してください。

「場所」で、透かしをページの前面に出すか、背面に送るかを設定します。ここでは「ページの背面に表示」を選択しました(3)。
PDFによっては「ページの背面に表示」を選択すると透かしがページの内容に隠れて見えなくなることがあります。その場合は、「ページの前面に表示」を選択し、「不透明度」で見え方を調整してください。

設定したら[OK]ボタンをクリックします(4)。

文字の不透明度(1)、文字のサイズ(2)、前面表示/背面表示の選択(3)を設定し、設定したら[OK]ボタンをクリック(4)。

透かしが編集されていることを確認してください。

編集された透かし

画像を透かしとして挿入する

透かしには、テキストだけでなく、画像ファイルを挿入できます。透かしに利用できる画像ファイルの一般的な形式は、PDF、JPEG、BMPです。

図形を透かしとして挿入してみましょう。新しい透かしとして挿入してもよいのですが、ここではテキストを挿入した透かしを画像に入れ替えます。「ツール」パネルの「ページ」の[透かし]をクリックし、メニューから[更新]を選択して「透かしを追加」ダイアログボックスが表示されますます。

「ファイル」をチェックして(1)、[参照]ボタンをクリックします(2)。

「透かしを追加」ダイアログボックスが表示し、「ファイル」をチェックして(1)、[参照]ボタンをクリック(2)

「開く」ダイアログボックスが表示されるので、透かしに挿入する画像ファイルを選択して[開く]をクリックします。

透かしに挿入する画像ファイルを選択して[開く]をクリック

選択した画像ファイルが透かしと挿入されました。回転や不透明度などは、前のテキストの設定が残っているのでそのまま適用されます。

画像が透かしとして挿入された

画像のサイズを小さくして、右上に表示するように設定しましょう。

回転を解除するために「なし」を選択します(1)。「ページに合わせた相対倍率」の設定値を、プレビューを見ながら変更します(2)。

透かしの配置場所を右上に変更します。「上下からの距離」の「基点」を「上」に設定し、距離を「15」に設定します。続いて、「左右からの距離」の「基点」を「右」に設定し、距離を「15」に設定します(3)。これで、図形が上から15mm、右から15mmの位置の位置に配置されます。

文字と重ならないページの右上に移動したので、不透明度は「100%」に戻します(4)。

設定したら[OK]ボタンをクリックします(5)。

回転に「なし」を選択し(1)、「ページに合わせた相対倍率」を変更(2)。配置場所を右上に変更し(3)、不透明度は100%に設定(4)。設定したら[OK]ボタンをクリック(5)

選択した図形が透かしとして挿入されたことを確認してください。

図形が透かしとして挿入された

その他の設定

透かしは複数挿入できます。すでに透かしを挿入したPDFに、「ツール」パネルの「ページ」の[透かし]をクリックし、メニューから[透かしを追加]を選択すると、ダイアログボックスが表示されます。既存の透かしを置換するには「既存のものと置換」をクリックしてください。新しい透かしを追加するには「新規追加」をクリックしてください。

透かしのあるPDFに透かしを追加すると表示されるダイアログボックス。既存の透かしを置換するか、新規で追加するかを選択できる

「透かしを追加」ダイアログボックスでは、透かしを入れるページを指定する「ページ範囲オプション」(1)、透かしの表示に関する「表示方法オプション」(2)を設定できる。

透かしを入れるページを指定する「ページ範囲オプション」(1)、透かしの表示に関する「表示方法オプション」(2)を設定できる

「ページ範囲オプション」をクリックすると、「ページ範囲オプション」ダイアログボックスが表示され、透かしを挿入するページ範囲を指定できます。サブセットで、偶数ページのみ、奇数ページのみの設定も可能です。

「ページ範囲オプション」ダイアログボックスで、透かしを挿入するページを設定できる

「表示方法オプション」をクリックすると、「表示方法オプション」ダイアログボックスが表示され、画面と印刷時に透かしを表示するかを設定できます。「異なるページサイズで印刷する場合、透かし位置とサイズを一定にする」をチェックすると、PDF内に異なるページサイズが混在している場合、透かしの印刷される位置は用紙のサイズと方向に対して一定になります(PDF上での透かしの位置と印刷される位置が異なるページができます)。

Microsoft Office文書に書き出した場合

Acrobatで挿入した透かしは、Microsoft Office文書で書き出すと、そのままの位置に画像またはオブジェクトとして書き出されます。

52/60

インデックス

連載目次
第60回 テキスト編集とフォントの埋め込みの関係
第59回 PDFにフォントを埋め込まないとどうなるか?
第58回 検索機能を使いこなそう
第57回 Illustratorで作成したPDFのサイズを小さくする
第56回 PDFの画像を編集する
第55回 PDFのテキストを編集する
第54回 PDF作成時にセキュリティで保護するように設定する(2)
第53回 PDF作成時にセキュリティで保護するように設定する(1)
第52回 PDFに透かしを入れる
第51回 「PDF Pack」をAdobe Readerから使う
第50回 オンラインサービス「PDF Pack」を使う
第49回 PDFの内容を再利用する
第48回 ヘッダーやフッターに画像を入れる
第47回 ヘッダーとフッターを挿入する
第46回 ページ数の多いPDFを細かく分割する
第45回 Acrobatでのページ操作を使いこなそう(2)
第44回 Acrobatでのページ操作を使いこなそう(1)
第43回 FormsCentralで作ったPDFフォームを公開する
第42回 FormsCentralでPDFフォームを作成する
第41回 共有フォルダーを使ったPDFフォームの配布 -PDFフォームの配布(4)-
第40回 Acrobatからのメール送信によるPDFフォームの配布 -PDFフォームの配布(3)-
第39回 FormsCentralでの回収データの操作 -PDFフォームの配布(2)-
第38回 FormsCentralを使ったPDFフォームの配布と回収 -PDFフォームの配布(1)-
第37回 リセットボタンを付けよう -PDFフォーム(3)-
第36回 フォームフィールドを編集しよう -PDFフォーム(2)-
第35回 入力欄のあるPDFを作ろう -PDFフォーム(1)-
第34回 大切なメールをPDFにバックアップする
第33回 PDFにナビゲーション用のボタンを付けよう(2)
第32回 PDFにナビゲーション用のボタンを付けよう(1)
第31回 Webの情報をPDFで保存しよう
第30回 Acrobatのメニューバーとツールバーが表示されなくなったら?
第29回 スキャンしたデータのPDFを検索できるようにする
第28回 ひとつのPDFを並べて表示する
第27回 ツールバーをカスタマイズして使いやすくしよう
第26回 保護されたビューで安全にPDFを見よう
第25回 移動先を使ったリンクを作成しよう
第24回 特定ページへのリンクを作成しよう
第23回 他のPDFやWebページへのリンクを作成しよう
第22回 注釈の見た目を変更しよう
第21回 注釈の色を変更しよう
第20回 オリジナルのスタンプを作成しよう
第19回 AcrobatでPDF文書を比較する
第18回 プレゼンテーションにPDFを使う
第17回 PDFポートフォリオでPDFをフォルダーとして使おう
第16回 アクションを使ってセキュリティ設定を自動化しよう
第15回 配布用PDFのプロパティをチェックしよう
第14回 セキュリティ設定でPDFの内容を保護する
第13回 手作業で注釈データをやりとりする -PDFのレビュー(6)
第12回 注釈のリストを使い修正漏れを防止する -PDFのレビュー(5)
第11回 トラッカーでレビューを管理する -PDFのレビュー(4)
第10回 複数の校正担当者と注釈をシェアする共有レビュー -PDFのレビュー(3)
第9回 メールにPDFを添付して校正を依頼する -PDFのレビュー(2)
第8回 文書校正にはPDFが最適。簡単なルールで運用がポイント -PDFのレビュー(1)
第7回 ページ数の多いPDFには「しおり」をつけよう(2) 手動設定編
第6回 ページ数の多いPDFには「しおり」をつけよう(1) Microsoft Office編
第5回 PDF設定をカスタマイズしてオリジナルのPDF設定を作成する
第4回 PDFファイルの最適化設定をマスターする(2) - フォント設定編
第3回 PDFファイルの最適化設定をマスターする(1) - 画像設定編
第2回 他のユーザーが作ったPDFファイルのサイズを縮小する
第1回 ドキュメントの共有はPDFで!! - マルチデバイス対応&軽量なファイル形式

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

松戸市、渋谷駅前の街頭ビジョンCMを放映
[16:02 9/26] 企業IT
[日本テレビ]ドラクエショーは「この夏限り」
[15:51 9/26] エンタメ
宇多田ヒカルのラジオ特番が全国101局で放送! 新アルバムに込めた思い語る
[15:49 9/26] エンタメ
IIJ、企業向けWebメールに標的型攻撃や情報漏えいを防ぐ新機能を追加
[15:48 9/26] 企業IT
上海問屋、人差し指でダブルクリックできる左利き向けマウス
[15:44 9/26] パソコン